気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

ワラサ・イナダ

9月17日佐島発鯛五目という名のワラサリベンジ戦・・・完敗

金曜日の夜勤上がりに今度こそはワラサリベンジだと心に誓い出発。

さてまずは剣崎に連絡すると「満員。ゴメン」。う~ん久里浜は金曜日大爆発しているから今日は・・・
ここで釣りに行くのを止めりゃ~いいのにウマシカなオイラは佐島船でのリベンジに行った。

船宿で受付しようとするとソノマさんに遭遇。暫らくすると海賊船のバンバンさんも来た。カワハギ船は結局10人、おいらの乗る鯛五目船は3人で出船。Y船長「剣崎に行く」との事なのでワラサ道具をセット

20110917-01

タックルは前回と同じなので省略。(釣り座は右舷ミヨシ)

20110917-02

剣崎沖は相変わらず大船団。当船もその中に加わるんだけど・・・

当たらない・・・

20110917-03

ウネリがきつい・・・まっ置き竿だからいいけど

松輪船はとっとと久里浜へ向かってるし・・・

20110917-04

隣の2船が順番に当たるけど、こっちにはスカだし・・・

結局一日やって船中アタリ1回ってモロコ釣りか!ってな状況だった。
今日の釣果は

no title

気にするわ(泣)

帰港後、宿になぜかいたK名人たちとお話して帰った。まさか家の近くで火事(?)の為の交通規制で大渋滞だったのは想定外。って言うか上手く行かない時はこんなもんだな(泣)

20110917-05

悔しかったんでマルソウダを3本ほどキープして、家でシー○キンを作ってサラダ、ツナトーストにして喰ったけどバカウマ。コレだけが救いか・・・

本日の評価は0点(何から手をつければいいのやら)

ああマジでコマセ釣りのウデが落ちてるんじゃないかと思うこの頃・・・

9月10日 鯛五目釣行  佐島発 釣れねーわHAHAHA

10日の釣行はタイ五目釣行にした。船宿は佐島海楽園から。
松輪か久里浜船からのワラサもグッと来たのだけれども今回は五目で←ここ大事もう一度言うけど五目釣りがしたいんで佐島船にした。
でも本当は青物メインだったのはここだけのヒミツだ(笑)

20110910-01

家を出発しようとすると携帯に着信。誰だこんな時間に?ありゃTだ。電話に出ると「今日どうする?」。海楽園からコマセで出ると伝えると「席取っといてください」。あいつ昨日頭痛いって行ってたけど大丈夫か?

そんなに急いだつもりが無いんだけど船宿到着はなぜか一番乗り。今日は艫有利だなとは思っていたけど敢えてミヨシの席札をとった。アホだね俺、この時素直に艫の札とって置けばよかったのに・・・
ライト五目船は当然艫から埋まってたよ。

朝飯を食いしばし待っているとTが来た。今日はカワハギ船は2隻出しか・・・この間家にコレ↓が来たけどまだカワハギモードじゃないんだよな・・・
DKO


暫くのんびりしていると久々にM.hayaさんに遭遇。今日は一人でライト船に乗船との事。お友達はカワハギ船の乗るらしい・・・。
M.hayaさんの竿に電動丸400Cが竿にセットされてたけど、あれいいよな。K名人も私も使っている150サイズより良いっていっていたしなあ・・・。

20110910-02

船は定刻より15分ほど早く出航。剣崎を目指すようだ。因みに右舷3人・左舷は2人。席は左舷ミヨシだった。(Tは右舷ミヨシ)
まずはワラサ竿に8号ハリスをセット。

本日のタックル
竿:ワラサ用 海攻ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
 マダイ兼用 海攻マダイ Ⅰ M-270(前のモデル)
リール:レオブリッツ500MT(道糸PE5号)
     シーボーグ500e(予備機)(道糸PE6号)
  錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100号を準備 (船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.8ミリ
 ハリス6~8号4ヒロ 針ヒラマサ12号 枝針無しの1本針仕掛け。(ワラサ用)
 ハリス4号4ヒロ 針マダイ9~10号 枝針有りの1~2本針仕掛け。(マダイ兼用)
 
