気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

ヤリイカ・スルメイカ

2月23日 今季初???ヤリイカ釣り

マルイカの模様が全然ダメなので。ノーマルタックル(ここ大事!)のヤリイカ釣りに行ってきた。
20130213-01
船宿は剣崎間口喜平治丸。久々の重量級タックルでの釣りだったので準備が大変。竿にリールをセットし、去年作っておいた仕掛けを引っ張り出し投入器を積み込んで出発。
5時半頃に船宿に着くと先行者18人(汗)
やはり人気あるねえここは・・・
既に2隻出しは決定、後何人か増えたらもう一隻増やすつもりだったみたいだけれど、私の後に1人来ただけで結局20名が10名づつに分かれて乗船した。
今回は若船長の別船の右ミヨシ2番。出船前に親父船長さんから落とし込み釣法のデモンストレーションがあった。この釣り方はブランコだけでなく直結でも使えるので覚えておいて損な事は無いと思う。知りたいなら一度釣行する事をオススメします。
準備しながら若船長に話を聞くと、どうやらスルメは混じる程度らしい。ここでブランコ仕掛けをセットしたのだけれど、後から思うと直結の方が良かったかもしれないがそれは後述。
20130213-02

でこの日のタックルは
竿:リーディングXサソイ 100-150
リール:シーボーグ300
道糸:PE4号(シーボーグ300)
錘:中錘10号 下錘は120号。予備で150号
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸5号、エダス3号)
直結用のタックルは持ち込んでいたが使用せず。

今回は
この記事の時に購入したカラフル針で仕掛けを作成し、使用した。結果的に朝準備した仕掛けで一日通した。
出船後ここ最近好調の城ヶ島沖200mラインで始めるんだけれども乗らない・・・周りの船(剣崎・三崎・長井船)も揚げている姿を見かけない。前日夜の西風のせいかウネリがある。北風も強いので寒いな
20130213-03
10時ごろの時点でスルメ1・ヤリ1敗だった。今年も渋神様は絶好調まいったねえ。
でここで若船長洲崎に向けポイント移動を決断。親父船長は粘るみたいだ。
イイよ若船長、ダメで元々、あたればラッキー。釣れなかったら釣り手が貸し竿だったという事にすればいい(爆)ぐらいの気概で操船してくれい
20130213-04
で洲崎沖に着くと、潮が緩みだし獲れる様になるが、上潮が早く一流し一投なのは参った。お祈り追い乗り目指して釣って行く。若船長いい反応を捕まえたみたいで、他船が何隻かこちらの方に向かってきた。やったね
ここでは宙層指示が多かったので落とし込みに集中して獲って行く。スルメも混じるけどヤリの方が多いな。一回だけ再投入出来た流しがあり、そこで本日最多の4点掛。
20130213-05
この海域には東は浦安船、西は腰越船が2箇所に分かれて船団になっていた。腰越船・葉山船・八景船(写真には写っていないがすぐ傍に鶴見船も居た)と普段なかなかお目にかかれないコラボだね。
最後の流しで1杯獲って終了。若船長が「今日はキツかったです。反応が狭くて(群れが小さいという意味で)足が止まらなくて追いきれなかったです」と言っていたけれど、そんなこと無いってこういう日もあるよ。私にとっては通常運転だが(爆)
「反応が狭くて」って朝の内から言っていた事をもう少し考えるべきだったかもしれないな。指示棚はそれなりに広範囲だったので14センチ直結14本の仕掛けを使い幅広い棚を一気に探るべきだったかと反省
20130213-06

20130213-07
釣果はヤリイカ17杯スルメイカ5杯の計22杯。当船の釣果は6~27。親父船長の方は6~34だった。まあ今回は釣り手が貸し竿だったということで勘弁してくれい若船長
20130213-08
上潮が早かった割にはオマツリ無し。周りの方もベテランだったので釣果も均等だった。当船の半数以上が20杯越えだったとの事。船全体の釣果は結構行っていたと思う。

20130213-10
帰りにヤギタによってマルイカスッテを購入して帰宅。某メーカーの6本立てカンナ細っ!

