気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

4月25日 マルイカ釣行(三崎 佐円丸)

4月26日 マルイカ釣行だった。
船宿はいつもの海楽園ではなく今回は三崎の佐円丸さんにちょっと浮気
前日夜、予約状況をホームページでみるとそれほど埋まってなかったので当日飛び込みで船宿に行った。
20150425

向こうに着き、席札をとったら左舷ミヨシ。個人的に好きな席。
Mr.BOo船長さんに挨拶し状況を聞くと、一時期ほどの爆発はないみたいだがポツポツ釣れているとの事
前日のトップが50杯(常連さん)だったのでその半分ぐらいをつれればOK!とした。

20150425 (1)
ここの宿は3回目の来訪になるが、初めてあのカッチョイイ船に乗れる。今回はそれだけでOK(^^♪

当日の状況としては左舷2人右舷4人の合計6人で定刻の6時半に出船
タックルは前回と同じで
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号 60号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。
 
20150425 (2)
スターティングメンバーはこんな感じ
当日の釣り場は城ヶ島沖50メートルから80メートルラインだった
現地には判るだけで、剣崎船(成銀丸・喜平治丸) 小網代船(大和丸・翔太丸) 佐島船(海楽園・つね丸・志平丸) 長井船(辰丸)が来ていた。

ゆっくり旋回して一投目
左舷艫の方(極鋭マルイカレッドチューンを使用していた方 以下RT氏)が上げる。氏の乗ったツノを見るとグリーン系。こちらも乗せていくが、ツノの色?形状?どうも判らん
とはいえポツポツではあるが乗せていく。
20150425 (3)
ツ抜けは9時ごろ。 ただ二枚潮+深場のせいかどうかわからないが、アタリの出方が悪く、自分の思っているところに掛からない。脚一本で上がることもしばしば。Mr.BOo船長さんの所に聞きに行くと「そうだね上の潮が西向きで底の潮が南向きで違うし、深いから柔らかめの竿だとキツイかなあ」とのこと
う~ん予備の竿に変えるか・・・と一瞬悩んだがAGS-Fに慣れる為の練習と思い竿チェンジは行わなかった。(後で後悔するけど 汗)

20150425 (4)
Mr.BOo船長さんは船団を嫌い少し離れたところを流していく。時間が経つにつれイカの活性が上がってきたのか、再投入で捕れるようになる。隣のRT氏もバシバシ釣っている。しかしアタリ方が竿先を抑え込むアタリではなく持ち上げるアタリが多いので掛けにくい・・・。隣をチラ見するとRT氏の竿先も持ち上がるアタリが出て掛けていた。8:2の竿の方がいいんだろうなとは思ったが、実の所この時、もうめんどくさかったので気合で釣ると決めていた。おかげでバラし、イカパンチの洗礼を受けまくりました((+_+))

20150425 (5)

とはいえ日が昇るにつれいい感じでつれていき、この日の最高は6連荘だった。ツノの傾向はハダカ系が良かった。気分転換に布巻に変えるとズドン!多点掛け?と思いながら上げると当日船中最大サイズが布巻スッテを抱いて上がってきた。

20150425 (9)
画像は船宿HPより拝借
Mr.BOo船長さんは巻き上げの際も独り言?をつぶやくのだが、これをただのつぶやきと見るかヒントと見るかで船長さんに対する印象が変わる。私はヒントだと思い、スッテをどんどん交換していく。船長さんの感じ方と自分の感じ方の共通と違いを考え、スッテを交換し、交換したスッテに乗るとメチャ気持ちいいんだよね。なんかしてやったり感が出てさ!(^^)!

20150425 (6)
昼前には剣崎船・佐島船の姿がいなくなっていた。後で聞くと長井の方で反応が出たみたいだった。
当船はピンポイントで流していく。中層反応(底から10mぐらい)のアナウンスが出るのだけれど、棚ビタ止めや、落とし込みではアタリが出ず。そのまま着底して待つとアタリが出てくる感じだった。
そういえばこの日は終日を通して着乗りがほとんど無かったが、それのせいか? 