20110910-03

剣崎沖は大船団だけれどもあんまりやり取りしてないんだよな・・・

まずは40mダチからスタート・・・当たらない。コマセを打ち変えていくと右舷胴の間のお客さんにヒット。3キロ級が上がり次はこっちだと誘うんだけども・・・何にもアタリ無し。このお客さんこの後もう一本とって今日の竿頭になった。

20110910-04

9時ごろまでやったけど結局船中三本(もう一本は右艫のお客さん)だけで終了・・・Y船長から「タイの仕掛けに変更してください」とのことで城ヶ島沖に向かう。
棚探りも広範囲で探ったし、仕掛けも8→6→4号と変更したし、結構いろいろやったんだけどなあ・・・当たらなかった。う~ん終わったな。
城ヶ島沖で狙うけど・・・何にも当たらない・・・エサ取りすらないのは結構キツイわ(泣)
どうにかアジを2匹ゲットした所でY船長から「この近くで○○○が上がっているみたいなんで走ります」とのアナウンス。

20110910-05

来た来た来た~。でも仕掛けがない・・・一番太仕掛けでも10号じゃヤバくないか。まあ掛かってから考えるとしよう。そんな事はまったくの杞憂に終わるんだけれどもね。

20110910-0620110910-07

現地ではこんなところで葉山船~茅ヶ崎船が追っかけまわしていた。当船も合流して攻めるけどヤツの足が速くてあたらねえ・・・船中一回当たったけどサルカン破壊で終了・・・
船は荒崎沖に向かう。あ~あ今日はPOD(パーフェクト オデコ)はなかったけどコレじゃ大して変わらない。
荒崎沖でタイ狙いになるけど、潮が艫側への潮なのでミヨシ側は何にもアタリ無し。一日中変わらんかった。(泣)

残り10分最後の流し、「この流しで上がって行きますから」のアナウンス。やれやれおわりか・・・まあ最後まで誘いは入れとくとしよう。

20110910-08

この写真を撮った後・・・





誘いをいれ更に落とし込みをしていくと・・・竿先がクンッ・・・最後で来たよ(笑)
でも引かねーな。何とか小さいけれども真鯛を釣上げた所で終了のアナウンス。

20110910-1020110910-11

しかし参ったなこりゃ。いろいろ反省点も有るけどこのままじゃ終われない。リベンジだリベンジ(爆)
本日の釣果は真鯛1枚・アジ2匹だった。Tはアジ2匹で終了。

20110910-13

夕食はアジ・真鯛の刺身、タイのカマの塩焼き、アジのアラで味噌汁にした。
旨いんだけどもしょっぺえ・・・涙の味がする(笑)

本日の自己採点(各5点中)
準備:3 (今後はヤツ用の太仕掛けを忍ばせておくことにしよう)
状況判断:2 (う~んなんだかなあ)
釣果:0 (殆どDだしね)
釣全般:4 (最後まで誘い続けたのは合格かな)
料理:1 (涙の味がした・・・)
総合:10/25 (このままじゃカワハギモードに入れないぞ)

次回は青物に決めた・・・たぶん(笑)


続きを読む

9月11日 佐島発ワラサ釣行・・・まあこんなものかな

金曜日の脳内イメージ通り本日9月11日はワラサ釣行にした。
あとで行っておけば良かった・・・なんて後悔したくないしね(苦笑)
まあ相手が青物だけにボウズの文字は常に着いて回るが、それは覚悟の上さ・・・

20100911-01
船宿は先週と同じ佐島海楽園
朝4時半に到着。
青物釣りの朝は早いのだ(笑)
すいているだろうと思っていたら。既に左右の大艫は取られていた。(早っ!)


