気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

スルメイカ

夏休みの撃沈釣行!?(2本立 前編)

ああ夏休み・・・終わっちゃった(泣)
今年は不完全燃焼(?)の夏休みだったかも・・・
ということで夏休みの釣行2本立ての第一弾は、今年も行ってきましたスルメパラダイス御前崎!今年は束釣り目指してタックルから見直して意気揚揚だったのだけれども・・・。まあ知っている人は知っているだろうけど今年は全然ダメダメな御前崎。焼津のイカ専門船は石廊崎沖まで出張って何とかやっている状況らしい・・・。
船長に予約入れた時も「全然釣れないよ、ボ○ズ出るし。保険で鬼カサゴやろうよ・・・」てな具合だった。まあ撃沈釣行はいつもの事なので「撃沈全然問題ないです。スルメメインで行きましょう」と連絡しいつものTと出発。彼も前回のイカ釣りでスルメのパワーに翻弄され4000番のリールを新調していた。
今回も前回と同じ船宿で4時に出船。浜松から来られた常連さんが加わり3人で出船した。
この日のタックルは以下の通り
20120813-01
イカ用
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:電動丸4000ビーストマスター
道糸:PE6号
錘:中錘30号
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ18センチ直結18本

鬼用
竿:リーディングX サソイ 100-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:下錘は150号を使用。
仕掛:天秤吹流し式3本針 幹糸10号 ハリス8号 ムツ針18号使用

航行中に常連さんのタックルを除くとシマノの新しい電動(フォースマスター)が2本竿共にセットされていたので使い心地を聞くと、「あれダメダメ、初期不良もいいところ」とのこと。詳しく聞くと、液晶パネルの防水が甘いのか曇りまくるそうだ。釣具店に修理依頼した時にメーカーから貸してもらった別のリール(2本目の竿にセットされていた)もおんなじ症状だそうだ。あとで曇ったのを見せてもらったけど、確かにあれじゃ何にも見えない。ネットで調べると、どうやら回収かかっているみたいだな。う~ん新製品はこれがあるから怖い。
常連さんも直結仕掛けで行くみたいだけどツノの配色を見てびっくり!ピンクとケイムラのみの仕掛けだった。聞くと愛知・三重の方では結構メジャーな仕掛けだそうだ。ところ変われば・・・って奴か、これだから遠征は面白い。同じターゲットを狙うのでも仕掛けが色々。自分の知識が増える・・・ついでにウデが上がればなお良いのだけれども(爆)
常連さんは10本でいくみたいで、私が18本だというとギョッとしていた。まあ下手な鉄砲数撃ちゃ・・・なのだけれどもね(笑)
操舵室で先行している職漁船の無線を聞いていると唖然とした。船中3杯って・・・(汗)
船長さんと「今日は船中6杯つれれば御の字だな・・・」って話したけどまさかここまで模様が悪いとは・・・これは一杯を大事に行くしかないな。
20120813-02
実釣は180mラインで開始、落とし込みの触りはなく着底。「たぶん底付近で乗ると思うけど・・・」のアナウンスに従い、マルイカの釣り方で釣っていると触りが有り何とか一投目から乗せることができた。この時Tは3杯掛け、常連さんは2杯掛けで早々に船の目標はクリア。ウン何とかなるのかな?
2流し目も同じような棚指示だった。マルイカの引っ掛けをイメージして1杯目を乗せ電動シャクリでお祈り追い乗りを狙うと付いた。とはいえ抱きが悪いのか海面でポロポロ。6杯掛けて3杯しか取れない体たらくだった。
群れが小さいので2回目の投入は間に合わない。
次の流しでは何とか追い乗りに成功し6杯掛け(これが船中最多点掛けだった)に成功。リールは流石のパワーだな。全然負荷が掛かっている感じがなく巻き上げていく。これなら10杯掛オーバーも私の腕次第だな(苦笑)

