夜勤続き&釣行可能日がシケだったりする今日この頃。来たるべきその日に備えて仕掛け作りに精を出している。
イカ釣りにおいては
Kenさんを初め色々な名手の方が独自のスッテチェーンを施している。ブッキーな私だがそろそろ手を出してみよう・・・イカオヤヂへの道第一弾として(笑)

この記事でのチューニングはこんな感じ。上が市販状態
ツノチューニング-01


この写真で何やっているか判った方は、『コイツ何やってるかな~アホだね』とつぶやきつつ、このウィンドウ(タブ)を閉じて他のブログ見に行ってくれい




判らなかった方へのネタバラシは・・・


『続きを読む』をクリックしてくれたまえヤ○トの諸君  byデ○ラー総統















ツノチューニング-02
ここに注目すると・・・カンナを交換しているのだ
結構、イヤ相当地味~だな

ちなみにヤリイカ用の11センチのプラヅノも交換している。実際に前回釣行時のプラヅノはこのチューニング済みのプラヅノで釣っていた。写真下側のヤツね
ツノチューニング-03

ツノチューニング-04

で交換方法なのだけども、検索しても餌木のカンナ交換はでてくるけどプラヅノ(スッテ)のカンナ交換は見つからないんで備忘録代わりに書いておくことにしよう。いつもの事だけども、あくまでコレは私自身のやり方なので、マネするのは自由だが自己責任でマネしましょう。トラブルは自分で解決しましょう。

で材料・道具は

ツノチューニング-05
交換用のイカヅノ・カンナ針・針巻き用冶具・巻きつけ用糸・針曲げ冶具・・・あとはハサミとカッターナイフがあればOK。両面テープなんかがあっても楽かもね。
ちなみに針巻き冶具・針曲げ冶具・カンナ針は長井のカヤマ釣具店で購入。糸は近所のダ○ソーで買った安物

手順①
古いカンナを外す。カンナを巻いてある糸にカッターの刃をあてると簡単に外れる。
ツノチューニング-06

手順②
カンナ針巻き用冶具にカンナを刺し込み巻きつけ用糸をテンションを掛けながら巻いていく。糸の止め方は富士工業のロッドビルディングのガイドの巻き方を参考にしている。ただガイド巻きとは違って糸端が飛び出ても実用上問題無いので糸端は気にしていない。
ツノチューニング-07

手順③
針巻き冶具から取り出すとこんな感じ
ツノチューニング-08

で針曲げ冶具を使い1本カンナを曲げる。冶具を奥まで入れ、結構きつめの角度で曲げる。

ツノチューニング-09


ツノチューニング-10

手順④
曲げた針の対面側も同じように曲げる。
ツノチューニング-11

手順⑤
手順③~④を繰返す。この時カンナが等間隔になるイメージを持って曲げると後の修正が楽になる
ツノチューニング-12

で完成。
手順②の所でイカヅノのカンナを巻く部分に両面テープでカンナと仮固定してから縛るのもいいね。あと糸の太さはK名人いわく『細い方が良い』、カヤマ釣具店の女将さんは『そうねえ。その太さなら4~5号くらいでイイかもね』だったので間を取って3号にした。巻く糸はナイロンがイイってのはお二方同じ見解。安いナイロン糸は伸びが大きい(=縮みも大きい)のでカンナを巻くと絞れるからあえてダ○ソーのナイロンラインを選択。ボビン巻の糸でもいいかもね。

フロロでカンナを固定し、糸を巻いた部分に瞬間接着剤を垂らせば良いんじゃない?って思うかもしれないけども、あくまでカンナは、ボディー・巻糸との摩擦力で固定されているので巻糸の縮み(摩擦力UP)を阻害することになるので止めといた方が良いかな。多分抜けるよ。

なんで巻糸が縮むと摩擦力がUPするかだって?ためしに自分の掌をテーブルの上に乗せて滑らせてみて。簡単に滑るでしょう。次に掌をテーブルの上に乗せ、テーブルを押しながら滑らせてみて。さっきより大きな力を入れないと滑らないのが体感的にわかると思う。巻糸が縮む(=テーブルを押す)、カンナの滑り(掌が滑りにくい)と置き換えても同じことなのだ。高校の物理の教科書にも書いてあったような記憶が・・・ウン十年前なのでうろ覚えだが(爆) まあつまりそう言う事だ。ライトタックルで先糸を結ぶ摩擦系ノットも基本原理は同じだな。

とまあ無い頭をひねり出して理論的(?)なことを書いたせいで頭がオーバーヒート気味(爆)なのだが、以前の釣行時にダ○ワのMDスティックは乗りがいいけどカンナが弱い気がしていたので14センチの角に使われている0.7ミリのカンナに交換して実際に前回釣行で使ってみた。

以前喜平治丸の大船長から「カンナが錆びたり、黒くなったらイカは乗らないよ。プラヅノの傷を気にするのも大事だけれどカンナにも気を使いなさい。魚釣りの鈎と同じだよ」って教えてもらったし、同様のことをK名人やカヤマ釣具店の女将さんからも教えてもらった。実際自分でも経験したしね。
最近長井の近くに行く用事があったのでマルイカスッテ用に0.6ミリの冶具を買おうとしたら。ナント6本立てしかないって!なぬ~!
ツノチューニング-13

まあ某メーカーの今年の新作スッテは6本立て(0.5ミリだけど)なので流行先取りだと思うことにしよう。でマルイカ釣りで好きなおっぱいも交換してみた。
ツノチューニング-14

好きなおっぱいって・・・なんかビミョーな表現だな。リアルの方は当然好きです。ああなんか余計におかしくなっている気が(爆)イカって・・・エロい
少しはイカオヤヂに近づけただろうかな?重量バランスが変わったのでより誘いが効くと思うんだが・・・バランスが悪くなって釣れなくなったりして
さて勤労中年はもう少し頑張って働くとしますか