気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

2010年09月

いまさっき・・・

今ダイワから電話があってDKOの人数調整をしてA~D予選の人数を平らにするので変更できないかとの連絡があったのでOKしてしまった。(B予選からD予選に)
う~ん上手く調整できるのかなあ・・・まあどの予選会にも名手の方がそろうから同じなんだけどね。

さて、そろそろカワハギモードにしてかないと・・・

あー、良く考えれば最初から同じ人数で募集すればいいのに・・・
多分これは失敗かも。まあいいや

9月5日 佐島発ワラサ第2戦 ハッスルハッスル!

昨日はマヂで疲れた。夕食後八時半には寝ちまったので今日釣行記録をアップすることになった。あ~イッテQのイモトのモンブラン登頂見たかったのに・・・残念

実は昨日の釣行前に1回別の釣物に行ってたんだけど・・・
ナント本命ボウズだったのさ。HAHAHA!

20100822-01←これが証拠写真。な~んもなし。゜(´Д`)゜。
8/22 タチウオリベンジ戦だったのだけど・・・もう全然食わない。っていうか一日やってアタリは3回だけ・・・サバは釣れたんだけど全て同行の釣友Tにあげちまったのでおみやなし。
船長は頑張った。観音崎~金谷~第二海保(?)と反応探して西へ東へ走ってくれたんだけど、タチウオ様のご機嫌が最悪。(泣)
私も頑張った。仕掛けにあれこれ手を入れ誘い・棚探しも必死にやったのだけど、ダメだった。
でも不思議とあんま悔しくないんだよね。(負け犬のナントカかもしれないけど・・・)
前回の方が後悔があったからかな。でも釣行記録は書く気になれなかった。

20100905-01

と月日が流れて9月5日 冷凍庫に少し余裕が出来たので、ワラサ釣りに出撃。直前まで船宿はどこにしようか悩んでいた。



剱崎松輪は混むから最近行ってないけど久しぶりに行ってみようかと思ったけど、もし混んだら芋洗い状態になるし、ある程度釣りやすい釣座を確保しようと思ったら前日入りしないといけないしなあ。という事で松輪船は第一候補から外れた。次に久里浜はと言うと、なんと出船してない!! 
という事で最終的に残った候補は2つ。剱崎間口喜平治丸と佐島海楽園。スポーツ新聞の釣果を見ると喜平治丸の方がよさげかな。あそこは予約乗合だからそんなに混まないだろうし・・・と土曜まで半分剱崎に行くつもりだったのだが。財布を見ると海楽園のスタンプカードがあった。そうだったそうだった。前回の釣行で貯まってたんだった。
これはまさしく天啓だなということで海楽園に行くつもりで久々にHPの釣果を見ると・・・土曜日出て無いじゃん!
明日人集まるかな・・・もし一人だったらスタンプカードで乗るのなんか悪いしなあ。まあその時はお金払ってカードは次回にでも使うことにしよう。
HPを見ると。カワハギ始まったんだなあ・・・あっ渕野辺在住さんが今日(土曜日)来てる。しかも大人(20枚)越えで竿頭・・・すごいなあ。後でブログ見に行ってこようっと。
カワハギか・・・まだ自分の中でまだカワハギモードになっていないんだよな。もう行きたい行きたい、ってぐらいにならないと間違いなく腑抜けた釣りになっちまってダメだな。でもそろそろDKOのことも有るし・・・
とかナントカ考えながら寝て日曜日の朝4時50分ごろに船宿に着いた。
ワラサ乗りたいんだけど・・・って言うと、ワラサ船のY船長から「今一人だよ」との言葉。よかった~一人じゃなくて。受付後5時過ぎにいつもの釣友Tがやってきた。Tは元々今日はカワハギの予定だったので乗る船は違う。
Tから「ワラサのおみや待ってますよ~」 「そんな釣れね~よ」と話しながら時間をつぶす。結局ワラサ船に他のお客さんは来ず2人、ライト五目も3人で出船することになった。カワハギ船はこの時点で3人、結局その後2人来て5人だった。

20100905-02
今日の釣座は左舷ミヨシ。
出船前にY船長に話を伺うと棚取りは水深を言うので上からでも下からでも良いよとのこと。概ね海底から10m前後で当たってるよ。後餌取が結構多いから注意してねってアドバイスがあった。