20120813-03
とそこまででおしまい、その後はな~んにも触らん。っていうかイカがいる気がしない。T・常連さん・船長と相談して開始9時頃でスルメ釣りをあきらめ鬼カサゴ釣りにバトンタッチした。
ここでカメラの電池切れ。鬼カサゴ釣りは1投目で1.5キロサイズを掛けたのだが、巻き上げ中にリールが急停止。復帰を試みたがダメで手巻きで100m以上巻き上げ海面でタモ入れ寸前でハリ穴が広がっていたのかバラシテしまった。またもかメガツイン・・・ここの所ノートラブルだっただけに落ち込んだ(泣)
20120813-04
その後バッテリーを変えたり、船電源につないでみたが復帰できず、イカ竿での釣りを続行するのだけれども、竿が先調子過ぎて、アタリを弾きまくる。
常連さんはムーチング系の竿で置き竿にしているが仕掛けが安定しているので釣りあげていく。がここで凄かったのはTだった。あいつ船酔いしてろくすっぽ竿を動かしていないのにアタリまくり。沖メバル・ハチカサゴ・鬼カサゴを連釣していく。フラットな平根だからってのもあるが、マジでツキまくり。最後のころになってどうにか誘い~送り込みの動作をイカ竿に合わせることができるようになり連釣できるようになった。常連さんから「あなた方上手だね~」って言われた時はちと嬉しかった。
結局この日の釣果はスルメイカ10杯・鬼カサゴ5匹(500g~キロ未満ばかり)・ハチカサゴ2匹で終了(写真撮り忘れ)
どうにかこうにかだった。これはリベンジしないといかんなあ・・・

というのが第一弾の撃沈釣行。えっ終わってみればそうでもないんじゃないかと思われるけどこの船の鬼の釣果はこんなもんじゃないのだな(汗)トップでツぬけは普通だしね。

さてこの日の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:3 (?????)
釣果:3 (まあこんなもんか)
釣全般:3 (まさかここまでダメダメだったとは・・・)
料理:3 (夏場のオニも旨いね)
総合:17/25 (燃える釣りにならね~)

長くなりそうなので第2弾につづく

2月19日のイカ釣り・・・一人蚊帳の外

さて先日のイカ釣りについて記すことにしよう。
20120219-01
19日はイカ釣りに行った。まあタイトルから推測できると思うが、あくまでもイカ釣り(ここ大事テストに出るよ・・・笑)なのだ。
20120219-02
船宿はいつもの剣崎間口港喜平治丸。5時半ごろに到着したが先行者は11人その後どんどんお客さんが来て2隻出しになり、本船(8号船)の左ミヨシに釣座を構えた。本船の右艫に前回も同船した常連の名人(お二人)が入っている。スゲー釣るんだろうな・・・
20120219-03
本日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘10号(ブランコ仕掛け) 中錘30号(直結)
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ11センチブランコ8本(幹糸6号、エダス4号)
        18センチ6本+14センチ6本 直結式(幹糸14号)
で開始時は竿はイカシャクリ・直結仕掛けで開始した。
20120219-04
洲崎沖のポイントで開始するが・・・ありゃ乗らね~。隣の方は普通に3点掛けとかしているのに、ナゼかオイラだけ蚊帳の外だった。う~ん何が悪いんだ(焦)
しかも落とし込みでイカの触りがあり、引っ掛けようとするも、ナゼかスカッ・・・え~どうなってんの???
20120219-05
ぽつ~りぽつ~りとどうにかスルメイカ(ヤリイカは1杯だけ)を乗せていく。が廻りの方のペースに付いて行けない。
20120219-06
う~んひょっとしてツノの配色、それともツノ自体のせいなのか?
今使っているツノって確かもう何回も再利用しているやつだな・・・試しにこれも再利用しているツノだけれども替えてみると、少しは乗るようだ。でもそれだけでは無いな。どうやら配色が嫌われているみたいな感じだ。
20120219-07
その後11センチブランコ仕掛けに替えてみると廻りのペースと同等以上に乗るのだが、スルメばかり乗ってくる。う~ん前回のイメージが強くヤリイカが出ると思いブランコで釣っているけどここは予備の14センチ直結を出しても良かったかもしれないな・・・
20120219-08
結局、個人的には何一つ盛り上がりの無いまま終了となった。
20120219-09
この日の釣果はスルメ25杯、ヤリ1杯の26杯で終了。本日の最多点掛けは5杯掛けで後は単発ばかりだった。件の名人がヤハリと言うか当然の結果で62杯だった。名人の半分も行かなかった・・・。名人と沖上がり後少し話したが「ツノが嫌われたね。前回の私と同じだよ」って言って貰えたけど、そこからのリカバリーが全然ダメだったな。
まあ晩のおかず釣りとしては充分すぎるんだけどね。でもこの状況ならもう少し上積みできるようにならないとダメなんだよなあ・・・(泣)
さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (ツノの選択・・・完全にミスだ!)
釣果:2 (おかず釣りとしては良いが・・・)
釣全般:1 (ツノの再利用はほどほどにしないと)
料理:3 (イカ刺し・・・涙の味がした 笑)
総合:11/25 (イカ釣りもマダマダ修行が足りないな)

20120219-10
で帰りにヤギタでヤリイカ用の11センチカラフル針と18・14センチのピカピカ針(不足カラーの分)を仕入れてきたので結びなおそうっと。これでダメなら次は糸を替えてみるとすんべ・・・
えっ、ウデが悪いのは想定内だ。こればっかりは替えが利かないのが最大の問題だが(爆)