前回釣行ほどの激しさは無いものの、いい感じで釣りができ時間となった。
20150425 (7)

20150425 (8)

結果は マルイカ40杯 ムギイカ7杯の47杯 隣のRT氏はマル36ムギ5の41杯だった。船中釣果は3~47杯 裾の方はマルイカ初挑戦+軟調竿で大苦戦。船長さんも「あの竿は浅場だといいけど今日の状況だと全然アタリがわからん」って言っていたしね。

周辺で流していた他船の釣果を見ても当船の釣果は結構いいね!
船長さんの操船に感謝!m(__)m 



当日の船宿ブログより
 Mr.BOoコメント:
  @【マルイカ船】 城ヶ島55-80m 15-37cm 【3-47杯】

    @コメント:今日は朝は流れも緩めでした。群はすぐに見つかりました。少しづつ底潮が流れ始めた様子から、竿の感度が重くなってきたように思えました。ブランコ仕掛では浮きスッテを使用してハリスを短くショートブランコで釣ってみてくださいね。
 日中には反応も付いてきたようで、最高6連荘。竿頭  さんでしてた。
 良型はヤマシタのK3にヒットしました。今日のヒットカラーは、クリアブルーとピンクのナチュラル系。それにブルのオリーブなどの発色系。

久々の採点は
準備:5 (忘れ物無し)
状況判断:4 (活性の悪い時間帯のスッテセレクトはマイナスかな)
釣果:5 (当日このエリアで釣っていた中では結構いい釣果だしね)
釣全般:3 (この状況でも確実に本アタリで掛けられないとね)
料理:4 (マルイカはサイズがでかくても旨い)
総合:21/25 (次回もこんな感じで釣りたいなあ・・・)

久々の更新 4月19日マルイカ釣行

久々の更新になる 
まぁこの間も釣りには行っていました。
 
結果から言うとかもなく不可もなく何も普通です
で今回の記事のマルイカも何回か行ってきましたけど、へっぽこは相変わらず今年も全然釣れません(爆)

久々の更新は19日 佐島海楽園からのマルイカ釣り。
前日釣果が酷かったらしいがまあ気にしない・・・

実は前の週寝坊していたのは秘密だ!
今回も寝坊したので、船宿につくと一番最後。
まぁこれはいつものことだけれども(笑)
いつもの常連メンバーとあまり見たことないお客さんも含めて全部で11名(左舷6名 右舷5名)で出船
席は右舷胴の間。ミヨシから○羽さん K名人 私 おぢいの順だった。
20150419 (3)
これは最終版の配列
道具立ては
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号 60号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。
 
開始するも佐島沖の模様が悪いんだよねぇ
開始1時間半ほどを探ったけれどもムギイカ1敗のみ
船長さんのところに顔出して(昨日は城ヶ島に行った船少し捕ったみたいだよ・・・)と一言
その後○羽さんが(数が出なくてもいいから城ヶ島行こうよー)。最後にK名人が(城ヶ島いこう)と言ったおかげかどうかはわからないが、9時半ごろに城ヶ島に移動した。
城ヶ島では、先行した船が釣っていた。大和丸さんや翔太丸さんは船を流しっぱなしで捕っていた。
当船も遅れて仕掛けを入れるとアタリまくり。ツノや棚は関係なしで乗ってくる。 隣のK名人は2点掛けが多い(最終的には10回も2点掛けしていた)

20150419 (2)
流し始めの1投目は艫からイカが入るみたいでミヨシの○羽さんが「俺の所イカ回ってこないぞ!」とつぶやく

いい感じで連荘出来た。船宿ブログでは8連荘て書かれているけど、聞かれたときに8連荘目だった。その流しでは10連荘、これがこの日のハイライト。
とはいえイカの活性が高くその後も2~6連荘で数が伸びた。
11時ごろからイカがツノを選ぶ?のか特定のツノが他のツノに比べて乗りが良かった。
最後までいい感じでつれ続け最終的には
20150419 (1)
20150419 (4)
船宿HPより拝借
マルイカ68杯 ムギイカ4敗の72杯
船中15~72 杯

採点はなし、だって隣のK名人にスッテのセレクト方法とかアドバイスもらっての結果だからね。

とはいえAGS-Fに変えてから今回が一番イメージ通りに釣れた事が良かった。メデタシ・・・??? 

