気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

イナダ

11月16日 コマセのウデ復活!?(佐島海楽園LT五目)

さて日曜日はカワハギ釣行のつもりだったんだけれども、前日に電話すると
「結構入っているよ!どうする?」ってY船長。
「コマセは?」「まだ右艫だけ」
「今日はどう?」「イナダは0~1かな」
「アジは?」「アジはまあまあ釣れているよ」
う~ん今年は個人的に幻の魚だからな~カワハギは・・・前回釣行のアジフライも食っちまったことだし。
で、

「じゃあコマセで。席は左のミヨシでお願いします」「 OK」でまたもやコマセ釣行。
なんで左の艫にしなかったのかって?
個人的にミヨシ側の方が好きなのだ!
コマセ釣りだと不利な場合があるけど、そこは気合と根性で何とかするのだw 

20141116 (1)

朝船宿に着くと、当然いるだろうとメンツがそろっている。残念なことにコマセ船の方は知らない方ばかり。左の艫に座った方が以前メバル釣行で乗り合わせた方だった。

チト寒くなってきたせいでコマセ船は右5人・左3人の8人で出船。右ミヨシの方は最近HPと船宿ブログで写真を見かける方。船中4・5人が泳がせ道具を準備していた。

さてタックルは前回と同じで
コマセ用タックル   竿   Aトリガー ライトゲーム 180S
             リール ミリオネアCV-Z 250F
             道糸  PE2号
             錘   40号 ライト用コマセかご
             仕掛け 1.2㎜クッション+2~4号2~4ヒロ
                  チヌ2号~マダイ11号各種鈎

泳がせ用タックル   竿   海攻ワラサリミッテッド 300
              リール レオブリッツ500MT
              道糸  PE5号
              仕掛け 幹糸18号・ハリス14号・ヒラマサ鈎17号
               孫鈎なしの1本鈎

なんちゃってジギング  竿   INFEET BJ 661XHS
              リール シーゲートライト 3500H
              道糸  PE2号 リーダーはフロロ8号3ヒロ
              道糸とリーダーの結節はFGノット。ルアーは80gを使用
             
前々回・前回の釣行からアシストフックの鈎サイズをアップ。ヒラマサ15号から17号(泳がせ用の予備に買っていたもの。白鈎)で作り直してみた。

20141116 (2)

アジ狙いから開始とのことだったので、残っていた市販仕掛け(G社のカラー鈎。2号ハリス)で開始。1流し目でアジのアタリが有ったんだけれども、残り10mでバラしてしまう。次の流しでひったくるようなアタリ。道糸出まくりで 上がってきたのはキロ級のイナダ。その後もポツポツアジが上がるんだけれど、投入前に船長さんの所で見た魚探反応に対して食いが悪いな。船内殆どアタリがない。この時点ではアタリが有るのは私だけのようで、船長から「いくつでやってる?」って聞かれたので使っている仕掛けも含めて答えたが、ひょっとすると置き竿だったのが良かったのかもしれんな。

20141116 (3)

アジが全然だめなので、 ひょっとしてイナダ~ワラサが口を使っているのか?
コマセの竿の方を置き竿にしつつなんちゃってジギングを始める。海底から20mぐらい上まで反応が出ていたのを見ていたので底から30mぐらいまで、DVDで見たワンピッチジャークってヤツをやってみた。(できているかは不明だがw)

20141116 (4)

巻きながら竿をしゃくり降ろす時にルアーが横滑りするようなイメージでやって見ると・・・ドスン。
ドラグからズルズル糸が出ていく。柔らかめの竿が満月。こりゃ楽しい!で上がってきたのは3キロクラスのワラサ。船長のタモ入れでゲット。
コマセの仕掛けを入れ泳がせ用のアジを狙うもダメダメなのでなんちゃってジギングを再開すると、またもや底から30mぐらい誘い上げたところでドスン。近くにいた隣の港の仕立て船のお客さんの応援に支えられ、先ほどと同級のワラサをゲットした。
アジも釣れたんで泳がせ仕掛けを入れるけどあんま良くなかったな。1本捕ったけど・・・
赤い魚も狙えるポイントも攻めたけど、速潮で仕掛けが安定しない。ここでもイナダが当たる。真鯛仕掛けにしていたが、ガン玉を打った方がよかったかな?
イサキのポイントでは狙い通りの誘いが決まって良型のイサキを揚げられた。ここでもイナダ・ワラサは揚がっていたな。