え~っと今日は釣りに行ってたんだけど・・・

今日はイカ釣りに行っていたのだけれども、何と言うか不完全燃焼。いや着火せずと言うべき釣りだった。
チトしんどいので釣行記は後日にでも・・・もう寝ますZzz
































でもね晩のおかずは釣れたんだもん。強がりじゃないぞ(泣)

1月29日 激寒・激荒のヤリ・スルメイカ釣行(別名:直結修行)

う~ん昨日は寒かった。今この記事を書いていてもあの寒さが思い出される・・・
20120129-01

1月29日は今期初のヤリ・スルメ釣行にした。ここの所出船している船の釣果を見ていると、安定していないんだよなあ。しかも船によってはスルメイカで出船になっている。
まっ何でも釣れればいいや、晩のおかずくらいは何とかなるでしょうと4時半に家を出発し剣崎に向う。途中でいつものTを拾い、牛丼屋で朝食を取り、船宿に着いたのは5時半ごろ。船宿はいつもの喜平治丸が混んでいたら隣の港の船にでもしようかとTと話していたが、駐車場が空いていた(到着時点で先行者12名だった)のでそのまま受付。あまりに駐車場が空いていたのでまさか中止・・・って一瞬思ったのは内緒だ(笑)

20120129-02

最終的に集まったのは18名だったかな、2隻出しになり、この日は本船の左舷ミヨシになった。本船は右舷5名のグループ、左舷3人+中乗りの弟君(若船長の弟)が竿をセット。右舷のグループは何度もこの船で乗り合わせている常連さん(名人クラス)だった。
イカ廻して貰えるかなあ・・・(汗)

本日のタックル
竿:リーディングXサソイ 100-150
  海人イカシャクリ 150-150
リール:シーボーグ300(サソイにセット)
     レオブリッツ500メガツイン(イカシャクリにセット)
道糸:PE4号(シーボーグ300)
    PE5号(レオブリッツ500)
錘:中錘10号(ブランコ用) 中錘30号(直結用)
(下錘は120号。予備で150号を使用。)
仕掛:プラヅノ11センチブランコ7~8本(幹糸5・6号、エダス3・4号)
        18センチ6本+14センチ6本 直結式(幹糸14号)


出船前に船長から『朝のウチはスルメが良いので直結か大きいツノで始めてください』との事だったので海人+直結仕掛けでスタートすることにする。
航行中北の風が強いなあ、大丈夫か?

20120129-03

洲崎沖のポイントに到着すると。あちゃー北風が強い、しかも写真じゃ判らないけど、ドンブラコッコ状態だ(泣)
直結にはキツイ状況だが寒くて仕掛けを変えるのがメンドクサイのでまあいいや。気合だ気合、気合で何とかするのだ(爆)
潮色は少~しだけ濁り、水温は16℃だったそうだ。200m付近からスタート。船長さんからは『反応が底なので底からでいいよ』とアナウンスが有ったが、暫くぶりのイカ釣りなので復習がてら、落とし込みでイカの触りを探りながら落としていくがお触りなく着底。底を切った状態で、シャクリ落としでイカの触りをリサーチすると、ガシッ。お~乗った乗った、お祈り追い乗りもしながら巻上げる。しかし乗っているのはほぼ間違いなくスルメでバレ難いのだが、取込み大丈夫か・・・。
イカを外しながらツノを取込む事を諦め、とにかくイカを落とさないよう取込み、何とか4杯掛け成功。やったね

20120129-04

次の流しでも同じ様にして、本日最多の7点掛けで、2流しでスルメばかりとは言えツ抜け達成。なんか出来すぎじゃない。
3流し目からは『ここだとヤリイカが混じるよ』ってアナウンスが有り船中ヤリイカが上がり出す。どうにかこうにか3点掛けを交えつつ上乗せする。しかし思っていたよりバラシが無いなあ。ツノが14(18)センチだからなのか、カンナへの掛りがどれも口のそばで良いな。この時マルイカの直結の時のような釣り方をしていたのだが、それが良かったのか。でも脚だけってのが何回か有ったのもマルイカと同じなのは秘密だ(爆)

20120129-05

11時近くまで直結で頑張ったのだけれども、どうもブランコの方が良いみたいなので竿・仕掛けを変更。サバにつかまる時もあったがポチポチ上乗せしていく。

20120129-06

20120129-07

しかし寒いし海が悪いな。風のせいで指先の感覚が無くなりツノ捌きがヘタクソになる(投入器に上手くツノを収められない)。昼ごろから少しは海の状況が良くなってきたけれど、風は結局弱くならなかった。