11月16日 コマセのウデ復活!?(佐島海楽園LT五目)

さて日曜日はカワハギ釣行のつもりだったんだけれども、前日に電話すると
「結構入っているよ!どうする?」ってY船長。
「コマセは?」「まだ右艫だけ」
「今日はどう?」「イナダは0~1かな」
「アジは?」「アジはまあまあ釣れているよ」
う~ん今年は個人的に幻の魚だからな~カワハギは・・・前回釣行のアジフライも食っちまったことだし。
で、

「じゃあコマセで。席は左のミヨシでお願いします」「 OK」でまたもやコマセ釣行。
なんで左の艫にしなかったのかって?
個人的にミヨシ側の方が好きなのだ!
コマセ釣りだと不利な場合があるけど、そこは気合と根性で何とかするのだw 

20141116 (1)

朝船宿に着くと、当然いるだろうとメンツがそろっている。残念なことにコマセ船の方は知らない方ばかり。左の艫に座った方が以前メバル釣行で乗り合わせた方だった。

チト寒くなってきたせいでコマセ船は右5人・左3人の8人で出船。右ミヨシの方は最近HPと船宿ブログで写真を見かける方。船中4・5人が泳がせ道具を準備していた。

さてタックルは前回と同じで
コマセ用タックル   竿   Aトリガー ライトゲーム 180S
             リール ミリオネアCV-Z 250F
             道糸  PE2号
             錘   40号 ライト用コマセかご
             仕掛け 1.2㎜クッション+2~4号2~4ヒロ
                  チヌ2号~マダイ11号各種鈎

泳がせ用タックル   竿   海攻ワラサリミッテッド 300
              リール レオブリッツ500MT
              道糸  PE5号
              仕掛け 幹糸18号・ハリス14号・ヒラマサ鈎17号
               孫鈎なしの1本鈎

なんちゃってジギング  竿   INFEET BJ 661XHS
              リール シーゲートライト 3500H
              道糸  PE2号 リーダーはフロロ8号3ヒロ
              道糸とリーダーの結節はFGノット。ルアーは80gを使用
             
前々回・前回の釣行からアシストフックの鈎サイズをアップ。ヒラマサ15号から17号(泳がせ用の予備に買っていたもの。白鈎)で作り直してみた。

20141116 (2)

アジ狙いから開始とのことだったので、残っていた市販仕掛け(G社のカラー鈎。2号ハリス)で開始。1流し目でアジのアタリが有ったんだけれども、残り10mでバラしてしまう。次の流しでひったくるようなアタリ。道糸出まくりで 上がってきたのはキロ級のイナダ。その後もポツポツアジが上がるんだけれど、投入前に船長さんの所で見た魚探反応に対して食いが悪いな。船内殆どアタリがない。この時点ではアタリが有るのは私だけのようで、船長から「いくつでやってる?」って聞かれたので使っている仕掛けも含めて答えたが、ひょっとすると置き竿だったのが良かったのかもしれんな。

20141116 (3)

アジが全然だめなので、 ひょっとしてイナダ~ワラサが口を使っているのか?
コマセの竿の方を置き竿にしつつなんちゃってジギングを始める。海底から20mぐらい上まで反応が出ていたのを見ていたので底から30mぐらいまで、DVDで見たワンピッチジャークってヤツをやってみた。(できているかは不明だがw)

20141116 (4)

