さて今シーズンのマルイカも個人的にはそろそろ終りかな?ってな感じなんだけど、全然上達してないなあ・・・
そろそろ他の釣物に目が行っちゃいそうなので、とりあえず今シーズンから使い始めたマルイカ仕掛け kimamaスペシャル(略してksp)を公開しちゃいます。
まああんまり釣れてないので(ウデが悪いから・・・(泣))あんまり参考にならないと思うけど・・・

注)まねして釣れなくても文句言わないでね(笑)

kspの作り方

ksp-01
準備するもの
・フロロカーボンハリス 今回は4号が余っていたのでそれを使用。5~6号でも大丈夫だと思う。反対に細いのはNGかな。



・イカフック ダ○ワ、ミサ○、ヤマ○タ各社から出ているのでお好みで。
・サルカン 10号ぐらいの小型を使ってます。信頼の置けるメーカーの物を使いましょう。サルカンの輪の部分で壊れると悲しいよ・・・(ハイッ。私1回やっちまいました。)
・ウレタンパイプ イサキ仕掛けのビーズ代わりや真鯛仕掛けのフロートパイプ用に買った物を使用。一番細いやつです。


ksp-02
作り方(その1)
イカフックにサルカンの輪をくぐらせる。
ウレタンパイプを1.5センチの長さに切断する。





ksp-03
作り方(その2)
ハリスにウレタンパイプを通す。






ksp-04
作り方(その3)
ウレタンパイプ・ハリスをサルカンに通す。






ksp-05


作り方(その4)
サルカンに縛る。私は外巻き8の字結び+編込み2回でやってます。
この時サルカンの金属部分にハリスが決して触れないようにしています。ウレタンパイプが保護する感じにしましょう。

ksp-06


作り方(その5)
枝間の長さにあわせて反対側を8の字結びで輪を作る。輪の大きさは5センチぐらいあると便利です。
(ちなみに私は120cmで作成)


その1~5を繰り返し必要な本数作れば完成

では使い方

まずは直結モードの時

ksp-07


スッテのカンナに輪を掛けて固定する。
詳しいやり方は7/15号のつり情報のスルメイカ特集またはここのページに書いてあるので参考にしてください。
ちなみにこのHPはイカは勿論だけども他の釣物の事も詳しく書いてあるので見といた方がいいと思う。

次に直ブラモードの時は

ksp-08


8の字の輪を延べ竿のリリアンに結ぶ時のようにウレタンパイプに結び締めればOK

次の写真みたいになる

 

ksp-09

 

ちなみに写真左側が道糸側

 

 

ダ○ワの直結プラスや永○名人考案の超絶マルイカ仕掛け(つり丸の確か3/1号に乗っていたはず)はハードビーズやアルミパイプに通した糸を輪にして止める方式なのだが、私は船上で絶対その輪からビーズを外す自信があるので、この方式にしている。

直ブラモードの時、ウレタンパイプに食込むように結ぶとずれないので結構便利かな。
あと直結モードの時糸がダブルでカンナに掛かっているので少しは強度があるかもしれない・・・

8回ほどテスト釣行をしているが、3回目(5/2)の釣行でメーカー不明のサルカンを使った部分から外れたのと、その後すぐ道糸の高切れで仕掛けを失った後はずっと同じ物を使用している(ここ5回ほどの釣行で使用)ので、耐久性は大丈夫かな。ただ大釣りしてないのでほんとに釣れるかどうかは疑問なんだけどね。(笑)

まあしばらくはこの仕掛けをテストして行こう。でも仕掛けより前に腕を磨かないと・・・(爆)