さて先日のイカ釣りについて記すことにしよう。
20120219-01
19日はイカ釣りに行った。まあタイトルから推測できると思うが、あくまでもイカ釣り(ここ大事テストに出るよ・・・笑)なのだ。
20120219-02
船宿はいつもの剣崎間口港喜平治丸。5時半ごろに到着したが先行者は11人その後どんどんお客さんが来て2隻出しになり、本船(8号船)の左ミヨシに釣座を構えた。本船の右艫に前回も同船した常連の名人(お二人)が入っている。スゲー釣るんだろうな・・・
20120219-03
本日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘10号(ブランコ仕掛け) 中錘30号(直結)
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸6号、エダス4号)
        18センチ6本+14センチ6本 直結式(幹糸14号)
で開始時は竿はイカシャクリ・直結仕掛けで開始した。
20120219-04
洲崎沖のポイントで開始するが・・・ありゃ乗らね~。隣の方は普通に3点掛けとかしているのに、ナゼかオイラだけ蚊帳の外だった。う~ん何が悪いんだ(焦)
しかも落とし込みでイカの触りがあり、引っ掛けようとするも、ナゼかスカッ・・・え~どうなってんの???
20120219-05
ぽつ~りぽつ~りとどうにかスルメイカ(ヤリイカは1杯だけ)を乗せていく。が廻りの方のペースに付いて行けない。
20120219-06
う~んひょっとしてツノの配色、それともツノ自体のせいなのか?
今使っているツノって確かもう何回も再利用しているやつだな・・・試しにこれも再利用しているツノだけれども替えてみると、少しは乗るようだ。でもそれだけでは無いな。どうやら配色が嫌われているみたいな感じだ。
20120219-07
その後11センチブランコ仕掛けに替えてみると廻りのペースと同等以上に乗るのだが、スルメばかり乗ってくる。う~ん前回のイメージが強くヤリイカが出ると思いブランコで釣っているけどここは予備の14センチ直結を出しても良かったかもしれないな・・・
20120219-08
結局、個人的には何一つ盛り上がりの無いまま終了となった。
20120219-09
この日の釣果はスルメ25杯、ヤリ1杯の26杯で終了。本日の最多点掛けは5杯掛けで後は単発ばかりだった。件の名人がヤハリと言うか当然の結果で62杯だった。名人の半分も行かなかった・・・。名人と沖上がり後少し話したが「ツノが嫌われたね。前回の私と同じだよ」って言って貰えたけど、そこからのリカバリーが全然ダメだったな。
まあ晩のおかず釣りとしては充分すぎるんだけどね。でもこの状況ならもう少し上積みできるようにならないとダメなんだよなあ・・・(泣)
さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (ツノの選択・・・完全にミスだ!)
釣果:2 (おかず釣りとしては良いが・・・)
釣全般:1 (ツノの再利用はほどほどにしないと)
料理:3 (イカ刺し・・・涙の味がした 笑)
総合:11/25 (イカ釣りもマダマダ修行が足りないな)

20120219-10
で帰りにヤギタでヤリイカ用の11センチカラフル針と18・14センチのピカピカ針(不足カラーの分)を仕入れてきたので結びなおそうっと。これでダメなら次は糸を替えてみるとすんべ・・・
えっ、ウデが悪いのは想定内だ。こればっかりは替えが利かないのが最大の問題だが(爆)