巻きながら竿をしゃくり降ろす時にルアーが横滑りするようなイメージでやって見ると・・・ドスン。
ドラグからズルズル糸が出ていく。柔らかめの竿が満月。こりゃ楽しい!で上がってきたのは3キロクラスのワラサ。船長のタモ入れでゲット。
コマセの仕掛けを入れ泳がせ用のアジを狙うもダメダメなのでなんちゃってジギングを再開すると、またもや底から30mぐらい誘い上げたところでドスン。近くにいた隣の港の仕立て船のお客さんの応援に支えられ、先ほどと同級のワラサをゲットした。
アジも釣れたんで泳がせ仕掛けを入れるけどあんま良くなかったな。1本捕ったけど・・・
赤い魚も狙えるポイントも攻めたけど、速潮で仕掛けが安定しない。ここでもイナダが当たる。真鯛仕掛けにしていたが、ガン玉を打った方がよかったかな?
イサキのポイントでは狙い通りの誘いが決まって良型のイサキを揚げられた。ここでもイナダ・ワラサは揚がっていたな。

朝のポイントに帰ってくるも最後もイナダだった。
20141116 (5)

20141116 (6)

20141116 (7)
最終釣果はイナダ6本 ワラサ3本 アジ10匹 イサキ1匹 マトウダイ(コマセ仕掛けで釣ってしまった)1本

船中釣果は 
 イナダ0~6本、船中15本
 ワラサ0~3本、船中8本
 アジ0~10匹で10匹は二人
だった。
イナダは釣れなかったお客さんの所へ嫁ぎ、ワラサは船宿のおかみさんの所に嫁いでいった。

20141116 (8)
今回はコマセの方は誘いよりコマセワークと棚を意識して釣っていたので殆どの釣果は置き竿で釣り上げた。
コマセの竿はペナペナ(錘負荷10~40号)胴調子なのでイナダがかかると竿満月なんで釣っていて楽しいけど、数を捕りに行く竿じゃないな。前回もそうだったのだけれど、竿満月になると道糸が竿のブランクに当たってしまう。まあリールに対しガイドをずらしておけば大丈夫なんだけどね。
隣の人が使っていたS社のライトゲームや艫の方の使っていたD社のリーディング73の錘負荷20~60号クラスの7:3調子の方が、ワラサ級が掛かっても竿のタメである程度魚の動きをコントロールできるので、この釣りには向いているんだろうな。
まっ今の竿でも晩のおかずは充分に釣れるんでまだ後継の竿はいいかな。

今回の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:3 (速潮対策はダメだね)
釣果:4 (状況的に充分でしょう)
釣全般:4 (ルアーで2本捕れたのは良かった。コマセでの追い食い狙いは×)
料理:5 (イサキの刺身が旨かった)
総合:21/25 (完全復活とはいかないが、コマセのカンは戻ってきたかな)

そろそろカワハギモードで行きたいけど。もう一本ルアーでワラサ捕りたいのも本音だな。
 

11月2日 ライト五目釣行

タイトル通りの釣行記事だ!

2日も佐島海楽園からのライト五目で出撃。宿に着くと久々のM.hayaさん(今回は娘さんとの釣行)、K名人、淵野辺在住さんが既に来ていた。K名人はカワハギ船でアオリ+カワハギ狙い。淵野辺在住さんはカワハギ狙いだった。
全船大賑わいで、カワハギ船は予約で札止め。五目船もアオリ船もほぼ満席だった。
20141102 (1)