20100905-03
定刻に出船一路城ヶ島沖を目指す。
同船のお客さんと話をしていると見えてきた見えてきた。ワラサ船団。ざっと50隻ぐらいは居るかな。剱崎間口~松輪、三崎・小網代・佐島のワラサ船大集結だな。何人かやり取りしているのを見て俄然やる気になってきた。


本日のタックル
竿:海功ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
リール:シーボーグ500e
道糸:PE6号
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100号を準備 (船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.5~1.8ミリ
 ハリスフロロ 6~10号4ヒロ 針ヒラマサ12~13号 枝バリ無しの1本針仕掛け。
船宿推奨はハリス6~号6m ヒラマサ13号

ワラサ高活性時用の上記専用タックルとは別に真鯛タックルも持ち込んだ。帰省時に親父から「この鯛竿新しいの買ったから、使わね~からやる」ともらってきた竿といつものリールを組合せた真鯛用は以下の通り

竿:海功マダイ I M270(10回も使ってないとの事。ほとんど新品の竿だ)
リール:シーボーグ300
道糸:PE4号
錘:ワラサ用と同じ
仕掛 針: 天秤はワラサ用と同じ クッションゴムΦ1.2ミリ
 ハリス 4号4ヒロ 針マダイ10号 1~2本針仕掛け。

集魚ビーズはパールビーズの小型を1つ付けたり外したりした程度
先ずはワラサ専用タックル(ハリス6号・ヒラマサ針12号)をセットした。コマセカゴの調整は上窓全開、下は目盛り1つ半ほど開放。

Y船長船団の東側に着けて開始。水深は37mと合図があった。
投入するが潮が早っ!道糸がどんどん斜めに出て行く・・・ダメだ上からの棚取りがしたら棚ボケする。着底させハリス分プラス3~5mでアタリを探すが・・・アタリなし。すぐに巻上げて錘を100号に交換。コマセを打ちかえるがアタリは無い。周りではやり取りしてるんだけどなあ。やはり2人ではコマセが効かないのか?

2流し目、棚取り後ロッドキーパーに竿を掛けクーラーから飲み物を取り出そうとすると。竿先がドスン。結構いい引きで上がってきたのは2キロクラスのイナワラだった。ずいぶん良く引くなあ。
さて連荘連荘と思いながら投入すると・・・反応なし。エサも丸々残ってくる。う~ん変だなあ。
同船の方はこの後巻上げ中に掛かり1本。その後同じパターンでもう一本揚げていた。
Y船長が「昨日より水温が3度下がって今24度だよ」と言っていたのできっとこの水温低下で餌取の活性が下がったんだと判断し、餌付けを変更。持ち込んでいたイカ短を使わずオキアミだけにして狙う。がダメ。
そうこうしてる内に8時ごろ朝のフィーバータイムが終わった。周りの船でも誰も竿を曲げていない。あ~あ今日もやっちまったか。(泣)
松輪船は剱崎の方で当たった情報があったのか全速で東の方向へ走っていき船団は20隻ぐらいになっていた。
まあ1本取ったから後は遊ぶかと思いマダイタックルに変更。さて仕掛けどうするか、1本針も2本針も有るけどどっちにしようか。う~ん何の根拠も無いけど2本針にしよう(後でこの選択が吉と出るのだけれどそれは後述)。コマセを詰める量を調整して投入。

20100905-04
しかしこの竿最近の(といっても2・3年位前)だけに良いな。コマセの振り出しもシャープに出来るしカーボンが多く入っていて軽いけど、置竿にしてもあまり跳ねなくてイイ。でも今使っているシマノの竿全てにいえることなんだけどロッドホルダーのクランプを取り付ける場所がリールに対して近すぎ。手持ちにした時にクランプが手首に当たって邪魔くさい。ホルダーセット位置を尻手側にずらして対応したがなんかしっくりこない。これだけはイタダケナイな(`・д・´) 
ダイワ製のホルダーを使ってるからなのか?だとしてもなあ・・・まあ竿自体の調子は良さ気なのでしばらく使ってみよう。

さて取敢えずコマセをどんどん打ち替えていくがアタリはなし。餌もそのまま残ってくるがY船長が出船前に言った。「昨日出たつね丸さんは昼近くになってあたったよ」が頭にあったので諦めずにコマセを打ち替えていく。周りの船では居眠りモードに入っている人や置竿ほったらかしの人が結構出ていたけどミヨシ・艫に座っていた上手そうな方は淡々と私と同じようにコマセを打ち替えていた。きっと同じようにまだ時合が有ると思ってるんだろうな。それを見ていると、なんか釣れる気がしてきた。

