気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

光三丸

6月22日 遂に・・・ (マルイカ釣行)

6月22日の記録
休みをもらったのでマルイカ釣行。
チビ助のお迎えを考えると佐島船か長井船か・・・で長井光三丸さんへと向かった。
手前の小見山丸さんの店先にいたのは永○名人? 船で聞いたらD社の仕立て船だったそうだ。
宿に着くとマルイカは2人・スルメイカは4人だった。空いていた左舷ミヨシの席札を取った。
スルメ船の方が人数が多かったので配船が変わり大船長の船で出船することとなった。
20150622 (1)

タックルはいつも通りで

竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モード⇔下2本直ブラモードを入れ替えて使用
20150622 (2)
 
スターティングスッテはハダカ系で組んでみた。 
右舷がわのグループの方の内、ミヨシの方は80代の方。挨拶がてら話をすると、「もう歳だからねえ、あと何年釣りできるか・・・」って言っていたけど、一日ずっと手持ちで釣っていたし滅茶苦茶元気じゃないですか?
自分もこんな風に生涯現役で行きたいねと思ったね。

さて釣りの方は港前の探索から。この日の水深は40~50m前後だった。
一流し目から型を見れた。が、それ1杯だけ。港前の状況があまり良くない様で船は南に向かう。
城ケ島? と思ったら小網代の港前でスローダウン先行しているのは小網代船(山星丸)だった。その近くで始めると、始めの内は触りがなかったが7時出船の小網代船が合流する直前から当たりっぱなし。
20150622 (3)
しかもツノの抱き方が素直なんで掛けまくれる。

20150622 (4)
7時10分で15杯。これが今日のハイライトかな・・・ここでどれだけ捕れるかが今日の釣果に響きそうだと思い集中していく。
20150622 (5)

7時半で26杯。この時間は手返しに集中しまくった。
20150622 (6)

8時の時点で32杯。時速16杯・・・すごいペースだな。今のところは・・・
20150622 (7)

チョットこのあたりから抱きが悪くなったようで長井船・小網代船の5隻(光三丸・辰丸・山星丸・大和丸・翔太丸)の船団はばらけ始める 。
大船長は北上を選択。 
20150622 (8)

カメギ根南?というより荒崎沖で再開すると・・・ここでもアタリ出まくり。基本は静の釣りだけど、軽いタタキを入れるとすぐにツノを抱いてくる。でもガバッと抱くような感じじゃないんだな。巻き上げ中のバラシ・海面でのバラシが多い。この前のポイントでもバラシ多かったな・・・泣
20150622 (9)
とはいえイカの活性に助けられ9時10分に50杯到達。これは束イケるか?
大船長はカメギ根側に船を向ける。当地では佐島船・長井船 が船団を形成していたが大船長は船団を離れて反応を探す。
投入ごとにいい感じで捕れるが、イカのサイズがマイクロ級なので、集中力を高めていく。棚が上づる事はなく底近辺での釣りだったことが幸いして、アタリに集中力を注ぎ込んで行けた。
20150622 (10)
9時半で59杯
少しペースは落ちたがイカの触りがあるので、タタキからツノを止め抱かせる事に集中してアタリを出していく。アタリの出方は止めのアタリが多かったな。 素直なマイクロ~気難しいマイクロが混在しているのでツノをしっかり止めないとアタリが出ない状況だったかな。
20150622 (11)
10時20分で70杯到達。
ここからの1時間20分が今日のハイライト。流し始めは触ってこないんだけれども2回ぐらいかな、巻き落としをするとアタリが出始める。
20150622 (12)

その後は連荘モードで静⇔動の釣りを随時シフトしながらアタリを出せた。15回転を含むハイライトだった。
20150622 (13)

11時40分に95杯。カウントダウン開始すると・・・途端にアタリが遠くなった。集中力も切れ始めるがもう少し・・・
20150622 (14)

で遂に12時6分に100杯目 遂にマルイカ釣りで束達成できた。 
かつて直ブラ釣法黎明期に船中束越え3人の日、20杯でぶっちぎりのスソ(自分の上は40杯以上捕っていた)を喰らったトラウマの釣りで束越え達成できるとは・・・・(≧▽≦)

この後1杯捕ったところでアタリが消えた。というより集中力が完全に切れたというべきか ・・・
20150622 (15)

20150622 (16)

当日釣果は101杯。船中釣果は1~101 
家にそれほど持ち帰れないので、10杯ほど持ち帰り 残りは右舷側のグループのお二方に貰っていただいた。助かりました<m(__)m>