後から来るいつもの釣友Tの分と合わせて両ミヨシの札を取った。
その10分後更にお客さんが来た・・・う~んギリギリだったな。
カワハギ船には○中さんが乗るようでしばし歓談。


20100911-02
釣座は左舷ミヨシ。Tは右舷ミヨシ
最終的に左舷3人・右舷4人の合計7人で出船。
先週より多いな・・・
船は一路城ヶ島沖を目指す。



出船前にワラサ釣り初めてのTの仕掛け・ドラグ調整を確認。
取敢えずハリス8号、針ヒラマサ13号で始めるようアドバイスした。

本日のタックル
竿:ワラサ用 海攻ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
 マダイ兼用 海攻マダイ Ⅰ M-270(前のモデル)
リール:シーボーグ500e(ワラサ用竿にセット)(道糸PE6号)
     シーボーグ300(マダイ兼用にセット)(道糸PE4号)
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100号を準備 (船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.5ミリ
 ハリス6~8号4ヒロ 針ヒラマサ12号 枝針無しの1本針仕掛け。(ワラサ用)
 ハリス4号4ヒロ 針マダイ9~10号 枝針有りの1~2本針仕掛け。(マダイ兼用)
 
船宿推奨はハリス6~8号6m ヒラマサ13号(ワラサ) 
       ハリス3号6m マダイ針8~10号(マダイ) 

20100911-03
ポイントは城ヶ島沖(かなり東よりで船によっては剣崎沖と表示されている)35~55m付近を攻めた。

船団は出来ていたが先週ほどではなかった。


松輪船がいないな・・・吉野瀬の方でやってるのかな?
モーニングサービスを期待してワラサタックル(ハリス6号・ヒラマサ針12号)をセット。コマセ籠は上窓全開・下窓1目盛り開放でスタート。
あれっ当たらない。回りの船でも誰も竿を曲げてない・・・


20100911-04
2流し目で左隣の方にヒット。ショートロッドを気持ちよく曲げて1本上がる。次はこっちだと念じながらコマセを振るが当たらない・・・う~んやっちまったか?



3流し目、投入・棚取り後誘いを入れ、竿をキーパーにかけ飲み物を取ろうとするとアタリ。
トルクのある引きで2.5kgクラスのワラサをゲット(ホッ)
さあて連荘かと思ったが後が続かない・・・先週と同じパターンかこれ?

と思っているとTに強烈なアタリ。軟調子のショートロッドをひん曲げてやり取りをしている。今日来るまで「ワラサあんま釣れないし興味ないんだよな」なんて言っていたが、きっとこの魚上げたら嵌るだろうな(実際そうなったのだが)。いいサイズだろうと海面を覗くと、あれワラサじゃない。カンパチだ。Y船長が玉網ですくった魚は後検量3.5kgのカンパチだった。
羨まし過ぎるw(゚o゚)w オオー!

当たりが止まったのでタックルをマダイ兼用に変更(ハリス4号マダイ針10号)
松輪船が何隻か城ヶ島にやってきていた(棒面・一義・瀬戸丸他 成銀丸は見えなかった)

20100911-05
コマセ籠の下窓を少し締め投入を繰返すと。
ドスン。いい引きで同級のワラサを上げた。
しばらくしてまた竿先が入って3本目。
ちょっと仕掛けがくたびれているようだがまあ大丈夫だろうと投入。よ~しいい感じと思っていたらまた竿先がドスン。

ドラグを効かせながらファイト中もう少し締められると思いドラグを1ノッチ締めるとプツン・・・
あーっ!やってしまった orz
仕掛けを見ると切れた位置はハリスの途中。結び目も何にもないところだが多分弱ってたんだろうな。

その後船中一切当たりなし。Y船長は城ヶ島沖のポイントをいくつか流して様子を見るも当たるのはサバ・さば・鯖ばかり。棚取り・コマセワーク・誘い・仕掛け、考え付く限りの工夫を凝らすが当たらなかった。まあ周りの船でも全然当たっていないからどうしようもないな・・・魚が潮を嫌っているんだろうな。魚探に反応があってもダメなんだからしょうがない。

20100911-06
結局そのまま終了。7人中3人(大艫の2人・釣友T)がワラサの顔を見れなかった。
船中釣果は0~3本 私以外の方は1本ずつ
他船の釣果を見ても同じ感じだったのでまあこんなもんか。っていうか普通ワラサ船の釣果はこんなもんだ。今までが良すぎなんだ!