20130213-09

夕食はヤリイカ刺身・オミヤで貰ったメカブ、茎ワカメ(茹でてマヨネーズをつけると旨い)、写真には写っていないがスルメとこれまたオミヤの大根との煮物にした。
さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (直結仕掛けの投入に踏み切れなかった)
釣果:4 (おかず分としては十二分だし)
釣全般:2 (マダマダだね)
料理:4 (メカブも旨いけど、茎ワカメの旨さに改めて感動)
総合:16/25 (久々の錘120号はシビレタ)

マルイカ復活まで暫らくはヤリイカメインのたまに魚かな・・・マルイカ来ておくれよ~

2月11日 マルイカ釣り・・・じゃなくてヤリイカ釣り(葉山発)

巷じゃ三連休だったりするが、貧乏暇なしの私は休みは10日の日曜のみ。しかも日曜の朝帰宅したのが9時だったので、当然釣りに行けるわけがない・・・。で11日強行軍で釣行した。釣りの後仕事だが気合でナントカスルノダ(笑)

20130211-01

佐島船は休みだったので、葉山船に乗ることにした。船宿は愛正丸、ココは初めて乗る船だ。マルイカ船と言う事になっているが、現状はライトタックルでのヤリイカ船なのは事前釣果から判っていたので、今回は直結の取り込み練習だと思い乗ることにした。港についてカメラを忘れたことに気づく。と言うわけで今回は酷い画質の携帯画像になってしまった。
結構お客さんの入りが良く、左舷5名・右舷6名での出船になった。今回の席は左舷ミヨシ2番。

出船前に船長さんに「道糸細いんで錘軽くしてもイイですか?」と聞くと「オマツリしない範囲でどうぞ」との事だったので今回は60号で行く事にした。
さてこの日はリーディングマルイカにプラス保険としてリーディングXサソイ(ブランコ仕掛け用)も一応持ち込んだ。結局リーディングマルイカで1日通したけどね。

竿、リール、道糸:リーディングマルイカ MH155 + シーボーグ 150S(PE1号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット)
           リーディングXサソイ 60-180 + シーボーグ 300(PE4号) 
錘:60号を使用 50・80・100・120号は準備していた
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け  プラヅノ11cm+ウキスッテ 6本
    幹糸6号 枝糸4号 プラヅノ11cm+ウキスッテ7cm 7~8本ブランコ式

20130211-02

開始時はスッテ3本・プラヅノ3本の直結で開始、最終的にはプラヅノ5本・スッテ1本になった。

20130211-03

出港後、三戸輪沖で探索するも投入合図なく、城ケ島西沖での釣りとなった。結構ウネリがキツイ。直結取り込み修行にはもってこいだ・・・でも大丈夫か(汗)

20130211-04

前半戦はとにかく渋い・・・開始2時間半の時点で2敗船内では右舷側でポツポツ揚がっているみたいだが左舷側にはイカからの応答が全くない。厳しいね。船長さんも「イカの足が速い。チョット厳しいなあ」だって。

20130211-05

流れが変わりだしたのは11時頃、着乗り~追い乗りで3杯掛け、再投入も間に合い稼いでいく。ハモノの動きも活発だったようで五エム丸さんで真鯛が取り込まれる。当船でも4キロの真鯛が取り込まれた。

その後も1流し1回だがポツポツ釣れるけど、潮周りが長く投入回数が稼げない。地味~に拾って終了となった。一日を通してみるとブランコ仕掛けで多点掛けを狙うのが正解の一日だったな。まあ初めっから直結修行と決めていたので悔いはなし。取り込みでのバラシもゼロだったのは自分を褒めてあげよう・・・・・・・・・ツノ数が少なかったからって事には目を瞑って(爆)

20130211-06

でこの日の釣果はヤリイカ17杯。サイズは平均していいサイズだったのでアタリは明快だった。船中釣果は3~17杯。

船宿寸評はこんな感じ

ライトタックル ヤリ・マルイカ≪ヤリイカ3~17匹 25~45cmでやはり日中から乗りが良くなりましたが数伸びず!! イカの泳がせで4kgのマダイゲット他1,5kgのマトウダイも・・・≫
今日は城ヶ島西沖100mに出船し昨日よりは反応が見られ上手い具合に行くと
8割がた巻く様な流しもありました。

毎日同じ様な所を狙っていますが反応が多かったり少なかったり毎日沖に出てみないと
わからないっす・・・

ここの所たまにハモノ狙いをやっていましたがやっと4kgのマダイが釣れお客さんも
大喜びでホント良かったっす・・・

他船でも食わしていたのでハモノ狙いも楽しそうでございます。
ハモノ好きの方々是非どうぞ!!