朝のポイントに帰ってくるも最後もイナダだった。
20141116 (5)

20141116 (6)

20141116 (7)
最終釣果はイナダ6本 ワラサ3本 アジ10匹 イサキ1匹 マトウダイ(コマセ仕掛けで釣ってしまった)1本

船中釣果は 
 イナダ0~6本、船中15本
 ワラサ0~3本、船中8本
 アジ0~10匹で10匹は二人
だった。
イナダは釣れなかったお客さんの所へ嫁ぎ、ワラサは船宿のおかみさんの所に嫁いでいった。

20141116 (8)
今回はコマセの方は誘いよりコマセワークと棚を意識して釣っていたので殆どの釣果は置き竿で釣り上げた。
コマセの竿はペナペナ(錘負荷10~40号)胴調子なのでイナダがかかると竿満月なんで釣っていて楽しいけど、数を捕りに行く竿じゃないな。前回もそうだったのだけれど、竿満月になると道糸が竿のブランクに当たってしまう。まあリールに対しガイドをずらしておけば大丈夫なんだけどね。
隣の人が使っていたS社のライトゲームや艫の方の使っていたD社のリーディング73の錘負荷20~60号クラスの7:3調子の方が、ワラサ級が掛かっても竿のタメである程度魚の動きをコントロールできるので、この釣りには向いているんだろうな。
まっ今の竿でも晩のおかずは充分に釣れるんでまだ後継の竿はいいかな。

今回の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:3 (速潮対策はダメだね)
釣果:4 (状況的に充分でしょう)
釣全般:4 (ルアーで2本捕れたのは良かった。コマセでの追い食い狙いは×)
料理:5 (イサキの刺身が旨かった)
総合:21/25 (完全復活とはいかないが、コマセのカンは戻ってきたかな)

そろそろカワハギモードで行きたいけど。もう一本ルアーでワラサ捕りたいのも本音だな。
 

11月2日 ライト五目釣行

タイトル通りの釣行記事だ!

2日も佐島海楽園からのライト五目で出撃。宿に着くと久々のM.hayaさん(今回は娘さんとの釣行)、K名人、淵野辺在住さんが既に来ていた。K名人はカワハギ船でアオリ+カワハギ狙い。淵野辺在住さんはカワハギ狙いだった。
全船大賑わいで、カワハギ船は予約で札止め。五目船もアオリ船もほぼ満席だった。
20141102 (1)

今回の席は右ミヨシ。 M.hayaさんたちグループは右艫から4席だった。
直前情報からイナダの模様が悪かったのだがコマセ・泳がせ・なんちゃってジギングの準備をして出港。
コマセの仕掛けは船長指示がイサキ仕掛けだったので、ワラサが来ても何とか取れる2.5号ハリスの仕掛けで開始。
イサキポイントで始めるが イサキ・・・釣れません。っていうかいるのイサキ?
ポツポツだけどもアジが上がるので早々に泳がせ道具を入れたが・・・し~ん
コマセをいったん中断し、なんちゃってジギングを始めると・・・一回だけアタリがあったが鈎掛かりしなかった。
エサ用のアジ釣りに専念するといいアタリ。緩めのドラグを少し滑らせて上がってきたのは幻(?)のイナダだった。
20141102 (2)
船中アジはポツポツ出ているがイサキ・イナダは顔を見ていない人が多い。 M.hayaさんもイナダの顔を見ていたが、娘さんは凄かった。いいサイズのキジハタを釣り上げていた。ウマそーだ
深場の方を流すもアジがポツポツ。遊びでジギングしたりしていたので数はそれなりだったがアジはそれなりに釣れた。一度泳がせの方にアタリがあったがすっぽ抜け。アタリ的にヒラメっぽかったので残念。結局1日を通してあたりはその一回だった。
アジの棚もあまり上の方に上がってこなかった。う~ん厳しい日だなこりゃ。
20141102 (4)

城ケ島寄りの深場で真鯛・アマダイ狙いに切り替わるのを機に真鯛仕掛けにチェンジ。船長指示棚が海底から ハリス+3mぐらいまでだったので上の棚から探っていくと竿がストン。
 小気味よい引きで上がってきたのは食べごろサイズの真鯛。
その後アジは釣れるけど他の魚のあたりはなく終了。