今回の席は右ミヨシ。 M.hayaさんたちグループは右艫から4席だった。
直前情報からイナダの模様が悪かったのだがコマセ・泳がせ・なんちゃってジギングの準備をして出港。
コマセの仕掛けは船長指示がイサキ仕掛けだったので、ワラサが来ても何とか取れる2.5号ハリスの仕掛けで開始。
イサキポイントで始めるが イサキ・・・釣れません。っていうかいるのイサキ?
ポツポツだけどもアジが上がるので早々に泳がせ道具を入れたが・・・し~ん
コマセをいったん中断し、なんちゃってジギングを始めると・・・一回だけアタリがあったが鈎掛かりしなかった。
エサ用のアジ釣りに専念するといいアタリ。緩めのドラグを少し滑らせて上がってきたのは幻(?)のイナダだった。
20141102 (2)
船中アジはポツポツ出ているがイサキ・イナダは顔を見ていない人が多い。 M.hayaさんもイナダの顔を見ていたが、娘さんは凄かった。いいサイズのキジハタを釣り上げていた。ウマそーだ
深場の方を流すもアジがポツポツ。遊びでジギングしたりしていたので数はそれなりだったがアジはそれなりに釣れた。一度泳がせの方にアタリがあったがすっぽ抜け。アタリ的にヒラメっぽかったので残念。結局1日を通してあたりはその一回だった。
アジの棚もあまり上の方に上がってこなかった。う~ん厳しい日だなこりゃ。
20141102 (4)

城ケ島寄りの深場で真鯛・アマダイ狙いに切り替わるのを機に真鯛仕掛けにチェンジ。船長指示棚が海底から ハリス+3mぐらいまでだったので上の棚から探っていくと竿がストン。
 小気味よい引きで上がってきたのは食べごろサイズの真鯛。
その後アジは釣れるけど他の魚のあたりはなく終了。

釣果は
20141102 (3)
真鯛1・イナダ1・アジ24匹 イサキ・・・ありゃ幻の魚だw
泳がせのエサや、M.hayaさんのお連れさん・淵野辺在住さんの所にアジをお嫁に出したので、家には 真鯛1・イナダ1・アジ4匹のみ持ち帰り。か~ちゃんからは「ワラサ・イナダは1つで充分。鯛とアジ釣ってこい!」って言われてたんでミッションコンプリート!
晩のおかずには充分、捌くのが楽だ(爆)

淵野辺在住さんにカワハギの方を聞くとかなり厳しい状況みたいだな。帰港時、長井船も浅場でなく深場を流しているのを見たのであまり良くないみたいだな。

今回の時化で 状況が変わればいいんだが・・・
ここ最近の釣りで錆びついたコマセのウデも少しは錆び落としできたかな。今回は狙い通りに真鯛も釣れたしね。

ってことで採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:4 (仕掛けの選択タイミングはバッチリ)
釣果:4 (端物欲しかった・・・アジはあれだけ遊んでいたにしては充分)
釣全般:4 (アジは結構自分のイメージ通りに掛けられたかな)
料理:5 (アジフライが旨い)
総合:22/25 (コマセのウデもまだまだ捨てたもんじゃないかな)

さ~て次回はどうすっかな 

久々の更新

しばらく更新を放っておいた間の釣行記録

9/28 カワハギ釣行
今季初の釣行だったのだが開始2時間で体調悪化の為船室に逃げ込み終了。
パターンが変わったのに気付いたけど、竿を持っていられ無くておしまい。
頭のO浜さんの半分近く釣れたのでまあヨシとしよう。
雨模様だったので写真はなし
 

10/5 海楽園カワハギ大会
大雨(台風接近中)の中での釣りだった。
とにかくアタリマセン。Tの奥さん(初挑戦)にも釣り負けちまった。(滝汗)
くじ引きは、今年は右手で引いたので?、本命ではないけど欲しかったもの(T○FALの電気ケトル)をゲット。
釣果は××だったけど皆さんと会えたのでOK!

これまた雨模様につき写真なし

10/12 ライト五目釣行
カワハギへのモチベーションが上がらない&孫の面倒を見に爺さん婆さんが来ていたので、こんなオイラでも何とかおみやは釣れる五目船に乗ってきた。
初っ端からイナダの活性が高く助けられ、イナダ10本・イサキ2匹・ショゴ1匹・アジ少々でどうにか爺さんたちにオミヤになった。
写真は撮り忘れ
 

10/19 ライト五目(端物メイン)釣行
前週の釣行に気を良くし、またも五目船。
image4
船頭さんたちからは【コマセやるんだっけ?】ってな事だったんで、【コマセの人です(キリッ)】と答えて乗ってきた。 

