体調も良くなってくると、釣りに行きたくてしょうがなくなるのがこの病気
この週末は他にも色々有ったのだが、どうにか釣りに行けることになった。チョットと言うよりカナリ気になっていた長井からのカワハギ釣行に14日は行ってきた。

淵野辺さんや、ソノマさんの記事を初め、いろいろ下調べすると、エサの消費量が半端ないみたいだった。前々日に殻付アサリを2キロほど調達し、前日に剥き、軽く塩締めして冷蔵庫へ、ガチガチの塩漬け(殻付2キロ分)もあるので大丈夫かな。

早めに動くつもりが起きて見たら大寝坊、とはいえ何とか出船30分前には着けそうなので早々に準備して出発。朝なのでそれほど交通量も多くなく6時20分には現地に到着した。

20131014-01

長井への釣行は2回目となる。今回乗る船ではないのだが、以前のイカ釣り釣行時に乗った某船、当時はまあ初心者だったのだが、船宿で錘・仕掛け一式を購入(当時は竿とリールだけ持って船に乗っていた。)後、船頭にその旨を伝えると、「なんだ初心者かよ!」と先制パンチ。
更に道具を見るなり「そんな道具じゃますます釣れない!なんてたってここは長井だからよ~!」(某港の船頭さんには「これならずっと使えるから大事に使いなよ!」って太鼓判押してくれたのに)。更に、実釣中オマツリした時に、オマツリ相手の常連さんに「枝切っちゃえ!早く回るんだから!」で私の仕掛けの枝素ブチブチ。釣果も散々だったのでその後3年ほどイカ釣り自体が大嫌いになった。船宿HPには「初心者大歓迎!親切丁寧に教えます!」って書いてあったけど大ウソつきだねあの船は!。

その後海楽園で偶々スルメイカをやってイカ釣りに興味が出て、更に剣崎船でオマツリ解きを初めとしたイカ釣り作法を色々教えて貰い、こちらのページも見て理解した。あの時は初心者だからどうせ解らないだろうと、他の常連に釣らせる為に色々やってくれたんだってね(怒)

まあそんなことが有ったせいで、長井船自体に乗る気は全くなかった。だって看板のイカ釣りは剣崎他の港から良い船たくさん出ているしね。他の長井船が悪いって訳でないのは頭では判るんだけれども、なんか行く気になれなかったのが正直な気持ちだった。
今回長井に行くことに決めたのは、淵野辺さんたちの記事からってのも有るけど、今シーズン初戦の帰港時にY船長と話したこともあって、行くことに決めた。半日船もあるようだが、どうせなら1日船でって思ったので、光三丸さんに行ってみた。
ここの船長さん、なかなかビジュアルはパンチが効いている(笑)けど、すごく丁寧かつ判り易い喋り方で第一印象は好感触、実釣時もイカ船頭らしく水深のアナウンスも有って良かった。以前に乗ったのがこの船だったら・・・と思うと益々あの某船ムカつく・・・

ああなんか愚痴ばかり記事になってしまったので、実釣本編は次記事にすることにしよう。