20121224-01

え~っと24日って世間じゃクリスマスイブで大盛り上がりの中、ウマシカは釣りに行ってました。
23日は会社の会議+忘年会にて潰れた。
か~ちゃんからは「家の片づけに邪魔だから行って来い!」とお許しを頂きいつも通りのコースで5時半に海楽園に到着。
えっ?チビ助のプレゼントは・・・当然事前に用意してありますぜ旦那(爆)

20121224-02

いつものTと海楽園で釣る予定(釣り物は五目かカワハギで決めていなかった)だったので、席札を取らずにあいつを待つ間、船長に挨拶しに行くと、「今日は絶対に真ん中~艫側に乗りなさい。ミヨシに乗ったら厳しいよ」って話だったのだが・・・。
6時になってもアイツ来ない・・・。電話を入れると「寝坊しました。今日はもう寝ていますので五目船に乗ってきた方がいいですよ!」だと、よし!今日の釣り物はカワハギ。釣り座はどこにしようかな・・・左舷なら艫側空いているけど寒いのイヤなので右舷ミヨシに決めた!完全に裏目だがまあイイや。
20分で1キロほどアサリを剥き終え、前回くじ引きで手に入れた新スマックRTを竿にセットして準備してから艀に乗り込んだ。

20121224-03

20121224-04

この日の同船者には以前の釣行で隣だった萩○さんがいたのだけれども、氏の竿(ステファーノ改)を見ると見慣れないリールがセットされている。聞くと新製品のジリオンPEスペシャル(ギア比7.9)だそうだ。リールの初下し釣行だそうで、楽しみだと言っていた。

本日のタックルは
竿・リール:極鋭カワハギ1342 + スマックRT100HR
      極鋭カワハギ1454Air + スマックRT100SH
道糸:PE0.8号
集器(中錘):ピラピラ集器、ラトル入り集器 ゴム貼りガンダマ1.5号を付けたり外したりで使用
        追加でケミホタル37㎜を仕掛けに装着
幹糸:3号 錘25号 幹糸間隔は上から40センチ・12センチ・10センチ・7センチ
ハリス・針:3号・がまかつ競技カワハギ 速攻4.5号
       2.5号・がまかつ競技カワハギ くわせ5号

鈎のセッティングは上から食わせ・食わせ・速攻で開始。真ん中だけ食わせ⇔速攻に切替えた。
1342に仕掛けをセットして久々に釣り始める。
この日の釣り場はカメギ根20mラインと40mラインだった。前半戦は20mライン。風が強く変なうねりが残っているが、タタキ~ゼロテン~送り込みで早々に1枚目。その後も連荘込みでポツポツ揚げていく。が、なんかしっくりこないので6枚ほど揚げた時点で1454Airに竿をチェンジする。ただ船内のアタリの出方が完全に艫側から始まっているのが気がかりなのだけれども・・・

20121224-05

9時半ごろツ抜け。結構いいペースだね。とその次の流し右隣の極鋭使いの方(極鋭氏と記す)に無敵タイムが訪れる。トリプル(汗)からの6連荘。極鋭氏はタタキ弛ませの釣りをしていたので、真似してみるが、完全に引きずられて釣れるってな感じだったので、チョイテンの釣りに戻して釣り続ける。

20121224-06

極鋭氏の無敵タイムはその流しだけだったのだけれども、その後も確実に釣り上げているので抜かれたかな。
10時反頃深場へ移動。アタリが遠い・・・たま~にあるけどバラしまくる。上がって来ても唇の皮一枚とか・・・魚自体はいる気配があるけど餌を積極的に追わないようだな。時々ワッペンサイズが掠め取って行くのだけれども、掠め取って行く変化を感じ取れない時が多い・・・オイラはヘタクソだな。
深場での釣りの時、この新しいリールのギア比に一抹の不安があった。スマックRTは3代共持っているが、ここ最近この竿(1454)には初代RT(ギア比6.3)を組み合わせて使っていたので、前回久々に2代目(6.5)を使った時、深場での巻き上げが重く感じたので3代目(ギア比7.0)だと相当重く感じるのでは・・・。
実際に使ってみると2代目より軽く感じたのには驚いた。これが技術の進化ってやつなのか・・・マルイカに使っても面白そうだな。

20121224-07

本当にたまにあるアタリを拾って成人式を迎えたのは13時。だんだん風が弱くなって海が穏やかになってきた。

20121224-08

14時近くなってもう一度20mラインに戻る。魚の活性が上がってきたようで最後の流し前に5枚ほど追加し、最後の流しで1枚揚げた直後、根掛りロストした所で竿を納めた。結局この日はほとんど底だったなあ・・・

20121224-09

20121224-10

この日の釣果はカワハギ26枚(キープ17枚)、ウマ1枚、カサゴ1枚。隣の極鋭氏は22枚、船中釣果は9~26枚だった。

20121224-11

帰港時船長との会話で「ずっと艫から魚が入る一日だったね。朝言った通りだろう」・・・確かにその通りでした。「でもあのうねりであそこの席での竿頭はよくできました。朝の内しか活性は良くなかったけどどうにか形にはなったな」・・・これは褒められたという事でイイのかな

帰宅後下処理して冷蔵庫へ入れ、家族でクリスマスパーティー(魚料理は無し)の夜になった。

さてこの日の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:3 (船長のアドバイスを素直に聞いて左舷でも座ればあるいは・・・)
釣果:3 (う~んバラシが無ければもう少し上積みできるはずだし・・・)
釣全般:2 (チョット魚の活性に釣り方が合っていない気がする)
料理:4 (ミリン干し・ミリン干し
総合:17/25 (新しいリールなかなかイイね)

さて年内はあと一回行けるかな・・・