さてこの日の採点は
準備:3 (カメラだけじゃなく手袋まで忘れてしまった
状況判断:4 (プラヅノに変更したのは○)
釣果:5 (現状ではこんなもんでしょう)
釣全般:4 (この海況の中バラさずに取り込めた事はチョットは上達できたかな)
料理:5 (まだ身が厚いので食べごろだな)
総合:21/25 (ライトタックルでのヤリイカ釣り。釣果を求めるのであれば・・・だけれども釣り自体は楽しいね。晩のおかずぐらいは充分だし。マルイカ上向くまでは練習がてら行くことにしよう)

20130211-07
久々に釣具屋に行ったのでフィッシングフェスティバルの前売り券を買い、ついでに2013年の総合カタログを貰ってきた。暇な時にでも読むとしよう。

さ~てお仕事頑張りますか

夏休みの撃沈釣行!?(2本立 前編)

ああ夏休み・・・終わっちゃった(泣)
今年は不完全燃焼(?)の夏休みだったかも・・・
ということで夏休みの釣行2本立ての第一弾は、今年も行ってきましたスルメパラダイス御前崎!今年は束釣り目指してタックルから見直して意気揚揚だったのだけれども・・・。まあ知っている人は知っているだろうけど今年は全然ダメダメな御前崎。焼津のイカ専門船は石廊崎沖まで出張って何とかやっている状況らしい・・・。
船長に予約入れた時も「全然釣れないよ、ボ○ズ出るし。保険で鬼カサゴやろうよ・・・」てな具合だった。まあ撃沈釣行はいつもの事なので「撃沈全然問題ないです。スルメメインで行きましょう」と連絡しいつものTと出発。彼も前回のイカ釣りでスルメのパワーに翻弄され4000番のリールを新調していた。
今回も前回と同じ船宿で4時に出船。浜松から来られた常連さんが加わり3人で出船した。
この日のタックルは以下の通り
20120813-01
イカ用
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:電動丸4000ビーストマスター
道糸:PE6号
錘:中錘30号
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ18センチ直結18本

鬼用
竿:リーディングX サソイ 100-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:下錘は150号を使用。
仕掛:天秤吹流し式3本針 幹糸10号 ハリス8号 ムツ針18号使用

航行中に常連さんのタックルを除くとシマノの新しい電動(フォースマスター)が2本竿共にセットされていたので使い心地を聞くと、「あれダメダメ、初期不良もいいところ」とのこと。詳しく聞くと、液晶パネルの防水が甘いのか曇りまくるそうだ。釣具店に修理依頼した時にメーカーから貸してもらった別のリール(2本目の竿にセットされていた)もおんなじ症状だそうだ。あとで曇ったのを見せてもらったけど、確かにあれじゃ何にも見えない。ネットで調べると、どうやら回収かかっているみたいだな。う~ん新製品はこれがあるから怖い。
常連さんも直結仕掛けで行くみたいだけどツノの配色を見てびっくり!ピンクとケイムラのみの仕掛けだった。聞くと愛知・三重の方では結構メジャーな仕掛けだそうだ。ところ変われば・・・って奴か、これだから遠征は面白い。同じターゲットを狙うのでも仕掛けが色々。自分の知識が増える・・・ついでにウデが上がればなお良いのだけれども(爆)
常連さんは10本でいくみたいで、私が18本だというとギョッとしていた。まあ下手な鉄砲数撃ちゃ・・・なのだけれどもね(笑)
操舵室で先行している職漁船の無線を聞いていると唖然とした。船中3杯って・・・(汗)
船長さんと「今日は船中6杯つれれば御の字だな・・・」って話したけどまさかここまで模様が悪いとは・・・これは一杯を大事に行くしかないな。
20120813-02
実釣は180mラインで開始、落とし込みの触りはなく着底。「たぶん底付近で乗ると思うけど・・・」のアナウンスに従い、マルイカの釣り方で釣っていると触りが有り何とか一投目から乗せることができた。この時Tは3杯掛け、常連さんは2杯掛けで早々に船の目標はクリア。ウン何とかなるのかな?
2流し目も同じような棚指示だった。マルイカの引っ掛けをイメージして1杯目を乗せ電動シャクリでお祈り追い乗りを狙うと付いた。とはいえ抱きが悪いのか海面でポロポロ。6杯掛けて3杯しか取れない体たらくだった。
群れが小さいので2回目の投入は間に合わない。
次の流しでは何とか追い乗りに成功し6杯掛け(これが船中最多点掛けだった)に成功。リールは流石のパワーだな。全然負荷が掛かっている感じがなく巻き上げていく。これなら10杯掛オーバーも私の腕次第だな(苦笑)

