気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

スルメイカ

夏休み釣行(御前崎発スルメイカ)

久々の更新となる今回の釣行は、タイトル通り御前崎発のスルメイカ釣行だった。

直前に台風通過があったりしてたのだが何とか出船できた。今回もいつものTとの釣行。
今回は読者の皆さんが望むようなへぼ釣果じゃないよ・・・残念!

まずは釣果はこんな感じ
20140813 (4)

当海域の事前情報だとまあ良ければ束越えがチラホラ。釣行直前は焼津のイカ専門船で頭40杯前後ということだった。

釣行日は8月13日 船は今回も漁栄丸。今回は我々2人しか乗らなかった。
4時半集合し、船宿表記は大漁根というところに向かう。
今回のタックルは御前崎ということも有り

20140813 (1)

竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:電動丸4000ビーストマスター
道糸:PE6号
錘:中錘30号
(下錘は120号~150号を使用。)
仕掛:プラヅノ18センチ直結14~16本
プラヅノは今回はピカピカ針のみ使用した。
Tはたまご針の仕掛けで開始。

ポイントの水深は160~180ぐらいだった。凪だったのだけれど霧がすごくて船長から、
「霧がすごいんであまり動けないんで取敢えずやってみて、そのうち晴れるからあまり釣れないだろうけど我慢してやってみて」ってアナウンスとともに開始。
船長指示は底付近とのことだったのだけれど、底上30mから落とし込んでいくと・・・触るんだなコレが
Tも同じようにさわりを拾って一投目から乗せる。
そのまま大流しとなり、その後もぽつぽつ乗せて行くと・・・中層(80m~100m)付近でも触るので掛けていくと・・・速度一定モードにしておいたビーストマスターのブレーカーが落ちた。マヂで!?
凪だったんで落とさず揚げてきたんだけど、船べりでイカを落とす落とす。判っているだけでも5杯落として6敗上げた。また上がってくるイカが巨大。ビール瓶超級サイズだった。そんなのが10点以上乗ればいくらビーストマスターでも楽々モードじゃないとだめだろうな・・・と納得。Tにも中層で触ると教えたら乗せまくっていた。やっぱたまご針強いわ!この中層のイカは、たぶんサバだと思うけどほぼ同じ棚にいる魚を追っているみたいだった。ブランコだとこの中層のイカは厳しいかな。
20140813 (3)

その後は空振り無く2~3点掛けでしばらく中層で連釣していくと操舵室から船長が出てきて「ちょっと厳しくてごめんね」「いやあアタリがあるんで面白いですよ」と答えると、「棚いくつでやってる?」「80くらいで触ります。たぶんサバもいるみたいだけど・・・」で操舵室に戻り魚探を見ると「今は80m~100mの反応の方がいいかな。でも底の方にもあるんで乗らなくなったら底でやってみて」だって。
3流しほどして30杯ぐらいだったかな。いいペースじゃないですか。ポチポチ釣って50杯超えたあたりで腕がツッタ。変な汗も出てきたので、1時間半ほど仕掛けを入れないで沖干し作りと、休憩を摂った。この間Tは絶好調。最大9点掛けを含めて休憩を終わるころには40杯以上差をつけられた。
だんだん晴れて周りの船が見えるようになってきた。沖干しを多くしている船は、焼津の小林丸 興英丸さんぐらいであとの船はあまり干していない。前記2船は10人くらい乗っているからか?
チョットTに差をつけられすぎたが追い上げ開始。中層からの落とし込み~追い乗りで最大8点掛けだがいい感じで揚げていく。Tはサメ被害にあい錘3個ロストしていた。
最後の一投でも揚げて終了。

20140813 (2)
最終釣果は126杯(カウンター撮影後数えなおしたらひとつ抜けていた) 64杯ほど沖干し。何気に束越えはブログ開始初だったりする。
Tは134杯(船宿釣果は誤り)。8敗届かなかった・・・orz

船中2人で260杯・・・なかなかイイんじゃない。帰港時船長さんに聞くと他の船はあまり駄目だったみたい。帰宅後HPを見ると小林丸で40杯前後 興英丸で83杯だった。同じような海域でやっていても流す位置で変わるんだな。今回は船長の操船に感謝だ感謝。
しかしイカがデカいな。ビール瓶超級サイズの割合が多い。沖干しした中で1杯だけ抱卵して身が薄くなっていたが、残りは肉厚凄かった。ニセイカサイズは1杯だけだった。

実家に帰省時半分ほど置いていき、残りは冷凍庫へGO!