20100905-05
何回か流し替えを行い、9時半ごろ傍にいた船(志平丸だったかな)でやり取りしているのを見、コマセを打ち替える。棚取り後やり取りしている船の方をチラ見して自分の竿を見ると、ドスンと竿先が入った。
ハリスの番手を下げているのでドラグを効かせながらゆっくりと上げると一本目と同級だった。
わ~い良かった~(^∀^)



その後20分ほどしてまた棚取り後に他の船をチラ見すると・・・また自分の竿先がドスン。いいねいいねいい感じだ、と魚の引きを楽しみつつ上げながらふと気づいた。ひょっとして・・・
3本目も同クラスだった。


次投入から今気づいた自分の考えを実行した。
それまでの釣り方はこんな感じ↓
1 着底後直ぐに3m底を切る
2 ハリスが馴染んだ所でコマセを段階的に(底上3~7mの範囲)振り上げる
3 棚(底上9~10m)にセット後1分ぐらいアタリを待つ
4 誘いを入れる
5 棚を少しづつ上げて3→4を2回繰り返してアタリを待つ
6 仕掛けを回収しエサ付け直し、コマセの補充後再投入してまた1に戻る

で釣っていたのだけれども自分の仮説を実行するのに次の流れで釣ってみた。

7 今までのパターンの1~4はそのままで行う
8 1回目の誘い後およそ30秒後リールのクラッチを切り再着底後、もう一度1~4を繰返す。
9 仕掛けを回収しエサ付け直し、コマセの補充後再投入

さてどうなるかと投入すると・・・結果は直ぐに出た。8の再度棚取りのし直しをすると、竿掛に掛けて直ぐにドスン。連荘でヒット! ヤッター(^∀^)
多分このパターンが今日の魚の活性とあっているんだろう。4本目はすこ~しだけサイズアップ。

20100905-06
周りの船も少しづつアタリ出していた。どうやら地合かな。当たってると言っても前回のワラサの時とは違って、各船多くてもダブルヒットだから普通のフィーバー状態だな。




20100905-07
気がつくとさっき船団から離れていた船が再合流してきた。
この後この状況は12時近くまで続いた。私の棚はほぼ底上9mだったが枝針に2本ほど掛かった。枝針つけといてラッキー(´∀`)
竿も柔軟だけど腰が有るのでいい感じだった。
12時ごろ地合は終了。そのまま最後まであたり無く終了した。


20100905-08
今日の結果はワラサ(イナワラ)60cmクラス8本  
ウィキペディア (Wikipedia) によるとワラササイズと言ってもいいかな。
我が家の冷凍庫のスペース上3本以上は持ち帰れなかったので船宿のおねーさんに釣友Tに渡して残りは皆さんでどうぞと5本ほど置いていった。

同船の方は2本、当たり棚や仕掛けの詳細を情報交換していたが上積みが無かった。多分リズムがちょっと狂ったんだろう。でも同船の方は今迄で一番釣れたんで良かったって言っていたな。確かに他の船の釣果を今日(9/6)見てみると0~○匹と書いてあるからボウズの人も結構でたんだろう。そういう意味では今日はY船長に感謝感謝。魚探とにらめっこでいい反応を探してくれた。今度アオリで乗るんでまたお願いします。

20100905-09
帰りがけに鶴ちゃんになんか新しい食べ方あるって聞いたらあるよっていくつか教えてもらったので早速試してみた。




20100905-10
それがこれ
ワラサのサラダ風





20100905-11
作り方は刺身の上にきゅうり、スライス後水さらしした玉ネギを乗せ塩ドレッシング(鶴ちゃん曰く牛角のが一番ウマイ)をかけて食べる。牛角のドレッシングが無かったので他の塩ドレッシングを使ったがこれはウマー(´∀`) 鶴ちゃんありがとう

その他のメニューもその内ためそーっと。


本日の自己採点(各5点中)
準備:3 (飲み物2.5l持って言ったけどもう少し用意した方が良かった)
状況判断:5 (ヒットパターンをいいタイミングで掴めたのはよかった)
釣果:5 (この日の他船のトップ釣果と見比べても引けを取らないので)
釣全般:3 (地合の時6号ハリスでやったほうが良かったかも)
料理:4 (新メニューはウマー)
総合:20/25 (いい感じ いい感じ)

さて次はどうするか・・・まずは冷凍庫の魚をどんどん食べないといけないな


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