急に思い立ち釣行となった。

釣行を決めたのは前日木曜日の夜。当日はチビ助のお迎えの時間があるので葉山船はNG・・・となると剣崎船か三崎船。あとは長井船か・・・ん!?金曜日って確かブロ友のKenさんの釣行日だったような?
確かKenさんの常宿の成銀丸さんの沖上がりは・・・いいじゃない今の自分のニーズにバッチリ!
8時半ごろKenさんのブログを見に行くと釣行予定はなかったけど、うまくすれば会えるかも
ダメでもマルイカ偏差値の高い船宿さんで勉強になるからいいね!ってことで船宿は決定。
20150508 (1)

久々の松輪は工事が終わったみたいで駐車スペースが以前と同じくらいに多かった。しっかし平日なのにすごい人出だね。
船に乗り込み隣り合わせた方に挨拶しているとKenさんがやってきた。挨拶がてらこの船のことについて伺うとやはり凄腕の操船をする船長さんのようだ。
実はKenさんとはこの時初対面だったのだけれども、第一印象は紳士・ジェントルマンだね。ターゲットとするイカ(魚)対して真摯に向き合う姿勢がブログの文面同様に感じられた。静かなる熱意って感じだな。

今回は席は離れて釣ることになるが、ダメダメっぷりがばれない様頑張って釣ろうっと(;^ω^)
やはり平日だから?なのかな、人気船宿の成銀丸さん。しかも前日激しい数字が出ていた(裾でも22って・・・)のにあの大型船に7名で出船となった。
席は右舷胴の間(3人しかいない・・・)ミヨシの方は同じ竿(予備竿も同じ)だったんでなんか親近感が・・・
左舷はミヨシにKenさんその隣に常連の名手さんたちが並ぶ・・・すごいね。

道具立てには何も変わりなく
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。 
スターティングスッテはの写真捕り忘れちゃった。ハダカ系メインだった。

20150508 (2)

当日は城ケ島沖(東側のエリア)50~60mでの釣りとなった。
一投目からマルイカの触りがありアタリを出せていける。活性が高いのかその流しは5連荘。Kenさんに聞くと「こんな感じで大流しになりますよ」とのこと。マジっすか?

20150508 (3)

20150508 (4)

当日をトータルで見てみると、確かに大流しが多かった。船長さんは群れの芯・群れの流れが入ってくる方向を読み切っているのだろうな・・・。でもこれだと手が合えば捕れるが合わないと悲惨だな・・・。
なるほどマルイカ偏差値が高い理由が乗ってみて初めて分かる。釣り手が考え、実践して結果を出していかないといけないんだな。でもこれはスゴク楽しい、流しながらツノを交換して結果を出したり出来るんだから。自分の今持っている引出しをすべて出して対応していこう・・・。

7時ごろツ抜け

20150508 (5)

20150508 (6)
周りでは剣崎船・長井船(小宮山丸)・三崎船(佐円丸)が来ていた。瀬戸丸さんの左艫にいるのはD社のブロガーの方かな?旋回中に見ていると結構揚げてたな。

20150508 (7)

20150508 (8)

9時半ごろに大人になった。誘いよりアタリを捕ることに集中するのだけれど、イカパンチっていうかツノに果敢にアタックしてくるって感じじゃなかったな。ただツノに興味はあるみたいで触りはある。ここで昔教えてもらった【イカはツノが止まった時に抱き付く】ってキーワードを思い出す。確かこの時もそうだったよな。で、棚を切った後、タタキを入れた後にツノをビタ止めすることにも集中していくと・・・いい感じでアタリを出せるようになってきた。連釣もできいい感じで釣り上げていける。Kenさんの方も直ブラにしてから猛ペースで釣り上げている。左舷側からの殿堂巻き上げ音がよく聞こえる。焦る?イヤイヤ左舷側の方々は自分より高いレベルなんだから当然だろ。となり、逆にいい刺激(イカがいる・手を合わせれば捕れるイカが・・・)となりさらに集中できていく・・・。
 
チョットここから2時間写真も撮らず、ツノ交換と釣りに集中した。
20150508 (9)

20150508 (10)

11時半ごろ40杯。このあたりで瀬戸丸さん・喜平治丸さんと接近戦となったが、向かいの喜平治丸さん、よく乗せるていた方はみんな直ブラ。この時ちょっとアタリが遠くなっていたので直ブラにするかとも思ったが直結で突破口を開こうと考えた。結局は交換したツノ(チビエビ3.5)がハマリ、直ブラの方ほどのペースではないにしろ 数を乗せていけた。
20150508 (11)

最後の流しまでお触りがありポツポツ拾って終了となった。
20150508 (12)

結果はマル46・ムギ5の51杯 船中釣果は23~51杯
Kenさんは前半のバラシに悩まされても48杯だった。
当日乗り合わせたみなさんどうもありがとうございました。>^_^<

20150508 (13)

帰港前、船長さん「いや~昨日より全然悪いわ」だって・・・これだけ触るのにマヂですか(>_<)
う~ん船長さんの操船ほんと凄いな。こりゃあやり込んでいる人には魅力的だわ。だからと言ってビギナーに冷たいってわけでもないと思うよ。船長さん結構船内をよく見ていて皆に結構声かけていたしね。
因みに当日もハダカ系(青系)が個人的には良かった。ただ布巻もコマセツノとして入れておいた方がよかったかもしれない。

船宿の寸評は
 
マルイカ
今日はマルイカ乗合は7人で城ケ島沖に出船し今日も朝からノリノリでスタートしました。水深50Mと幾分浅くなってきたようです。型も大きくムギイカも混じり当たりも取りやすくビギナーでも楽しく一日できました。
トップは  さん、同竿頭   さん、  さん48杯でその他皆さんも平均30杯前後と絶好調でした。
明日も若干の予約を頂いておりますので出船が出来ます。
オモリ50号でお願い致します。

当日同海域で釣っていた他船の結果はこんな感じ
20150508 (14)

さて採点は
準備:4 (仕入れたツノ忘れた・・・)
状況判断:3 (直ブラにするかしないかの判断は難しい)
釣果:5 (十二分です)
釣全般:3 (イカつのの接続は確実に・・・投入で錘無くしました 泣)
料理:5 (相変わらず旨いね)
総合:20/25 (難しい・・・けど面白い)