ごめんね今回は久々の釣れた日記で文ばかりになっちゃた。

さて久々の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:5 (中層反応を捕えられたのはヨシ!)
釣果:5 (そく・ソク・束越え)
釣全般:4 (腕が釣らなければまだまだ上乗せできそうだったので)
料理:5 (沖干し旨い)
総合:24/25 (久々に燃える釣りになったな)

6月22日 イカ事態に嫌われている気が・・・

記事書くのをサボってた間の第3弾

またまたスルメ釣行。船宿も光三丸。
久々のTとの釣行だった。席も前回と同じ左ミヨシ2番。

20140622 (1)

タックルは前回と同じく
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘30号(直結) 下錘は120号。予備150号。
仕掛:18センチ13本 直結式(幹糸14号)

20140622 (2)

この日も前回釣行と同じく落とし込みで掛けないと・・・ってな日だった。直結仕掛けで始めた人も早々にブランコ仕掛けに変えて落とし込みで乗せていく。私・・・ブランコ仕掛け持ってません 笑

Tも直結仕掛けだったけど。まあよく乗せる。しかも多点掛け(と言ってもせいぜい2・3杯掛けなんだけどね)が多い。

20140622 (3)

1日を通してブランコ落とし込み絶対有利だった。だって落とし込みで触っているのに引っ掛からないんだもん 
マジでイカに嫌われているっぽいなあ。
ツノはピッカピカ針でみんなと同じなんだけどなあ・・・

途中奇跡を起こすぜ!ってことでミラクル針に変えたけど全然ダメ。

・・・orz
20140622 (4)

20140622 (5)

で結果はスルメイカ26敗・・・頭の半分は釣れたけど久々にTにやっつけられた。

なんかおかしい。イカ釣りってこんな厳しかったっけ?

さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (何がなんだかなあ・・・)
釣果:2 (おかずは釣れた)
釣全般:1 (落とし込みで掛けてからの追い乗りテクまだまだだな)
料理:3 (ニセイカ級が多かった。まだアニキはいないみたいだな)
総合:12/25 (イカ全体に嫌われている気が・・・)

まだ釣行記事はもう一回分あるんだな
どんだけサボってたんだか 爆 

6月16日 スルメ釣行・・・落とし込みに賭けろ!

記事サボってた間の第2弾

マルイカに弄ばれ傷心を癒そうとイカ繋がりでスルメイカ釣行。本音はマルイカより釣れそうな気がしたからってのはバレバレだが 爆

剣崎のお船はマルイカ一色。う~んどうすっぺかな・・・
長井の船にしよう。看板の沖イカ行ってなかったんだっけw

20140616 (1)

で朝4時50分に出発。のんびり走って光三丸には5時20分ごろ到着。2隻出しだった。席を選べる立場じゃないので、おかみさんに「どこでもいいから乗っけて ^^;」で3号船の左ミヨシ2番に乗っかった。

当日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘30号 下錘は120号。予備で150号。
仕掛:18センチ13本 直結式(幹糸14号)

スルメイカ釣りの時はブランコ仕掛け持っていきません。っていうか仕掛け作ってもいませんw

この日の釣り場は城ケ島沖100m前後だった。
目潰しじゃない方のサミングで仕掛けを降ろしていくと・・・触る触る。これは底からシャクリ上げでズラズラズラ~てな感じか イヒヒヒ・・・
 と底まで落としてシャクリ上げると    シ~ン Oh No~
どうやらイカの足が速いのと違って下からのシャクリ上げに反応しないみたいだ。

20140616 (2)

で次の流しからは落とし込みに全集中。するとガシッ!
お祈りもとい追い乗りはあんましないけれども、一流しで3回程度は仕掛けを入れられる。

20140616 (3)

9時ごろの時点で30杯。全部開いた所からはとにかく触らない。
船もぐるぐる。で少し上積みして終了。

20140616 (4)