20120813-03
とそこまででおしまい、その後はな~んにも触らん。っていうかイカがいる気がしない。T・常連さん・船長と相談して開始9時頃でスルメ釣りをあきらめ鬼カサゴ釣りにバトンタッチした。
ここでカメラの電池切れ。鬼カサゴ釣りは1投目で1.5キロサイズを掛けたのだが、巻き上げ中にリールが急停止。復帰を試みたがダメで手巻きで100m以上巻き上げ海面でタモ入れ寸前でハリ穴が広がっていたのかバラシテしまった。またもかメガツイン・・・ここの所ノートラブルだっただけに落ち込んだ(泣)
20120813-04
その後バッテリーを変えたり、船電源につないでみたが復帰できず、イカ竿での釣りを続行するのだけれども、竿が先調子過ぎて、アタリを弾きまくる。
常連さんはムーチング系の竿で置き竿にしているが仕掛けが安定しているので釣りあげていく。がここで凄かったのはTだった。あいつ船酔いしてろくすっぽ竿を動かしていないのにアタリまくり。沖メバル・ハチカサゴ・鬼カサゴを連釣していく。フラットな平根だからってのもあるが、マジでツキまくり。最後のころになってどうにか誘い~送り込みの動作をイカ竿に合わせることができるようになり連釣できるようになった。常連さんから「あなた方上手だね~」って言われた時はちと嬉しかった。
結局この日の釣果はスルメイカ10杯・鬼カサゴ5匹(500g~キロ未満ばかり)・ハチカサゴ2匹で終了(写真撮り忘れ)
どうにかこうにかだった。これはリベンジしないといかんなあ・・・

というのが第一弾の撃沈釣行。えっ終わってみればそうでもないんじゃないかと思われるけどこの船の鬼の釣果はこんなもんじゃないのだな(汗)トップでツぬけは普通だしね。

さてこの日の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:3 (?????)
釣果:3 (まあこんなもんか)
釣全般:3 (まさかここまでダメダメだったとは・・・)
料理:3 (夏場のオニも旨いね)
総合:17/25 (燃える釣りにならね~)

長くなりそうなので第2弾につづく

2月26日 今日は・・・

今日はヤリ・スルメイカ釣りに行く為に4時半ごろ家を出発。いつもの剣崎に向かったのだけれども・・・























ええそうです。今日はお休みだった事を知らなかった。
ネットで事前に調べればすぐ判るのにね(爆)
ウマシカなオイラは現地に着いた時点で異変に気がついた。何せ待合所に電気がついていない・・・慌てて携帯でHPを見ると休みだって・・・。
でもそれぐらいではめげないオイラは隣の江奈の船に行けばいいんだと車を走らせると・・・














ええそうですこっちもお休み。待合所は真っ暗でした。どおりでここまでの道が空いているわけだ・・・。

この時点で時計は5時40分を指していた。
さてどうしようかとしばし頭を悩む。
1 とっとと家に帰って寝て曜日にする。
2 今から間に合う港(長井・三崎)の船に乗ってスルメ・ヤリイカ釣りをする。