20120129-08

20120129-09

この海域を攻めていたのは、湾奥船・大津船・剣崎船・佐島船だった。長井船は西の方でやっていたのか見当たらなかった。

20120129-10

20120129-11

船長少しだけ残業してくれて、2時半に終了の合図があった。

20120129-13

この日の釣果はヤリイカ21杯・スルメイカ11杯の32杯(カウンターの写真撮影後数えなおしたらヤリイカ1杯抜けてた)。ヤリイカが多かったと言うより途中からはなぜかヤリイカばかりだった。
Tは酷い船酔いで3時間以上マグロになっていたが、朝のスルメタイムで稼いだ分のおかげで合計17杯。確か当船のスソは13杯だったかな。ちなみにトップ2は右舷艫側の名人の方で41杯。2番手が38杯でオイラは3番手だった。右ミヨシの方は序盤戦でトラブルに見舞われていたが、終わってみれば28杯との事。やっぱあの方はスゲーな。

20120129-12

ちなみにこの日使ったツノは、直結はピカピカ針、ブランコはMDスティック+FN-7赤白帽だった。
今回の釣行で思ったのだけれども、このダイワのツノ、乗りは以前使っていたカラフル針の時と変わらない(むしろイイかもしれない)けど、カンナがどうも弱い気がするんだよね。オイラのシャクリが強すぎるってのも有るけれども、イカを外した後、高頻度でカンナが開いているのが見られる。太さは他のメーカーと同じだろうから材質の違い?かな。14センチに使っているカンナで作って欲しい・・・バランスは気にしない方向で(笑)
Tはたまご針メインで組んでいたけどヤッパあのツノは安定度が高いな。オイラはあえて使わないけど(負け惜しみ)。以前のメインを務めていたカラフル針も再発売したようなので今度ヤギタに行く時に仕入れに行こうっと。
船宿全体釣果は5~41杯だった。今期初の釣果としては上々だな。しかもヤリイカの3分の1は直結で上げたし、少しはできるようになったと言ってもいいかな。

20120129-15

帰りに某釣具店(噂で聞いていた所)に立ち寄って合羽のズボンを購入して帰宅。休みなのに売ってくれて助かりました。しかも想定金額より安かった。
値段はここでは言えないけど、まさに『爆安!』と呼ぶにふさわしいと言える価格だった。他の品物を見る時間が無かったので、今度は正規の開店時間に買いに行きま~す。

20120129-14

夕食はヤリイカを3杯ほど刺身にし、残りは小分けして冷凍した。3杯ともメスで抱卵していたので少しだけ身が薄くなっていた。今年のシーズンは早く終わるのかな?
久々のヤリイカは旨かった。けどこう書くとお叱りを受けそうだが、一度冷凍した方が、釣りたてのイカの透明感とコリコリ感は無くなるけど、甘みが出てオイラは好きなんだよね。まあこれは個人の味覚なのであしからずということで・・・。

さてこの日の採点はというと
準備:4 (防寒対策もう少ししておかないとなあ)
状況判断:3 (ツノの選択はアレで良かったのか???)
釣果:5 (今期初として見ると出来すぎでしょう)
釣全般:2 (ツノ捌きがマダマダだな)
料理:4 (久々のヤリイカ旨い!)
総合:18/25 (直結のヤリイカ・・・少しは上達したか?)


さて寒い日が続くけど次回釣行は何にしようっかな~

今日はヤギタでお買い物

今日はヤギタでお買い物。イカヅノと糸を購入。
ツノは大人気のピカピカ針、箱買いすると安いんで箱買いしちゃった。
糸は置いてあった14号のナイロン

20110821-01









でチョットだけ、リールの置いてあるショーケースの中を見て・・・













家に帰ってきたら・・・















なぜかこんな素敵な物が・・・


20110821-02




20110821-03



20110821-04





そうそうついに買っちゃった(爆)
電動丸ビーストマスター。しかも4000番。これでライト深場・カツオ・ライト泳がせまで行けるナリ(笑)

初電動丸なのでよ~く説明書読もうっと。
ホントはスルメイカをメインに買ったのはここだけのヒミツだ(爆)



20110821-05




しかしデカイ。レオブリッツ500MTとシーボーグ150Sと比べると一目瞭然だ。
レオブリッツも併用(ビーストは重い・・・)しつつ戦えるな。

後はウデがともなえば・・・。実はコレが一番の問題だ(爆)


さ~て明日からお仕事頑張るべ。週末釣りに行ける余裕を残すぐらい(笑)
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