と日曜日の釣果を見ると・・・マヂか2~8本だって。行く日が違ったな(泣)
まあ青物はこんなギャンブル性があるから面白いんだけどね(笑)

本日の自己採点(各5点中)
準備:5 (飲み物3L持って行ったので十分足りた)
状況判断3 (当たり棚を見つけ釣果を重ねられたので)
釣果:3 (今日という日で見れば十分なんだが・・・ 後、裏本命のマダイを釣る事が出来なかったのが減点)
釣全般:2 (仕掛けの点検は毎回確認しないと・・・)
料理:5 (脂の乗りは充分かな。)
総合:18/25 (普通に考えれば充分すぎる釣果だろう。これ)

さて次回は南房総ロマンを求めてかカワハギ始動かあるいは・・・

9月5日 佐島発ワラサ第2戦 ハッスルハッスル!

昨日はマヂで疲れた。夕食後八時半には寝ちまったので今日釣行記録をアップすることになった。あ~イッテQのイモトのモンブラン登頂見たかったのに・・・残念

実は昨日の釣行前に1回別の釣物に行ってたんだけど・・・
ナント本命ボウズだったのさ。HAHAHA!

20100822-01←これが証拠写真。な~んもなし。゜(´Д`)゜。
8/22 タチウオリベンジ戦だったのだけど・・・もう全然食わない。っていうか一日やってアタリは3回だけ・・・サバは釣れたんだけど全て同行の釣友Tにあげちまったのでおみやなし。
船長は頑張った。観音崎~金谷~第二海保(?)と反応探して西へ東へ走ってくれたんだけど、タチウオ様のご機嫌が最悪。(泣)
私も頑張った。仕掛けにあれこれ手を入れ誘い・棚探しも必死にやったのだけど、ダメだった。
でも不思議とあんま悔しくないんだよね。(負け犬のナントカかもしれないけど・・・)
前回の方が後悔があったからかな。でも釣行記録は書く気になれなかった。

20100905-01

と月日が流れて9月5日 冷凍庫に少し余裕が出来たので、ワラサ釣りに出撃。直前まで船宿はどこにしようか悩んでいた。



剱崎松輪は混むから最近行ってないけど久しぶりに行ってみようかと思ったけど、もし混んだら芋洗い状態になるし、ある程度釣りやすい釣座を確保しようと思ったら前日入りしないといけないしなあ。という事で松輪船は第一候補から外れた。次に久里浜はと言うと、なんと出船してない!! 
という事で最終的に残った候補は2つ。剱崎間口喜平治丸と佐島海楽園。スポーツ新聞の釣果を見ると喜平治丸の方がよさげかな。あそこは予約乗合だからそんなに混まないだろうし・・・と土曜まで半分剱崎に行くつもりだったのだが。財布を見ると海楽園のスタンプカードがあった。そうだったそうだった。前回の釣行で貯まってたんだった。
これはまさしく天啓だなということで海楽園に行くつもりで久々にHPの釣果を見ると・・・土曜日出て無いじゃん!
明日人集まるかな・・・もし一人だったらスタンプカードで乗るのなんか悪いしなあ。まあその時はお金払ってカードは次回にでも使うことにしよう。
HPを見ると。カワハギ始まったんだなあ・・・あっ渕野辺在住さんが今日(土曜日)来てる。しかも大人(20枚)越えで竿頭・・・すごいなあ。後でブログ見に行ってこようっと。
カワハギか・・・まだ自分の中でまだカワハギモードになっていないんだよな。もう行きたい行きたい、ってぐらいにならないと間違いなく腑抜けた釣りになっちまってダメだな。でもそろそろDKOのことも有るし・・・
とかナントカ考えながら寝て日曜日の朝4時50分ごろに船宿に着いた。
ワラサ乗りたいんだけど・・・って言うと、ワラサ船のY船長から「今一人だよ」との言葉。よかった~一人じゃなくて。受付後5時過ぎにいつもの釣友Tがやってきた。Tは元々今日はカワハギの予定だったので乗る船は違う。
Tから「ワラサのおみや待ってますよ~」 「そんな釣れね~よ」と話しながら時間をつぶす。結局ワラサ船に他のお客さんは来ず2人、ライト五目も3人で出船することになった。カワハギ船はこの時点で3人、結局その後2人来て5人だった。

