20120520-01
さて20日はまたもやマルイカ釣行だった。しかも今回は例の新企画「釣れないんジャー(爆)」での釣行。今回はTのリクエストによりマルイカ、しかも船宿も海楽園て言うのが前日の夕方の電話だった。アイツ最近の釣果情報見ているのかな?19日も別名だが実の所K名人が11杯だし・・・。まあ今回はアイツに席取り込みだから任せるべ。一応、「明日はスゲー難しいぞ。ボウズも覚悟しといた方がイイゾ」って言っておいたけどどうなる事やら。
20120520-02
20日の朝はいつも通りに4時過ぎに起き5時少し前に到着。既にWさん、Tが居た。その他には丹○さんがいたので挨拶し、朝食にした。カワハギ船で良くお会いする○口さんも居たのだけれども今回は五目船だそうだ。
20120520-03
釣れていないから当たり前だけど、お客さんの出足が悪く、結局私の到着が一番最後だった。
左舷2人。ミヨシに丹○さん。右舷に釣れないんジャー(爆)の3人(ミヨシから私、T、Wさんの順)の5名で出船、少ないねえ。
でも仕立船が2隻出しで両方ともマルイカだったので、海楽園全体のマルイカ狙いは24人だった。まあいつも通りか・・・
タックルはいつもの通りで
竿:Aトリガー カレイ185
リール:スマックRT100HR
道糸:PE1号
錘:40号を使用 (30 40 50号各種持ち込み)
仕掛:ウキスッテ6本 今回はKSP2012年バージョンで行く。直結3・直ブラ3で開始。

20120520-04
スターティングスッテは前回釣行の開始時とほぼ同じような感じで始めてみた。(左側が道糸側)
この日の釣場は、終日カメギ根40m前後だった。
出船前に船長や仕立担当のおぢい・丹○さんらとの話の中で厳しい事が予想され、丹○さんとは「今日はツ抜けたら名人だね」なんて話していたが、渋神様は朝から絶好調(笑)。ト・ニ・カ・ク 触りません。(泣)
周りの船も乗せている気配が無い。この時、周りには長井船・佐島船(つね丸さんはいなかったな。どこでやってたんだろう?)でやっていたのだけれど、これはキツイな。船中ファーストヒットは丹○さんとTがほぼ同時に上げたムギイカ、その流しでコッチにも乗りがありマルイカをゲット!ボ○ズだけは避けられた。
20120520-05
7時ごろの時点でマルイカ2杯、この時点で船中5杯(丹○さん2杯、T1杯)だった。船長より「小見山丸さんまだ顔見ていないって」との話。マジで厳しいな。
暫くすると長井船は城ヶ島方向に向けて走っていった。当船の船長はジックリ腰を据えて狙うつもりなのか動きなし。以前の記憶が蘇る・・・また今回もコレが明暗の分かれ目なんじゃないかと。しかもコッチが暗の方なのではないかと(汗)
前日よりは良いのかポツポツだけれどもイカを乗せていく。不思議な事に自分の仕掛けにはマルイカばかりが乗ってくる。丹○さんの方は結構ムギイカの割合が高いのだけれども何でかな?
スッテはどうやら布巻が良く、ハダカ系は全然ダメだった。で仕掛けを布巻ばかりにして釣り続ける。
20120520-07
ツ抜けをしたのは11時頃だった。この前の流しで仕掛け一式根掛りでロスト後、ブランコ仕掛けで遊んでいる間に丹○さんに4杯放される。とは言え前日K名人が苦労したことに比べると全然良いみたいだ。
で仕掛けを作り直すついでに、以前作成したKSP2012年 バージョン2(枝間1m)のテストがてら組みなおす。
スッテをどうすっかな。なんか上潮が朝に比べると気持ち澄んで来ているみたいなのでハダカ系を2本程入れてみる。全直結モードで様子を見ることにしよう・・・

20120520-12
11時半ごろの流しだったかな。イカがスッテに突然触りだした。なんとか連荘で取れるが、掛けられないイカが多い。イカパンチと言うよりスッテを撫でるような感触だった。上がってくるイカもマイクロサイズの割合が非常に多い。この時ハダカ系に乗りが集中していたので中央の布巻きレインボー以外の全てのスッテをハダカ系に変更して釣り進む。丹○さんもハダカ系で追釣していく。接近戦だ、佐島各船(つね丸さんもやってきた)、長井船、最後の頃は小網代船もいたな。ここがこの日のハイライトだった。
近くにいた仕立船の方は、どうやら慣れない(初挑戦かも)方ばかりのようで船長さんもヤキモキしているみたいだな。どうも直ブラ仕掛けでやっているせいかもしれないな。

私的に思うんだが、雑誌では直ブラをしきりに勧めているけれども、イカ釣り自体初めてとか、沖釣り数回目で挑戦って言う人には、直ブラが良いって言うのはどうだろうと思う。釣れてくるイカのサイズがコレだけ小さいと、まずイカの乗り自体が解んないんじゃないのかと。スッテを抱いた時に出るアタリも小さいし解らないかも知れないんだよなあ。直結に比べればバレ難い直ブラだけれども、それでもブランコに比べるとバレ易い様な気がするんだよなあ・・・。
ブランコ仕掛けは扱いが大変って聞くけど、スッテの数を3~4本くらいに減らせばそんなこと無いと思う。3本ツノ仕掛けは、以前ヤマ○○で作ってたと思うんだけど、最近見ないが生産中止なのかな?あれだったらそんなに扱いに苦労しないと思うのだけどねえ。
ツノ数減らせば手前マツリも減る→仕掛けを海中に入れて置く時間が長くなる→イカとのコンタクト回数が増える→ツノ数が少ないから取り込みも楽→手返し良く再投入 って感じの良い流れになると思うんだよね。まあ使う人がコレを使うって決めることだから、ブランコが絶対に良いとは言えないんだけどね。たいして見ている人のいないこのブログだけども、参考までにと言う事で。
あとイカの乗りがわかんない人だとブランコでも同じじゃない?って思うかも知れないけれども、それは(なんか変な感じがしたら一回上げてチェックしてみたら良い)ですむと思う。結果的に乗っていればOKだし、ダメでも巻き落とし効果を得られるしね。


20120520-08
へっぽこのノーガキはこの辺で実釣の話に戻ると、最後の流しの前にどうにか大人(20)越えして21杯に上積みできた。丹○さんも同数、何時の間にやら追いついちゃった。
最後の流しも連荘で2杯捕った所で「上がっていきます」のアナウンスだった。
20120520-09

20120520-10
この日の釣果は23杯(ムギ1杯含む)だった。

20120520-11
船中釣果は3~23杯。前日に比べるとカナリ良かった。周りで釣っていた他船の釣果を見ると結構どの船も苦労した様でトップ1ケタ~10杯台の船が多い。スソが0の船も多数だった。良かったな、船長アリガトー(^^)
しっかし昼頃スッテの傾向があんなに変わるとは、良い経験になったな。益々イカがわからなくなったが(爆)

さてこの日の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:5 (スッテ選択が上手くハマッタと思う)
釣果:5 (当日の周りの船の釣果をみるとイイと思う)
釣全般:3 (もう少し触りの回数に近い数掛けられないものか)
料理:4 (丸煮も旨かった)
総合:22/25 (スッテの傾向の変化・・・良い勉強だったな)

まだまだ今シーズンのマルイカは続く・・・次もマルイカの可能性90%(核爆)