釣果は
20141102 (3)
真鯛1・イナダ1・アジ24匹 イサキ・・・ありゃ幻の魚だw
泳がせのエサや、M.hayaさんのお連れさん・淵野辺在住さんの所にアジをお嫁に出したので、家には 真鯛1・イナダ1・アジ4匹のみ持ち帰り。か~ちゃんからは「ワラサ・イナダは1つで充分。鯛とアジ釣ってこい!」って言われてたんでミッションコンプリート!
晩のおかずには充分、捌くのが楽だ(爆)

淵野辺在住さんにカワハギの方を聞くとかなり厳しい状況みたいだな。帰港時、長井船も浅場でなく深場を流しているのを見たのであまり良くないみたいだな。

今回の時化で 状況が変わればいいんだが・・・
ここ最近の釣りで錆びついたコマセのウデも少しは錆び落としできたかな。今回は狙い通りに真鯛も釣れたしね。

ってことで採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:4 (仕掛けの選択タイミングはバッチリ)
釣果:4 (端物欲しかった・・・アジはあれだけ遊んでいたにしては充分)
釣全般:4 (アジは結構自分のイメージ通りに掛けられたかな)
料理:5 (アジフライが旨い)
総合:22/25 (コマセのウデもまだまだ捨てたもんじゃないかな)

さ~て次回はどうすっかな 

8月5日 緊急参戦ワラサ・イナダ祭り 祭りだ祭りだワッショイワッショイ!

8月5日 夜勤明けで休みになったので急遽釣れているイナワラ祭りに参加してきた。 

20100805-01
 船宿は前回のタチウオと同じ久里浜ムツ○釣船店。5時に現地に着いたが平日にもかかわらず集まる集まる。会社の同僚W氏の分も含めて席を確保。さあてどうなるかな。




20100805-02
今日の釣り座は左舷艫2番 3番にW氏が入る。
5時半には2隻出しになることに決まったが特に船を移ろうとはせず間隔をあけて座る。



中乗りの兄ちゃんに聞くとここの所かなり良いとの事。大艫の常連さんに挨拶がてら話を聞く。なんか周りでビデオを回してる人がいるなあと思い中乗りの兄ちゃんに聞くと釣りビジョンの取材だとの事。この船に乗るからいっぱい釣ってインタビューを受けてくださいと言われてしまった。
まあそんなに釣れないだろうからそれは無いかな・・・

7時に出船 一路剣崎方向を目指す。

本日のタックル
竿:海功ワラサLIMITED 80-300(初期のモデル)
リール:シーボーグ500e
道糸:PE6号 
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100 120号を準備 オマツリが多発しなかったので80号を使用(船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.5~1.8ミリ
 ハリスフロロ 4 5 6 8 10 12号4ヒロ 針ヒラマサ13号 マダイ10~12号を使い分けた。枝バリ無しの1本針仕掛け。
船宿推奨はハリス6号6m ヒラマサ11号
集魚ビーズはパールビーズの小型を1つ付けたり外したりした程度

取敢えず状況が読めなかったので 10号 ヒラマサ13号の仕掛けをセット。コマセカゴの調整は上窓は全開 下窓は目盛り1つだけ開けた。
ちなみにコマセはオキアミブロックとアミコマセが支給され、付けエサ用のオキアミ(2Lサイズ)が配られる。
出船後15分、下浦沖に船が差し掛かるとスローダウン。えっ剣崎じゃなくここでやるのか?あわてて投入準備をする。

7時20分下浦沖でスタート。棚指示は海面からで23~25mでとのアナウンスがあった。

20100805-03
投入後・・・当たらないあれれ?
右舷ではどうやらやり取りしているようで船頭さんからしきりにアナウンスがある。大艫の常連氏、隣のW氏も釣れない。
取敢えず3分間隔でコマセを打ち直す。



2投目で当たったけど針がかりしない・・・
大艫の常連氏は2投目で当てていた。
ここで仕掛けを8号4ヒロに変更。3投目の棚取りをし軽く誘うと・・・ドン!キター(^∀^)
1本目なので慎重にやり取りを仕上がってきたのは2kgサイズの所謂イナワラサイズだった。

とりあえず坊主逃れてよかったー(´∀`*)
手返し良く仕掛けを入れ替えたが続かない・・・あれれ?常連氏は順調に上げている(この時5本目)のにこちらには来ない・・・
どうにか2本目を掛けたが海面でバラシてしまった・・・しかもクッションゴムの所で切れている。使い古しだが点検したのに・・・orz

ここで仕掛けを換える(6号 ヒラマサ13号)ついでに常連氏の釣り方を観察すると・・・ああなるほどそういうことか! w(゚o゚)w オオー!