20100905-02
今日の釣座は左舷ミヨシ。
出船前にY船長に話を伺うと棚取りは水深を言うので上からでも下からでも良いよとのこと。概ね海底から10m前後で当たってるよ。後餌取が結構多いから注意してねってアドバイスがあった。


20100905-03
定刻に出船一路城ヶ島沖を目指す。
同船のお客さんと話をしていると見えてきた見えてきた。ワラサ船団。ざっと50隻ぐらいは居るかな。剱崎間口~松輪、三崎・小網代・佐島のワラサ船大集結だな。何人かやり取りしているのを見て俄然やる気になってきた。


本日のタックル
竿:海功ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
リール:シーボーグ500e
道糸:PE6号
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100号を準備 (船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.5~1.8ミリ
 ハリスフロロ 6~10号4ヒロ 針ヒラマサ12~13号 枝バリ無しの1本針仕掛け。
船宿推奨はハリス6~号6m ヒラマサ13号

ワラサ高活性時用の上記専用タックルとは別に真鯛タックルも持ち込んだ。帰省時に親父から「この鯛竿新しいの買ったから、使わね~からやる」ともらってきた竿といつものリールを組合せた真鯛用は以下の通り

竿:海功マダイ I M270(10回も使ってないとの事。ほとんど新品の竿だ)
リール:シーボーグ300
道糸:PE4号
錘:ワラサ用と同じ
仕掛 針: 天秤はワラサ用と同じ クッションゴムΦ1.2ミリ
 ハリス 4号4ヒロ 針マダイ10号 1~2本針仕掛け。

集魚ビーズはパールビーズの小型を1つ付けたり外したりした程度
先ずはワラサ専用タックル(ハリス6号・ヒラマサ針12号)をセットした。コマセカゴの調整は上窓全開、下は目盛り1つ半ほど開放。

Y船長船団の東側に着けて開始。水深は37mと合図があった。
投入するが潮が早っ!道糸がどんどん斜めに出て行く・・・ダメだ上からの棚取りがしたら棚ボケする。着底させハリス分プラス3~5mでアタリを探すが・・・アタリなし。すぐに巻上げて錘を100号に交換。コマセを打ちかえるがアタリは無い。周りではやり取りしてるんだけどなあ。やはり2人ではコマセが効かないのか?

2流し目、棚取り後ロッドキーパーに竿を掛けクーラーから飲み物を取り出そうとすると。竿先がドスン。結構いい引きで上がってきたのは2キロクラスのイナワラだった。ずいぶん良く引くなあ。
さて連荘連荘と思いながら投入すると・・・反応なし。エサも丸々残ってくる。う~ん変だなあ。
同船の方はこの後巻上げ中に掛かり1本。その後同じパターンでもう一本揚げていた。
Y船長が「昨日より水温が3度下がって今24度だよ」と言っていたのできっとこの水温低下で餌取の活性が下がったんだと判断し、餌付けを変更。持ち込んでいたイカ短を使わずオキアミだけにして狙う。がダメ。
そうこうしてる内に8時ごろ朝のフィーバータイムが終わった。周りの船でも誰も竿を曲げていない。あ~あ今日もやっちまったか。(泣)
松輪船は剱崎の方で当たった情報があったのか全速で東の方向へ走っていき船団は20隻ぐらいになっていた。
まあ1本取ったから後は遊ぶかと思いマダイタックルに変更。さて仕掛けどうするか、1本針も2本針も有るけどどっちにしようか。う~ん何の根拠も無いけど2本針にしよう(後でこの選択が吉と出るのだけれどそれは後述)。コマセを詰める量を調整して投入。

