え~と更新サボっていた間の撃沈記録の始まりはじまり



見たくないよね・・・

それでも見たいなら・・・
まずは5月2日 南房総白浜沖にて一発大鯛狙い(釣友Tとの釣行)
20140502 (1)

朝一発目に船長推定8キロオーバーが来たんだけれども、走り出したらもう止まらない・止まらない。
40m近くラインを引き出されて根ズレでOUT!
20140502 (2)

すぐに隣のお客さんも当てたけど道糸のPEがプッチン!
20140502 (3)

あとで船長からきつ~い一言『朝ハリス5号でねって言ったでしょ。(私)でも4号じゃキツイって、ほかのお客には6号以上でって言ってるんだから。もう頼むよ~(-.-)』

20140502 (4)
結局一日でアタリはそれ一回。保険のイサキも厳しかった。(15匹ほど)
Tはアタリなし。イサキも何とかツ抜けたのが精一杯。

20140502 (5)
ああやっちまったな・・・O| ̄|_

5月4日は家族で潮干狩り、潮廻り的にチト厳しそうだったのだけれども行ってみた。
数は出なかった。大きさはナカナカ
まだまだチャンスはあるのでこれからに期待だな。

次の釣行は5月6日 佐島海楽園からムギイカ。

20140506 (1)

20140506 (2)

20140506 (3)

20140506 (4)
典型的な前日はよかったんだけど・・・ってパターンにハマってしまい、マル・ムギ合計で17敗(トップは久々にお会いした中○名人31杯・2番手丹○さん30杯)

20140506 (5)

またやっちまったな・・・O| ̄|_

5月11日。釣友Tとの釣行。Tは剣崎船に行きたいって言っていたが・・・

20140511 (1)
思うところがあって、昨年のカワハギ以来となる長井船に乗ることにした。乗った船はカワハギの時と同じ光三丸。船長は当然パンチの利いたあの船長!(^^)
でもHPに書いてある通り、喋ると見た目と全然違うのでぜひ声を掛けてみてね。
LTの釣りも色々研究しているみたいなので参考になるよ!

20140511 (2)

ハイブリット船なる船で、タックルに合わせた錘を選択してやってねとのことだったので40号錘で城ケ島沖60mダチでスタート。

20140511 (3)

最近の釣果はムギイカメインとのことだったので、オーバーホールから帰ってきた電動リールをマルイカ竿にセット。昨年のムギイカの時おぢいが載せていたスッテで開始するもなんか波に乗れない。周りのペースに全然ついて行けません。しかもやっとの思いで乗せたのはマルイカ???
次もマルイカ・・・一人マルイカばかり掛かってくる。船長さんも不思議そうに『マルイカばっかりだねえ?』

20140511 (4)

ムギも釣れるんだけれどもマルイカのあたりが多い。しかもマイクロだったりするのでなんか掛けられない。船長さんの操船は本職(?)のイカ船だからか判んないけど安心感がある。長い流しが多かったな。
途中で電動リールから手巻きリールに変更したら何とか捕れるようになってきたけど、やっぱりマルイカの割合が多い。

20140511 (5)

20140511 (6)
最終的にマル26敗・ムギ26敗の52敗で終了。トップの方はマル24・ムギ67の91杯だった。
一応2番手(Tは47杯で3番手)。所謂「トップは達人独り勝ち!」だったとさ・・・

今回はムギイカ釣りだったんだけれどもなあ・・・O| ̄|_

5月18日 本当はチビ助連れて潮干狩り第2戦の予定だったのだけれども、風邪気味だったので中止。

20140518 (1)
釣りに行ってもOKとのお達しを大魔神から貰ったのでまたもや長井船(光三丸)でイカ釣り。

20140518 (2)

マルイカのつもりで手巻きタックルで挑んだけれども今度はムギイカ。

20140518 (3)

しかも前回までの鉛筆サイズから太マジックサイズになってきたので2点掛けなら重いね~で済むんだけれども一回だけ4点掛けをしたときはキツかった。
マルイカも釣れるには釣れたのだけれども前回ほどじゃないな~。

20140518 (4)

そういえば剣崎の喜平治丸に藤○名人が乗っていた。目の前でマルイカ4連荘見せられたら堪りません。
藤○さん。船長さんも「あの人上手いね~」って感心して見てましたよ!
力入りすぎて、足・あし・脚・アシのオンパレード(泣)

20140518 (5)

20140518 (6)

結果はマル11敗・ムギ21敗の32敗でした。船長さんの操船に答えきれんかった(泣)

最近のダメダメっぷりに泣きそうです・・・O| ̄|_


役に立つかどうかわからんがこの貧果の中でもマルイカ(ムギイカも)がよく釣れたツノがあります。
ヒント 写真に写っている割合は多いな。