さて表題の通り、6月4日は剣崎からのコマセダイ釣行だったんだけども、まずは釣果写真を見てみると・・・

20110604-15
・・・っとこんな感じでホントにマダイ釣りに行ったのか?実は平目釣りに行ったんじゃないのか?と思われてもおかしくない釣果だった。あっメジナがいるから平目釣りは無いか(笑)




当日は前日の湘南船のスルメ釣果を見てしまい一瞬イカにするか?っと悩んだが起きた時点でコマセダイの道具を積み込み出発。さて船宿はどうするかな。ここ3年ほど剣崎にマダイ&ワラサは釣りに行ってないんで、以前マダイで乗っていた一義丸でいいかなと思いながら、現地に向かって運転中、ああ喜平治丸が確か予約乗り合いで出てたな。あそこならそんなに混まないかもと思い。ダメ元で途中のコンビニで電話を入れると大船長から『大丈夫だよ』。で船宿は決定。現地に着くと他のお客さんは既に船に乗り込んでいた。慌てて準備して船に向かう。

20110604-01
席は空いてりゃ何処でも良かったので若女将に聞くと、大船長の別船の右舷胴の間にバケツが準備されていた。当船は片舷3人の計6名、本船は片舷5人の10名で出船。開始前に仕掛けの全長・棚取り方法のアナウンスがあった。
定刻チョット(5~10分ぐらい)前に出船するのは松輪ではいつもの事。



20110604-0320110604-04


この写真のように松輪船が並んでスタートを待つのがいつもの光景。直近の釣果から混んでるかと思ったけど案外何処の船もそれほどの混みようじゃないな。

20110604-02
本日のタックルはマダイが釣れない真鯛竿は家に置いてきてマダイ釣れる真鯛竿で釣った。





竿:海攻マダイ Ⅰ M-270(前のモデル)
リール:シーボーグ400BD(道糸PE5号)
錘:サニーカゴLサイズ 錘80 100号を準備 (船宿指定は80号)
仕掛 針: 天秤(腕長 45センチ) クッションゴムΦ1.2ミリ1m長
 ハリス3号6ヒロ 針マダイ9~10号 枝針有りの1~2本針仕掛け。

船宿推奨はハリス長10mだった。(太さは自由・但し良い型が出るから取れる太さでやりなさいとのこと)
以前は8mだったけど、オキアミ解禁になってからハリスの長さが変わったのかな?
ちなみに棚取りは上からの棚取りだった。

20110604-05
最初は剣崎沖の40mダチのポイントからスタート。この時間、松輪船だけの時間なので周りは松輪船ばっか(笑)





20110604-06
コマセカゴの調整は上窓1/3空け・下窓目盛り2つ空けで開始。コマセを一つまみ入れ投入するが当たり無し・エサも残っていない。入れなおし&棚探りを繰返すがどうも潮が流れている気がしないんだな、これが。




20110604-07
無線から流れてくる他船の声も最初は世間話だったんだけど。30分後には嘆き節のオンパレード。メジナも釣れねーって声が聞こえてくる状態。6時半頃まで粘ったが船中石鯛一枚(左艫の方)が上がっただけだった。大船長ここで決断「久里浜へ行く!」本船他何隻かも一緒に久里浜へ進路を取った。



20110604-08久里浜には7時ごろに着いたのだが久里浜船が来ていないのでまだ竿が出せない。ローカルルールってヤツね。剣崎にもあるからお互い様って所だな。隣の方としばし会話しながらその時を待った。右舷の同船の方は結構ベテランそうだな。ミヨシの方の竿はダイワの食わせ真鯛X(コレ欲しかったんだけど絶版)、艫の方の竿は最後期のキャロナック。カナリの年季のベテランと見た。実際トラブルあんま無かったしね。左舷の方の竿はよく見なかったのでわからんが、置き竿でいい曲がりしてたのでそれなりの竿・年季だろう。

20110604-09
さて久里浜沖50mダチで再開するがここでも音沙汰なし。上潮が早く底潮が全然流れていない。釣れるのはイワシ・サバ。たま~にアジだった。イワシは海面から見えたもんね。
8時ごろ置き竿にしていた竿先が、かすかに震えた気がしたので、少し待ってから聞き上げて見るとグン!
あららサバでもついたかな。周りでもデカイ鯖(40cmオーバーサイズ)が上がっていたので、ドラグも出て行くし多分鯖だと思いながらやり取りをする。残り20mで竿を叩くような引きがあった。あれれ鯖にしてはずいぶん違う引きだなあ、竿の叩き方も鯖にしては変な感じ、と思いながら上げて行く。
仕掛けの糸を手繰ると青色じゃ無く茶色の魚。しかもえらく平べったい。カレイ・・・違うヒラメだわ!

20110604-1020110604-11
この時2本針のもう片方にイワシがついていたので恐らくイワシが付いた仕掛けをウバ食いしたんだな。ラッキー





この後、この場所で10時過ぎまで粘るけど真鯛は顔見ず鯖のオンパレード。2本ほどキープしたが、しかし良い鯖だな。人間が食っても良いし、身エサにしても良いしね。

20110604-12
剣崎に戻る前に仕掛けを上げるとイワシがボロボロになって上がってきた。ハモノいるなかなりの数が。落とし込みサビキでやったら良い思いが出来るかも知れないね。
剣崎沖に戻って再開するけどこっちは潮が全然流れないんだよね。コマセの振出が軽い軽い(笑)
一時潮が少し動いた時があり竿先がズン。でもメジナだった。ありゃ口太メジナだわ。


20110604-1320110604-14


結局最後まで魚信は無く終了。船中真鯛は0。別船は船中1。ってことは16人で攻めて1枚だったって事?イヤー参った参った。貧釣果神の神通力全開だ(爆)

20110604-16最終釣果はアジ1 サバ2(キープ数) メジナ1 ヒラメ1だった。
ヒラメは54センチだった。実はここだけの話ヒラメの刺身よりメジナの刺身の方が旨かったと言うのはヒ・ミ・ツなのだ(爆)





本日の自己採点(各5点中)
準備:3 (剣崎沖の仕掛けトレンドのリサーチ不足)
状況判断:4 (まあこんなもんか)
釣果:4 (ヒラメはビックリだった)
釣全般:4 (真鯛も釣れる竿・・・真鯛が釣れる竿になって欲しい・・・)
料理:5 (メジナは血抜き・氷締めをしておくとヤッパ旨いな。ヒラメ・・・縁側は旨かった(笑))
総合:20/25 (まあラッキーに助けられたな)


さて次回はどうするかな・・・