20100905-04
しかしこの竿最近の(といっても2・3年位前)だけに良いな。コマセの振り出しもシャープに出来るしカーボンが多く入っていて軽いけど、置竿にしてもあまり跳ねなくてイイ。でも今使っているシマノの竿全てにいえることなんだけどロッドホルダーのクランプを取り付ける場所がリールに対して近すぎ。手持ちにした時にクランプが手首に当たって邪魔くさい。ホルダーセット位置を尻手側にずらして対応したがなんかしっくりこない。これだけはイタダケナイな(`・д・´) 
ダイワ製のホルダーを使ってるからなのか?だとしてもなあ・・・まあ竿自体の調子は良さ気なのでしばらく使ってみよう。

さて取敢えずコマセをどんどん打ち替えていくがアタリはなし。餌もそのまま残ってくるがY船長が出船前に言った。「昨日出たつね丸さんは昼近くになってあたったよ」が頭にあったので諦めずにコマセを打ち替えていく。周りの船では居眠りモードに入っている人や置竿ほったらかしの人が結構出ていたけどミヨシ・艫に座っていた上手そうな方は淡々と私と同じようにコマセを打ち替えていた。きっと同じようにまだ時合が有ると思ってるんだろうな。それを見ていると、なんか釣れる気がしてきた。

20100905-05
何回か流し替えを行い、9時半ごろ傍にいた船(志平丸だったかな)でやり取りしているのを見、コマセを打ち替える。棚取り後やり取りしている船の方をチラ見して自分の竿を見ると、ドスンと竿先が入った。
ハリスの番手を下げているのでドラグを効かせながらゆっくりと上げると一本目と同級だった。
わ~い良かった~(^∀^)



その後20分ほどしてまた棚取り後に他の船をチラ見すると・・・また自分の竿先がドスン。いいねいいねいい感じだ、と魚の引きを楽しみつつ上げながらふと気づいた。ひょっとして・・・
3本目も同クラスだった。


次投入から今気づいた自分の考えを実行した。
それまでの釣り方はこんな感じ↓
1 着底後直ぐに3m底を切る
2 ハリスが馴染んだ所でコマセを段階的に(底上3~7mの範囲)振り上げる
3 棚(底上9~10m)にセット後1分ぐらいアタリを待つ
4 誘いを入れる
5 棚を少しづつ上げて3→4を2回繰り返してアタリを待つ
6 仕掛けを回収しエサ付け直し、コマセの補充後再投入してまた1に戻る

で釣っていたのだけれども自分の仮説を実行するのに次の流れで釣ってみた。

7 今までのパターンの1~4はそのままで行う
8 1回目の誘い後およそ30秒後リールのクラッチを切り再着底後、もう一度1~4を繰返す。
9 仕掛けを回収しエサ付け直し、コマセの補充後再投入

さてどうなるかと投入すると・・・結果は直ぐに出た。8の再度棚取りのし直しをすると、竿掛に掛けて直ぐにドスン。連荘でヒット! ヤッター(^∀^)
多分このパターンが今日の魚の活性とあっているんだろう。4本目はすこ~しだけサイズアップ。

20100905-06
周りの船も少しづつアタリ出していた。どうやら地合かな。当たってると言っても前回のワラサの時とは違って、各船多くてもダブルヒットだから普通のフィーバー状態だな。




20100905-07
気がつくとさっき船団から離れていた船が再合流してきた。
この後この状況は12時近くまで続いた。私の棚はほぼ底上9mだったが枝針に2本ほど掛かった。枝針つけといてラッキー(´∀`)
竿も柔軟だけど腰が有るのでいい感じだった。
12時ごろ地合は終了。そのまま最後まであたり無く終了した。


20100905-08
今日の結果はワラサ(イナワラ)60cmクラス8本  
ウィキペディア (Wikipedia) によるとワラササイズと言ってもいいかな。
我が家の冷凍庫のスペース上3本以上は持ち帰れなかったので船宿のおねーさんに釣友Tに渡して残りは皆さんでどうぞと5本ほど置いていった。

同船の方は2本、当たり棚や仕掛けの詳細を情報交換していたが上積みが無かった。多分リズムがちょっと狂ったんだろう。でも同船の方は今迄で一番釣れたんで良かったって言っていたな。確かに他の船の釣果を今日(9/6)見てみると0~○匹と書いてあるからボウズの人も結構でたんだろう。そういう意味では今日はY船長に感謝感謝。魚探とにらめっこでいい反応を探してくれた。今度アオリで乗るんでまたお願いします。

