う~ん昨日は心身共に疲れてしまい、メシ食う→フロ入る→バタンキュー だったな。
昨日の釣行はいつもの剣崎間口港喜平治丸からのスルメイカだった。新しい相棒との初釣行になる。
実は先週の休みに行く予定だったのだが、ナント寝坊!夜中に一度起きた時、二度寝してしまいおきたら7時だったので、さっさと三度寝。(爆)

20110710-01

金曜日辺りから沖の澄んだ潮が入ってきたのか、スルメ釣果が急上昇。前日土曜日も結構な数を取っている。(実はマルイカも急上昇)昨日の天気予報的もよさ気だったので、結構いけると思い出発。同行者はいつものT。

20110710-02

船宿に4時過ぎに着くとスルメ船は先行者4名。マルイカ船は15人ほど。
スルメ船には前回91杯取ったイカオヤヂAさん(右舷ミヨシ)・お名前は解らないがヤリイカ船でよく釣られている常連さん2人(左舷ミヨシから2人)が乗っていた。席取り時両大艫が空いていたのでTに、「どっちがいい」「右艫」。で左舷艫に席は決定。お客さんは右舷6名・左舷5名で出船となった。

20110710-03

本日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500MT(予備:シーボーグ500e)
道糸:PE5号
錘:下錘120号+中錘30号
(予備で150号の錘を持参・・・あとで持っていって助かることになる)
仕掛:出船前に中乗りのおぢさんとの話で18センチがいいってことだったので18センチ13本(幹糸12号)を使用(予備で14センチも持参)

右舷の様子はわからなかったが、左舷は胴の間の方がブランコ↔直結、艫2番の方がブランコで残りの3人が直結だった。

20110710-04

この日は剣崎沖(城ヶ島沖との表示の船も・・・)120~140mダチでの戦いだった。漁場には職漁船・長井船・三崎船・葉山船が参戦。湘南船は少し西側を攻めているのか見かけなかった。
湾奥船や鴨居船はいない・・・富浦沖(っていうかあそこは館山沖じゃないかな)に行っているな。実はここがこの日の分かれ目だったとは・・・。

20110710-05

長井船にはどっかで見たような旗がたっているな・・・ああそうか今日はサンスポの大会だったっけ。
う~ん一部では【大会のときはイカが乗らない】って言うジンクスがあるけど大丈夫だろうか・・・

20110710-06

さて釣り開始するが・・・乗らない。マヂ?中乗りのおぢさんが来て「今日多分ダメかも・・・」ってオイオイ
とにかく落とし込みに集中(指示範囲が50m以上あったので)し、イカを引っ掛ける釣り方で単発ながら揚げていく。
新しいリールだが、しばらく(小一時間ほど)使っていると、モーターの周りが異常に熱くなり(手で触れないほど)、ニセイカ級の1杯掛けでもパワーモードにシフトチェンジしてしまう症状が出てきた。更には空巻きでも
自動でシフトチェンジする様になってきた。
残り40m付近でチェンジするので、そこで潮の当たり方が変わっているんだと思うけど、でもこんな簡単に変わっちまうのか?う~んおかしいぞこのリール。電動巻上げ+シャクリ中には変わらないのになんで?
なんかこのまま使うと、いや~な予感がしたので予備機に変更した。

20110710-07

まあイカの釣れっぷりはダメな物で、単発ばかり。Tはシャクリでポツポツ乗せてるんだけど、何故かこっちは乗らないんだよね・・・。殆ど落とし込み~引っ掛けじゃないとこっちは乗らない。二回捕れる流しなんて殆ど無いんだよな(泣)

しかも今日はパワフルモード全開になったみたいで、リールを交換してから2回ほど捨て糸部と錘の接続サルカンを破壊してしまった。(爆)

20110710-12

しかもその内1回はTからもらったサルカンだし、アイツからは「どうすればこんな風にサルカンを破壊できるんですか(笑)」って言われちまった。
結局最後は、錘に直接縛って釣り続けた。でも最後の流しで中錘と仕掛けの接続部のスナップが破壊寸前で上がってきたのは実は内緒なのだ。(爆)

20110710-08

天気がいいな。沖干しが良く乾くな・・・。ロープが寂しい(泣)

20110710-09

やっぱあのジンクス(大会日は乗り渋る)は正しかったのか・・・大会船も干している人が全然いない。
ミヨシの名手の方も大苦戦中。

20110710-10

Tは地味~に2点・3点掛けで数を伸ばしていく。10時半ごろ、Tが25杯の時点でこっちは19杯。船内ツ抜けがやっとの状況。厳しいなあ・・・

20110710-11

大船長も頻繁に流し替えをしてくれるんだけど、乗りが単発。しかも殆どが落とし込み・・・こりゃブランコ絶対有利の展開だな。隣の方はブランコ仕掛けでポツポツ捕っているしね。サバもいるけど、そんなにうるさくない。
Tはここで釣れるイカのサイズがニセイカ級がメインだったので14センチに変更していた.。

20110710-1320110710-14

こっちは仕掛けを特に弄らないで釣り続ける。
最後の流しの前に落とし込み~引っ掛け~お祈り追い乗りで3点掛けして26杯まで上乗せして終了。沖干しはよ~く干せました(爆)

船中釣果は1~27杯、前回同船時竿頭のAさんが24杯で3番手、2番手は私で26杯。
えっ、という事はトップはまさかのTで27杯。大穴だわ(笑)
本人曰く「勝因はウデ(笑)じゃなくて竿だな」との事。落とし込みでは全然乗らなかったらしい。
20杯越えは4人ほどだったかな。1ケタ台は2人(1杯・8杯)だった。マルイカ船も散々だったようでトップ16杯・スソ0だそうだ。あとで同海域で操業していた游漁船のHPを見ると、どこもかしこも大苦戦していたみたいだ。まあこんな物か・・・

っと湾奥船の釣果を見てビックリ!!
八景の青いお船が束越え、大津の黄色いお船も束越え、浦安の牛丼屋さん(と親しみを込めて仲間内では読んでいる)もほぼ束、悪い船でも頭40杯前後だってさ。そんなに離れていないのにこの違いって・・・(汗)

帰ってから速攻で釣具屋さんにリールの点検・修理を依頼した。
しかし、これが仕様だと言われたらマジでどうしよう。イカスペかビースト買っちゃうよ、マヂで。
頼むよダイワさん(笑)

20110710-15

晩飯にはニセイカサイズを3杯ほど刺身にして食べた。そういえば今日釣ったサイズはニセイカ~スルメサイズだったけどアニキ(アニキサス)は入っていなかったな。Tの釣ったヤツにはいくつか入ってたみたいだけど・・・
群れが混在しているのかな。

本日の自己採点(各5点中)
準備:5 (特に忘れ物ナシ)
状況判断:3 (落とし込みに集中してたのは正解か?)
釣果:2 (この状況下ではいいんだけど、湾奥船の釣果見ちゃうとねえ。漁場が違うから比較は出来ないんだけど・・・)
釣全般:3 (リール大丈夫なのか?マヂで)
料理:5 (ニセイカサイズは刺身でも硬くなくグッド!)
総合:18/25 (なんかもやもや感が残っちまった・・・)


一つだけ解ったのは、大会の日は大会参加じゃなければ行かない方がイイって事だな。でもきっと来年になったら今年こそは・・・、と懲りずに行ってまた撃沈してくるのだろうな(笑)