とはいえコマセでの釣りは最初の一投でやめてしばらくは、なんちゃってジギンガーに変身。入れパク状態でイナダ数本とハガツオを釣ったところで、コマセでアジ釣りに変更。アジがぼちぼち釣れたので泳がし道具にセットすると、ズドドン!
ワラサばかりだったけど良く当たった。

eee7c2da-s
うんいい竿の曲りだね。(写真は船宿HPより拝借)

IMG_0576
最終釣果はイナダ10本(コマセでは1本のみ)・アジ10匹(全て餌で使用)・ワラサ5本(MAX5㎏)・ハガツオ1本。イナダ釣果はコマセだと裾なのは内緒だ。(爆)
釣れなかった方や船宿に進呈して帰宅
因みに船宿ブログ他の方の釣果写真の裏で端物竿でのやり取り中何枚か映っていた。
 

10/26 ライト五目釣行

image2
またもやコマセ。なんちゃってジギングは、ワラサ級が当たるんだけど、ことごとく海面バラシ。悔しさで目がかすむ・・・。

image3

艫の潮で餌のアジもナカナカっていうか、ちょうどいい餌サイズが最後の流しまで釣れなかった・・・。艫で山○さん餌~人間様サイズアジ連発→端物連発。
コマセでワラサ級を1本仕留めたけど、端物ダメダメ。最後の流しで餌のアジが釣れたので入れ、餌釣りも継続すると、コマセの仕掛けにワラサ級のアタリ。やり取り中に泳がせの竿の方を見ると、ズドドン。まさかのコマセ・泳がせダブルヒット!
コマセの竿を船長に渡し泳がせの方をやり取りした。コマセの竿の方はアジ用に3号仕掛けだったのでバラシたが、泳がせの方でワラサゲット。

image1
最終釣果はイナダ6本・アジ12匹・ワラサ2本・イサキ2匹。イサキは餌で使用し、アジ・イナダは進呈したので持ち帰りはワラサ2本・アジ2匹・カワハギ(Tと交換で)1匹だった。
当日泳がせ3人の内ボウズは回避できたのでヨシとしよう。

因みに五目船に持ち込んだ道具類は
コマセ用タックル   竿   Aトリガー ライトゲーム 180S
             リール ミリオネアCV-Z 250F
             道糸  PE2号
             錘   40号 ライト用コマセかご
             仕掛け 1.2㎜クッション+2~4号2~4ヒロ
                  チヌ2号~マダイ11号各種鈎

泳がせ用タックル   竿   海攻ワラサリミッテッド 300
              リール レオブリッツ500MT
              道糸  PE5号
              仕掛け 幹糸18号・ハリス14号・ヒラマサ鈎16号
               孫鈎なしの1本鈎

なんちゃってジギング  竿   INFEET BJ 661XHS
 本職から見たら    リール シーゲートライト 3500H
 突っ込みどころ    道糸  PE2号 リーダーはフロロ8号3ヒロ
 大満載(爆)     道糸とリーダーの結節はFGノット
             (マルイカの為に覚えたんだよ 笑)
             アシストフックはヒラマサ15号。アシストラインはシーハンター
             (タイラバ作りの為に覚えた 笑笑)
             ジグは60~100gの安いやつ。
IMG_06
確かコレ
 

とコマセ・泳がせ道具は間違いないけど、なんちゃっておっさんジギンガーなんで、ジギングタックルは・・・なんだな。ということで本職の方からの突っ込み大歓迎。
勉強になるんでアドバイスよろしくです(^^)/
同船していた方の使っていたD社のアナリスター。73のMHだったと思うけどシャクリ・誘いが効き易そうで釣れる竿だな。魚を掛けてからの曲りもきれいだし。
オイラはアホなんで55~64調子のペナペナ竿を選ぶけど 爆
値段も手ごろなんでTに薦めといた。某釣具店だとリーディング64が半額らしい?ので悩んでいるみたいだが・・・。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