昨日の釣行はまたもや佐島発のマルイカ釣行にした。同行者はいつものT。
船宿に着いたのは5時半ごろ、既にマルイカ船の札は残り一枚だったのだけれども、今回はTに席を取っておいて貰ったので右舷艫2番の席に座れることになった。しっかしなんでだ?そんな釣れている訳無いんだけどなあ・・・
20120318-01
仕立船と予約カワハギ船が出るので1隻での出船。こりゃオマツリ大会確実だな。(苦笑)
カワハギ船には、ソノマさん・バンバンさんが乗っていた。ソノマさん今日も派手な数字を出すんだろうな・・・
で当船は札止めの満員御礼。乗り台にも入る状況。K名人は竿を出さずに乗っていた。中乗りか?
右舷のミヨシ3番に丹○さん、隣にブランコマスターのTさん。右艫5番にちょくちょく同船する方。右艫にTだった。左舷には艫にUさん、他にソノマさんのお知り合いの方がグループで乗っていた。

20120318-02
この日のタックルは

竿:Aトリガー カレイ185
リール:スマックRT100HR
道糸:PE1号
錘:40・50号を使用(殆ど50号を使用)
仕掛:ウキスッテ6本 直結 
この日は前日から直結修行にするつもりだったので、ksp2010年バージョンのウレタンパイプ無しバージョンを急遽作成して使用した。さしずめksp typeBって所かな。
スターティングスッテはこんな感じ。

20120318-03
スゲー船が半分以上隠れている・・・
さて出船後船は江ノ島方向へ走る。30分以上かけて江ノ島の西側のポイントで開始。船長からは「水深90m」ってアナウンス。マヂか!?
20120318-05
着底後、イカの触りを取ろうとするが、ウネリが強い。ちょいと離れた船が波に隠れて見えなくなるような状況だった。仕掛けを止める事が難しい。こりゃロングハリスのブランコ絶対有利だな。
20120318-06
1流し目は船中乗り無し。2流し目にイカのお触りを感じて合わせると『ガシッ!』。ヨッシャー乗った乗った。とイカを乗せるまでは良かったのだけれども、ここからが大変。何せ手巻き、更には直結なのでこのうねりの中ばらさないようにリールを巻き続けるのはしんどいのなんの。コマセの釣りや沖のイカ釣りで棚を取る時は道糸のマーカーで見る癖が付いているので残りの水深が判るから余計に心にムチ打ちされてしまう。まだ残り○○メートル残ってるのかってね。ヤッパ直ブラの方が良かったか?って言うより電動なんで持ってこなかったんだと自分自身を責めながら巻き巻きしていた。

20120318-04

どうにか1杯上げるが後が続かない。9時半ごろまで粘ったが船中3杯ぐらいだったかな。で佐島に戻るアナウンスが有った。正直この時点でウデがパンパンだったのは内緒だ(笑)
長井沖に戻ってくると、前回と同じように松輪船~三崎船~小網代船~長井船~佐島船~葉山船で船団になっていたが、それほど固まってはいなかった。
20120318-07
60mラインで開始するが、乗りは悪いね~。ブッコミでしか乗らない。しかも地味乗りなので全然数が伸びない。こういう時はブランコが有利だよな~と思っていると左隣の方(ブランコ仕掛け)の方にはポツポツ乗っている。更にミヨシ側のTさんも乗っているようだ。

この頃から船内オマツリ地獄が始まる。オイラも巻き込まれ仕掛けを切って(直結なので切った方が解き易いって時も有るので)解きまくる。中乗り(?)K名人は大忙しだ。どうもこのオマツリ地獄は潮の流れ云々ではなさそうだなと直ぐに気が付く。何せオマツリしている時は2人以上だが1人の方はいつも同じ人(右艫6番)だ。トイレがてらその人の席の後ろを通った際、タックルを拝見すると、どうも道糸が太いみたいだな。あとで船長に聞くと「ありゃ道糸6号だよ、錘重くしてくれるよう言ったけど聞いてくれないしね。困ったもんだよ」だって。K名人も「道糸が太いし、角が大きく(布巻3号)数が多いから錘を重くして角数減らせば良いって言ってあげたけど全然聞く耳持たない。アレじゃダメだよなあ。」
確かに廻りの方の道糸は太くても2~3号。細い人は0.8号でやっているしね。それで錘の差を考えるとオマツリするのは当然と言えば当然か。空いている船ならば関係ないんだけどね。

昔網代発の遠征イサキ船でも同じようなことがあったっけ。いつもの船が出ないって言うんで、隣の○○○丸から乗ったんだけど、片舷10人以上を乗せ、更にはミヨシの方が指定より軽い(60号)ビシだったせいで仕掛けいれる度に片舷半数以上を巻き込んだオマツリ。しかもぐっちゃぐちゃなので仕掛けをバンバン切っていたら開始3時間で持って行った仕掛け15組全てオシャカになった。船長が注意しなくて他のお客さんが注意してたけど、その人も聞く耳持たない人だったな。オイラだけでなく結構多くの人が仕掛けを仕舞って船室でとっとと寝ていた。まあ今回は船長も注意しているし、あの二度と行くまいと決めた船宿とは違うんだけどね。
オマツリ大会は結局の所最後まで続いていたもんだから、最後の頃は隣の方はゲンナリしていたなあ。いくら乗合船とはいえこれじゃあねえ。せめて素直に言う事を聞いてくれるだけで良いのにと思ったね。
20120318-11
最後はK名人も「ああゆう年寄りにはなりたくねえな。オレがもしあんな感じになったらたらぶん殴ってもいいぞ」って言ったので 「じゃあオイラが○さん(K名人)を海に投げ込みますよ」と言ったら 「そりゃ犯罪だ」→(2人で爆笑)なんて会話になった。

20120318-08
さて釣りのほうはと言うとまあイカの乗りは遠い遠い。ブランコの方にはポツポツ出ているみたいだけど直結・直ブラの方は引っ掛からない。ウネリがきつくバラしたり、オツマミで上がってくることもしばしばだった。ウネリがきつく仕掛けを止める事が難しいが、どうにかこうにか稼いで行く。

20120318-09

20120318-10
この日の釣果は11杯(麦1杯込み)だった。

20120318-12
船中釣果は1~14杯 竿頭はブランコマスターのTさん。次にオイラでツ抜けはおしまい。Tはナントカカントカ7杯、直ブラ・直結は全般的にダメな一日だった。
この日はナント9人が1杯と言う谷間も谷間。坊主が出なかったのが奇跡と言うしかない状況だった。
参ったね。何も日曜日を狙って谷間が来なくてもいいのに・・・こりゃ神社にお参り行ってきた方が良いな。
この日乗った角は殆どバラバラ。隣の方とTは良くFNブルで乗っけていたなあ・・・オイラにはサッパリ乗らなかったけど(笑)。

さてこの日の採点は
準備:2 (電動持ってくれば良かった・・・)
状況判断:4 (間違いは無いはずなんだけど・・・)
釣果:3 (今期最悪・・・ツ抜けただけでも儲けモンか)
釣全般:3 (このうねりの中で仕掛けを安定させるテクを身に付けないと・・・)
料理:3 (さて新メニューにトライだトライ)
総合:15/25 (直結修行はマダマダつづく・・・それと事前調査はしておこう・・・)

次回のお休みは釣りは無し。つり博フィッシングショーにでも行ってみるかね・・・