この日の釣果はスルメイカ40敗
当船の頭の8割釣れたからヨシ!
別船は達人が90以上捕ってたけどね・・・

さて採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:4 (落とし込みで捕れたのはOK)
釣果:4 (もう少し上積みしたかったな)
釣全般:3 (取り込み落としだめだね)
料理:3 (沖干しの安定度 笑)
総合:19/25 (久々の120号は重かった・・・)

次回釣行に続く

2014初釣りは・・・イカ釣り

2014初釣りに行ってきた。

前日の夜の某国営放送の天気予報を見て問題ないことを確認し、竿を見ていると、イカ竿が眼に入った。
で、イカに行こうとその場で即決。寝坊せずに起きれたので剣崎間口喜平治丸に行って来た。
2014-01-01
船宿に着くと、既に3隻出し、かつほぼ満席だった。若女将さんに挨拶し乗れる?って聞くと何とか乗れるとの事なので一安心。
今回は親父船長の船。左艫3番、右艫側に名人が乗船していた。船長に挨拶がてら最近の様子を聞くと鯖はうるさくなく、日によってだけどヤリの割合が多いから11センチブランコがいいよって事なのでブランコ仕掛けをセット後、何時もの様に隣の方に挨拶すると「イカ釣りどころか船釣り初めてなんですよ」との事。グループで来られているみたいだが、直結仕掛けを投入器にセットしていた。
今回は(も)忘れ物が多い。船宿の近くでカメラを忘れたことに気付く。問い事で今回の写真は携帯で撮影した物。
2014-01-02
更に仕掛けをセット時、バックの中にブランコ仕掛けって言うより11センチの仕掛けがブランコ一組しか持って来ていなかった。あとは何を持って行ったかって?14・18センチの直結のみ。チトマズイな(汗)
本日のタックル
竿:リーディングXサソイ 100-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号(レオブリッツ500)
錘:下錘は120号。予備で150号を持参。中錘はなし
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸5号、エダス3号)
直結スルメ道具は持って行っただけだった。

2014-01-03
この日の釣り場の水深は130m~210mと幅広かった。早々にスルメとヤリイカの顔を見れて一安心。回りの様子を見るとどうも14センチのツノは分が悪いようだ。マヂで今使っている仕掛けがパーになったら終わり(船長の所に買いに行けばイインダケドネ)だわ(滝汗)

隣の方は1投目で多分スルメだと思うけど乗せたが、取り込み時にラインテンションが抜けてしまいバラシ。その後も乗せるけど取り込み時や巻上げ中にばらしていた。潮周り時聞かれたので、直結仕掛けは「糸のテンションを抜かないで、取り込み時ゆっくりでもいいから上げ続ける」とばらさないで上げられるって教わって来たことを伝えたが、最終的には船長からブランコ仕掛けを手渡され、「絡みやすいけどこっちの方がバレ難いから」って言われてブランコに変えていた。
2014-01-04
10時ごろにツ抜けしたけど、その後は渋神様、更にはバラシ病の効力聞きまくり、やっとのことで乗せても残り30mでばれてしまう。足・吸盤だけで上がって来るばかりだった。カンナのチェックもマメにしたが特に異常がない。う~ん今年も悩みまくりになりそうだなあ・・・
2014-01-05
最終釣果はスルメ3・ヤリ10の13杯で終了。(写真は撮り忘れ)
何とかおかず分にはなったか。

2014-01-06
夕食は久々のヤリイカの刺身にしたが、コレマルイカ?って一瞬思ってしまうほど甘みが強かった。冷凍庫のイカストック切れているのでまた釣りに行こうっと。

さて採点は
準備:2 (仕掛けの忘れはマズイよな)
状況判断:2 (ダメだね)
釣果:3 (バラシが多すぎ)
釣全般:3 (釣り方忘れてたw)
料理:4 (甘かった)
総合:14/25 (久々の重量級タックルは重かった)