普通に考えれば2だよね。こないだ行った船も出ているし。まあ1も有りかな。

しか~しウマシカなオイラはその時どちらも選択しなかった。おいらの選択は

3 家に帰って準備し直して他の釣り物に行く。しかも午後船ではなく通常船。

っていう今考えてもありえねえ、というか右斜め上な選択をしていた。しかもそのことに対して一切疑問を持たずに車を家に向ける。さて釣り物は・・・

チト疲れたので残りは後日ということで・・・

後編に続く・・・

2月19日のイカ釣り・・・一人蚊帳の外

さて先日のイカ釣りについて記すことにしよう。
20120219-01
19日はイカ釣りに行った。まあタイトルから推測できると思うが、あくまでもイカ釣り(ここ大事テストに出るよ・・・笑)なのだ。
20120219-02
船宿はいつもの剣崎間口港喜平治丸。5時半ごろに到着したが先行者は11人その後どんどんお客さんが来て2隻出しになり、本船(8号船)の左ミヨシに釣座を構えた。本船の右艫に前回も同船した常連の名人(お二人)が入っている。スゲー釣るんだろうな・・・
20120219-03
本日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘10号(ブランコ仕掛け) 中錘30号(直結)
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸6号、エダス4号)
        18センチ6本+14センチ6本 直結式(幹糸14号)
で開始時は竿はイカシャクリ・直結仕掛けで開始した。
20120219-04
洲崎沖のポイントで開始するが・・・ありゃ乗らね~。隣の方は普通に3点掛けとかしているのに、ナゼかオイラだけ蚊帳の外だった。う~ん何が悪いんだ(焦)
しかも落とし込みでイカの触りがあり、引っ掛けようとするも、ナゼかスカッ・・・え~どうなってんの???
20120219-05
ぽつ~りぽつ~りとどうにかスルメイカ(ヤリイカは1杯だけ)を乗せていく。が廻りの方のペースに付いて行けない。
20120219-06
う~んひょっとしてツノの配色、それともツノ自体のせいなのか?
今使っているツノって確かもう何回も再利用しているやつだな・・・試しにこれも再利用しているツノだけれども替えてみると、少しは乗るようだ。でもそれだけでは無いな。どうやら配色が嫌われているみたいな感じだ。
20120219-07
その後11センチブランコ仕掛けに替えてみると廻りのペースと同等以上に乗るのだが、スルメばかり乗ってくる。う~ん前回のイメージが強くヤリイカが出ると思いブランコで釣っているけどここは予備の14センチ直結を出しても良かったかもしれないな・・・
20120219-08
結局、個人的には何一つ盛り上がりの無いまま終了となった。
20120219-09
この日の釣果はスルメ25杯、ヤリ1杯の26杯で終了。本日の最多点掛けは5杯掛けで後は単発ばかりだった。件の名人がヤハリと言うか当然の結果で62杯だった。名人の半分も行かなかった・・・。名人と沖上がり後少し話したが「ツノが嫌われたね。前回の私と同じだよ」って言って貰えたけど、そこからのリカバリーが全然ダメだったな。
まあ晩のおかず釣りとしては充分すぎるんだけどね。でもこの状況ならもう少し上積みできるようにならないとダメなんだよなあ・・・(泣)
さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (ツノの選択・・・完全にミスだ!)
釣果:2 (おかず釣りとしては良いが・・・)
釣全般:1 (ツノの再利用はほどほどにしないと)
料理:3 (イカ刺し・・・涙の味がした 笑)
総合:11/25 (イカ釣りもマダマダ修行が足りないな)

20120219-10
で帰りにヤギタでヤリイカ用の11センチカラフル針と18・14センチのピカピカ針(不足カラーの分)を仕入れてきたので結びなおそうっと。これでダメなら次は糸を替えてみるとすんべ・・・
えっ、ウデが悪いのは想定内だ。こればっかりは替えが利かないのが最大の問題だが(爆)

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