20100905-09
帰りがけに鶴ちゃんになんか新しい食べ方あるって聞いたらあるよっていくつか教えてもらったので早速試してみた。




20100905-10
それがこれ
ワラサのサラダ風





20100905-11
作り方は刺身の上にきゅうり、スライス後水さらしした玉ネギを乗せ塩ドレッシング(鶴ちゃん曰く牛角のが一番ウマイ)をかけて食べる。牛角のドレッシングが無かったので他の塩ドレッシングを使ったがこれはウマー(´∀`) 鶴ちゃんありがとう

その他のメニューもその内ためそーっと。


本日の自己採点(各5点中)
準備:3 (飲み物2.5l持って言ったけどもう少し用意した方が良かった)
状況判断:5 (ヒットパターンをいいタイミングで掴めたのはよかった)
釣果:5 (この日の他船のトップ釣果と見比べても引けを取らないので)
釣全般:3 (地合の時6号ハリスでやったほうが良かったかも)
料理:4 (新メニューはウマー)
総合:20/25 (いい感じ いい感じ)

さて次はどうするか・・・まずは冷凍庫の魚をどんどん食べないといけないな


8月5日 緊急参戦ワラサ・イナダ祭り 祭りだ祭りだワッショイワッショイ!

8月5日 夜勤明けで休みになったので急遽釣れているイナワラ祭りに参加してきた。 

20100805-01
 船宿は前回のタチウオと同じ久里浜ムツ○釣船店。5時に現地に着いたが平日にもかかわらず集まる集まる。会社の同僚W氏の分も含めて席を確保。さあてどうなるかな。




20100805-02
今日の釣り座は左舷艫2番 3番にW氏が入る。
5時半には2隻出しになることに決まったが特に船を移ろうとはせず間隔をあけて座る。



中乗りの兄ちゃんに聞くとここの所かなり良いとの事。大艫の常連さんに挨拶がてら話を聞く。なんか周りでビデオを回してる人がいるなあと思い中乗りの兄ちゃんに聞くと釣りビジョンの取材だとの事。この船に乗るからいっぱい釣ってインタビューを受けてくださいと言われてしまった。
まあそんなに釣れないだろうからそれは無いかな・・・

7時に出船 一路剣崎方向を目指す。

本日のタックル
竿:海功ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
リール:シーボーグ500e
道糸:PE6号 
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100 120号を準備 オマツリが多発しなかったので80号を使用(船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.5~1.8ミリ
 ハリスフロロ 4 5 6 8 10 12号4ヒロ 針ヒラマサ13号 マダイ10~12号を使い分けた。枝バリ無しの1本針仕掛け。
船宿推奨はハリス6号6m ヒラマサ11号
集魚ビーズはパールビーズの小型を1つ付けたり外したりした程度

取敢えず状況が読めなかったので 10号 ヒラマサ13号の仕掛けをセット。コマセカゴの調整は上窓は全開 下窓は目盛り1つだけ開けた。
ちなみにコマセはオキアミブロックとアミコマセが支給され、付けエサ用のオキアミ(2Lサイズ)が配られる。
出船後15分、下浦沖に船が差し掛かるとスローダウン。えっ剣崎じゃなくここでやるのか?あわてて投入準備をする。

7時20分下浦沖でスタート。棚指示は海面からで23~25mでとのアナウンスがあった。

20100805-03
投入後・・・当たらないあれれ?
右舷ではどうやらやり取りしているようで船頭さんからしきりにアナウンスがある。大艫の常連氏、隣のW氏も釣れない。
取敢えず3分間隔でコマセを打ち直す。



2投目で当たったけど針がかりしない・・・
大艫の常連氏は2投目で当てていた。
ここで仕掛けを8号4ヒロに変更。3投目の棚取りをし軽く誘うと・・・ドン!キター(^∀^)
1本目なので慎重にやり取りを仕上がってきたのは2kgサイズの所謂イナワラサイズだった。

とりあえず坊主逃れてよかったー(´∀`*)
手返し良く仕掛けを入れ替えたが続かない・・・あれれ?常連氏は順調に上げている(この時5本目)のにこちらには来ない・・・
どうにか2本目を掛けたが海面でバラシてしまった・・・しかもクッションゴムの所で切れている。使い古しだが点検したのに・・・orz

ここで仕掛けを換える(6号 ヒラマサ13号)ついでに常連氏の釣り方を観察すると・・・ああなるほどそういうことか! w(゚o゚)w オオー!