コマセワークが違うんだ。私のコマセワークはオーソドックスなコマセの帯を作るコマセワークなんだけど、常連氏のは違う・・・コマセの塊を作って付けえさを同調させるコマセワークをしている。今の状況ではこの方が食いがいいんだ。後エサを小さめに付けている。これはコマセの中から丁度良いものを抜き出して付ければ良いかな。


20100805-04
早速実戦、指示棚からハリス長の2/3ほどで降ろすのを止め。その場で2 3回ほど竿を振りコマセを出してそのまま指示棚にセットすると・・・
ドンッ! よっしゃ狙い通り(゚∀゚)アヒャヒャ



揚ってきたのは1本目と同じイナワラサイズ。サイズよりも狙い通りに釣れたことが良かった。(^∀^)

その後は連荘モードに突入、開始2時間でツ抜けしてしまった。マヂか!

圧巻だったのは取材の方が私のクーラーの中身を写していた時。置竿がズドン。期せずしてやり取り~取り込みのシーンを写されちゃった。へっぴり腰で写ってたりして(苦笑)
その後インタビューを受けた。ネットで放映されるようなのでもし放映されてたら恥ずかしー。゜(´Д`)゜。


20100805-05
今日は流し替えが1回だけだった。
常にフィーバーと言うわけじゃなく群れが船下に回ってきた時にコマセで少しでも足止めして連荘で取るような感じだった。だから来た時に如何に手返し良くやれるかが大事だった。上手くやれば4連荘で取れたしね。


中乗りの兄ちゃんは忙しそうに船内を駆けずり回っていた。そりゃそうだ。一度当たると同時に3人以上が当たるからタモ入れ大変だ。
私と常連氏はサイズ・針掛りを確認して殆どゴボウ抜きしたけど結構重いから大変だった。

後巻上げ中に電動巻きでアシストしていたのだが如何せん酷使しているので電動からギシギシいやーな音がしてきちまった。そろそろオーバーホールかな。でもスルメに使いたいんだよな・・・

12時ごろコマセ・エサともに尽き、クーラー(トランク大将50L)満杯になったので竿をしまった。その30分後、船頭さんから早上がりのアナウンスがあった。良かったー氷がもう殆どなくなっちまったから早く追加したかったんだ。
帰りがけに氷を10kgほど追加したが魚がクーラーに入りきらなかったのでバッカンの中に氷と魚を何本か移し変え帰宅した。

20100805-06
私の釣果は26本 殆どが2~2.5kgクラスのイナワラ 5本ほど3kgオーバーが混じった。

船中釣果は6~28本 船中合計252本 トップは右舷大艫の常連さん 左舷大艫の常連さんは23本 船中2番手だった。裾は釣りビジョンの方、画取りが終わってから竿を出してこの釣果(話を伺うと実質2時間少々)なので船内の釣れっぷりはわかると思う。

ここ最近不調続きだったので素直に嬉しかった。
近所や会社関係、釣友Tに配りまくってもまだまだ有ったので私と妻の実家にも送り付けた。


本日の自己採点(各5点中)
準備:5 (船宿推奨の針を忘れたけど大丈夫だったので)
状況判断:5 (コマセワークは、ほぼ問題なし。)
釣果:5 (調子に乗って釣りすぎた・・・orz)
釣全般:5 (序盤の不調の原因に直ぐ気がついて修正できたので)
料理:5 (脂も程よく乗っていて刺身が思っていた以上に旨かった。これだけいるので色々な食べ方を楽しめそう)
総合:25/25 (甘い採点かもしれないがもうサイコー!!)

久々に筋肉痛になったので更新が遅れちまった。
さて次はどうするか・・・

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