さて次回はイカ?サカナ?また釣行可能前日に考えるとすんべ

2月23日 今季初???ヤリイカ釣り

マルイカの模様が全然ダメなので。ノーマルタックル(ここ大事!)のヤリイカ釣りに行ってきた。
20130213-01
船宿は剣崎間口喜平治丸。久々の重量級タックルでの釣りだったので準備が大変。竿にリールをセットし、去年作っておいた仕掛けを引っ張り出し投入器を積み込んで出発。
5時半頃に船宿に着くと先行者18人(汗)
やはり人気あるねえここは・・・
既に2隻出しは決定、後何人か増えたらもう一隻増やすつもりだったみたいだけれど、私の後に1人来ただけで結局20名が10名づつに分かれて乗船した。
今回は若船長の別船の右ミヨシ2番。出船前に親父船長さんから落とし込み釣法のデモンストレーションがあった。この釣り方はブランコだけでなく直結でも使えるので覚えておいて損な事は無いと思う。知りたいなら一度釣行する事をオススメします。
準備しながら若船長に話を聞くと、どうやらスルメは混じる程度らしい。ここでブランコ仕掛けをセットしたのだけれど、後から思うと直結の方が良かったかもしれないがそれは後述。
20130213-02

でこの日のタックルは
竿:リーディングXサソイ 100-150
リール:シーボーグ300
道糸:PE4号(シーボーグ300)
錘:中錘10号 下錘は120号。予備で150号
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸5号、エダス3号)
直結用のタックルは持ち込んでいたが使用せず。

今回は
この記事の時に購入したカラフル針で仕掛けを作成し、使用した。結果的に朝準備した仕掛けで一日通した。
出船後ここ最近好調の城ヶ島沖200mラインで始めるんだけれども乗らない・・・周りの船(剣崎・三崎・長井船)も揚げている姿を見かけない。前日夜の西風のせいかウネリがある。北風も強いので寒いな
20130213-03
10時ごろの時点でスルメ1・ヤリ1敗だった。今年も渋神様は絶好調まいったねえ。
でここで若船長洲崎に向けポイント移動を決断。親父船長は粘るみたいだ。
イイよ若船長、ダメで元々、あたればラッキー。釣れなかったら釣り手が貸し竿だったという事にすればいい(爆)ぐらいの気概で操船してくれい
20130213-04
で洲崎沖に着くと、潮が緩みだし獲れる様になるが、上潮が早く一流し一投なのは参った。お祈り追い乗り目指して釣って行く。若船長いい反応を捕まえたみたいで、他船が何隻かこちらの方に向かってきた。やったね
ここでは宙層指示が多かったので落とし込みに集中して獲って行く。スルメも混じるけどヤリの方が多いな。一回だけ再投入出来た流しがあり、そこで本日最多の4点掛。
20130213-05
この海域には東は浦安船、西は腰越船が2箇所に分かれて船団になっていた。腰越船・葉山船・八景船(写真には写っていないがすぐ傍に鶴見船も居た)と普段なかなかお目にかかれないコラボだね。
最後の流しで1杯獲って終了。若船長が「今日はキツかったです。反応が狭くて(群れが小さいという意味で)足が止まらなくて追いきれなかったです」と言っていたけれど、そんなこと無いってこういう日もあるよ。私にとっては通常運転だが(爆)
「反応が狭くて」って朝の内から言っていた事をもう少し考えるべきだったかもしれないな。指示棚はそれなりに広範囲だったので14センチ直結14本の仕掛けを使い幅広い棚を一気に探るべきだったかと反省
20130213-06

20130213-07
釣果はヤリイカ17杯スルメイカ5杯の計22杯。当船の釣果は6~27。親父船長の方は6~34だった。まあ今回は釣り手が貸し竿だったということで勘弁してくれい若船長
20130213-08
上潮が早かった割にはオマツリ無し。周りの方もベテランだったので釣果も均等だった。当船の半数以上が20杯越えだったとの事。船全体の釣果は結構行っていたと思う。

20130213-10
帰りにヤギタによってマルイカスッテを購入して帰宅。某メーカーの6本立てカンナ細っ!

20130213-09

夕食はヤリイカ刺身・オミヤで貰ったメカブ、茎ワカメ(茹でてマヨネーズをつけると旨い)、写真には写っていないがスルメとこれまたオミヤの大根との煮物にした。
さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (直結仕掛けの投入に踏み切れなかった)
釣果:4 (おかず分としては十二分だし)
釣全般:2 (マダマダだね)
料理:4 (メカブも旨いけど、茎ワカメの旨さに改めて感動)
総合:16/25 (久々の錘120号はシビレタ)

マルイカ復活まで暫らくはヤリイカメインのたまに魚かな・・・マルイカ来ておくれよ~
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