コマセワークが違うんだ。私のコマセワークはオーソドックスなコマセの帯を作るコマセワークなんだけど、常連氏のは違う・・・コマセの塊を作って付けえさを同調させるコマセワークをしている。今の状況ではこの方が食いがいいんだ。後エサを小さめに付けている。これはコマセの中から丁度良いものを抜き出して付ければ良いかな。


20100805-04
早速実戦、指示棚からハリス長の2/3ほどで降ろすのを止め。その場で2 3回ほど竿を振りコマセを出してそのまま指示棚にセットすると・・・
ドンッ! よっしゃ狙い通り(゚∀゚)アヒャヒャ



揚ってきたのは1本目と同じイナワラサイズ。サイズよりも狙い通りに釣れたことが良かった。(^∀^)

その後は連荘モードに突入、開始2時間でツ抜けしてしまった。マヂか!

圧巻だったのは取材の方が私のクーラーの中身を写していた時。置竿がズドン。期せずしてやり取り~取り込みのシーンを写されちゃった。へっぴり腰で写ってたりして(苦笑)
その後インタビューを受けた。ネットで放映されるようなのでもし放映されてたら恥ずかしー。゜(´Д`)゜。


20100805-05
今日は流し替えが1回だけだった。
常にフィーバーと言うわけじゃなく群れが船下に回ってきた時にコマセで少しでも足止めして連荘で取るような感じだった。だから来た時に如何に手返し良くやれるかが大事だった。上手くやれば4連荘で取れたしね。


中乗りの兄ちゃんは忙しそうに船内を駆けずり回っていた。そりゃそうだ。一度当たると同時に3人以上が当たるからタモ入れ大変だ。
私と常連氏はサイズ・針掛りを確認して殆どゴボウ抜きしたけど結構重いから大変だった。

後巻上げ中に電動巻きでアシストしていたのだが如何せん酷使しているので電動からギシギシいやーな音がしてきちまった。そろそろオーバーホールかな。でもスルメに使いたいんだよな・・・

12時ごろコマセ・エサともに尽き、クーラー(トランク大将50L)満杯になったので竿をしまった。その30分後、船頭さんから早上がりのアナウンスがあった。良かったー氷がもう殆どなくなっちまったから早く追加したかったんだ。
帰りがけに氷を10kgほど追加したが魚がクーラーに入りきらなかったのでバッカンの中に氷と魚を何本か移し変え帰宅した。

20100805-06
私の釣果は26本 殆どが2~2.5kgクラスのイナワラ 5本ほど3kgオーバーが混じった。

船中釣果は6~28本 船中合計252本 トップは右舷大艫の常連さん 左舷大艫の常連さんは23本 船中2番手だった。裾は釣りビジョンの方、画取りが終わってから竿を出してこの釣果(話を伺うと実質2時間少々)なので船内の釣れっぷりはわかると思う。

ここ最近不調続きだったので素直に嬉しかった。
近所や会社関係、釣友Tに配りまくってもまだまだ有ったので私と妻の実家にも送り付けた。


本日の自己採点(各5点中)
準備:5 (船宿推奨の針を忘れたけど大丈夫だったので)
状況判断:5 (コマセワークは、ほぼ問題なし。)
釣果:5 (調子に乗って釣りすぎた・・・orz)
釣全般:5 (序盤の不調の原因に直ぐ気がついて修正できたので)
料理:5 (脂も程よく乗っていて刺身が思っていた以上に旨かった。これだけいるので色々な食べ方を楽しめそう)
総合:25/25 (甘い採点かもしれないがもうサイコー!!)

久々に筋肉痛になったので更新が遅れちまった。
さて次はどうするか・・・

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