今日は朝目覚めてからどうするか決めることにしていた。
4:00に起床。この時間ならば○楽園のカワハギにも余裕でいけるかなと思っていたが、
結局イカ道具を車に積み込み出発。
途中釣友Tに電話すると、今日は○楽園でカワハギのリベンジ戦に挑むとの事。よほど前回のカワハギが釣れなかったのが悔しいと見える。
Tにはイカ釣りに行くことを伝え、お互い頑張ろうと言い。先週の船宿に向かった。(剣崎間口港○○治丸)

2010012401

現地について前回と同じように受付し、丁度船頭さんがいたので話を伺うと。昨日はトップ66杯、裾でも22杯揚がったとの事。どうりで周りの常連さんがやる気満々な雰囲気だ。

結局2隻になり各船14名程のお客さんを乗せ、定刻に舫いが解かれ出港。船頭さんより昨日は朝の二流しだけスルメイカで後はヤリイカしか乗らなかったので11センチのツノでいいでしょうとアナウンスがあった。

2010012403
船は一路沖の瀬を目指す。





本日のタックル
竿:リーディングXサソイ 100-150
リール:レオブリッツ270MM
道糸:PE3号
錘:120号
仕掛:プラヅノ14センチ(幹糸8号、エダス6号)
        11センチ(幹糸6号、エダス4号)
        11+14ミックス(幹糸6号、エダス4号)
        共にブランコ式  14センチ、18センチ直結仕掛けは持っていたが未使用

とりあえずスルメイカの沖干しが作りたかったので最初はミックスの仕掛けをセットした。

2010012406本日のポイントの水深は100~170m

1投目からスルメイカの4点掛けがあり最初の2流しでスルメイカを8杯程確保。せっせと沖干しつくりに精をだす。(^_^)
他のお客さんも順調にスルメを釣り上げていた。

この時までは今日は前回より間違いなく釣れると思っていたのだけど・・・

2010012407
パタリと回りも含め釣れなくなった。
釣れない時間が淡々と過ぎてゆく。
船は州ノ崎方面まで探索するも反応無く投入出来ず。クルージング船になっていた。



結局朝の場所に戻り釣り再開。

今日は二つ程新しいことを試していた(どうせ釣れないなら・・・(´;ω;`))
一つ目はシャクリ方。カワハギ名人の○田名人がつり丸で書いていた宙層での釣り方(ユラユラガッガッ)をイカでも試してみた。具体的には、底立ちをとった後1~2m巻上げ竿先を50センチ程度揺らして止めアタリを待ち、アタッタらば聞き上げるようにしてみた。
結果からいうと、5回掛けて2回しか揚がらなかった(途中でバレる)。この辺は今後の課題かな。

もう一つはツノの変更。今まで使ってなかった(買おうとも思わなかった)が○かつのツノを今回初めて1組だけ作って使用した。
これも思った以上に乗りがあったので今後もしばらく使ってみようと思う。

さて釣の方はイカの足が速いらしく一流しワンチャンスしかない状況が続いた。しかも釣れるイカはヤリよりスルメの方が良く掛かる(゚∇゚ ;)エッ!?

2010012408
ヤリイカが増えない(泣)





2010012409
結局最後の1投までスルメが掛かりヤリ7杯・スルメ13杯の合計20杯で終了・・・
周りの常連さんも15~20杯なので悪くはないのかな・・・

2隻トップは24杯だった。

イカはお化けと言うが今日はまさにその言葉が似合う(悪い意味で)日だった。
ああ来る日が間違っていたということか・・・・・・orz

Tに電話を入れると今日は○中さんがトップで18枚、青○さんが13枚で結構エサを取られたとの事。Tは5枚で微妙な釣果だったと言っていた。またカワハギリベンジかな・・・

2010012413とりあえず晩御飯の分はつれたのでOK


ヤリイカのイカ刺し・スルメイカで作った簡易イカキムチ・スルメイカの肝を使ったヤリイカの肝和え・・・・・・どれもマイウー(´▽`)



本日の自己採点(各5点中)
準備:5 (何一つ忘れ物なし・ヨカッタヨカッタ)
状況判断:3 (状況が状況だけになんとも言えない)
釣果:4 (常連のイカ釣師と同程度釣れたので)
釣全般:3 (結構巻上げ中にばらしたのはダメダメ~)
料理:5 (肝和えがめちゃウマ)
総合:20/25 (点数的にはいいのだろうが・・・運が悪すぎ)

さて次回は何を釣りに行こうかな~
(その前にお参りに行かないと・・・)