どうにかこの釣りで一つの目標としていた束越えを達成できたが不満は残る。バラシたイカも捕れたらあと20は上積みできたのだから・・・。マダマダ ダメダメだね。

この日良かったツノはケイムラ・ブルー・紫かな。コマセツノで入れていたネオンのピンクもいい仕事してくれたな。

当日の船宿寸評は

【スルメ船】
澄み加減の潮の差し込みとともに、上昇気配だった城ヶ島沖。
イワシや小魚などと一緒にスルメも入り込んできましたね。

朝から広範囲に反応多数。
イカ場付近には、澄み~薄濁り~濁りといった感じで3段階に潮目があります。

澄み潮の中では型見た程度。
薄濁り潮の中で活発に乗り始めました。

高さのある好反応が見つかり、1回で抜けてしまうこともありましたが、船下に留まる事もあり。
乗船者の皆さんも言っていましたが、手練れの方でしたら束釣り級といった乗りでしたね。

船中4名、18、32、39、49杯

夏イカシーズンに向け、この調子で続いてくれる事を祈るばかりです。


【マルイカ船】

もう誰もが疑う術もない、今期は久しぶりの豊漁年。
タックルや仕掛けの進化に加え、釣人や船長達の努力や工夫により、今までは釣る事ができなかったイカまで掛ける事が可能になったという事情もあると思います。
各地で束釣りも珍しくありません。

だだ、攻略難易度の高さは御存知の通り、腕前による大差が付いてしまいますね。
イカは間違いなく多いです。

掛けられるチャンスは例年の数倍ありますので、上達や入門のチャンスです。

明日はスルメ船ご予約頂き出船確定、3号船での出船となります。
1号船のマルイカは予約受付中です。

さて採点は
準備:5 (忘れものなし)
状況判断:5 (ツノの選択は良かったかな?)
釣果:5 (そ・く・ご・え
釣全般:3 (掛けたイカはバラしちゃダメ)
料理:1 (冷凍したので)
総合:19/25 (トラウマ克服か!?)  

5月30日 マルイカ釣行 マイクロを掛けろ!

20150530 (1)
30日もマルイカ釣行だった。
かーちゃんからは「魚!」って言われていたけど華麗にスルー(爆)

20150530 (2)
船宿は長井光三丸さん。
松輪船も考えたのだけれど、今回はチト試したいことが有ったので城ケ島西側エリアをメインで攻めそうなこの船にした。
後で成銀丸さんのHP見ると藤○さんあの人数の船でキッチリ竿頭だし・・・名人は違うね~
船宿には5時少し前に到着。3番目だった。左舷のミヨシ・艫ともに空いていた。何の釣りでも個人的に一番好きな左ミヨシが開いていたので席札を取った。結局その後2人来たので右2 左3 合計5人で大船長の操船で出船となった。
右のミヨシは常連さん(MCゲーム レッドチューン使い)。右艫は前回・前々回の光三丸釣行でご一緒したカップルさんの彼(メタリア82)。左舷の乗り合わせた方は初めてみる方だがギフトセット1号竿・2号竿(AGS-A AGS-F)使いだった。ウワッ!全員メタルトップじゃない!凄いな・・・

20150530 (3)

タックルに変更はなく
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モード⇒途中から下2本直ブラモードで使用した。 
スターティングスッテはハダカ系で組んでみた。
出港後港前から南下しながら群れを探すが早々に城ケ島西側の船団に合流

20150530 (6)
付近では佐島船~剣崎船がマルイカを追っかけていた。

ファーストヒットはムギイカ、その後マルイカも掛かる。ただイカがスレ気味?流し換え後の1投目はいいサイズが上がるんだけれどその後はマイクロ級がちょっかいを出してくるんで掛けきれない・・・
右ミヨシの方もいいペースで掛けている。
20150530 (4)
7時の時点でツ抜け・・・ペースはいいけど、触りに対して掛けられない。船長さんは「触る?触らないなら新しい群れ探すよ」って言ってくれるが触るんです・・・。

20150530 (5)
ここで今回試したかったことを実践。っていうか以前からもやっていたことだけれど、少しだけ仕掛け操作を丁寧かつ、あたりの見極めをしていくと・・・マイクロ級が捕れる!

20150530 (7)
8時半で25杯。イカがタタキに反応するのでタタキを中心に誘いを組み立てていく。8:2調子の竿の方がよかったかも・・・竿交換をめんどくさがってそのまま釣ってしまったが・・・

20150530 (8)
チョットここからは集中していたので写真はなし。単発の流しもあるが2~5回転で捕れる。マルイカの出す多彩のアタリの内、この日は止めのアタリが多く抑え込むアタリが少なかったかな。

20150530 (9)
11時10分ごろ46杯 。ここからの40分間がハイライト。静の釣りで連荘で捕れる。アタリが遠くなったら動の釣りにシフトすると捕れる。マイクロが多いので集中して掛けていく。

20150530 (11)

20150530 (10)
11時50分で58杯。潮の動きが出てきた?何か様子が変わった気がしたので、下2本を直ブラモードに変更。

20150530 (12)
12時ごろ61杯。

20150530 (13)
12時半ごろ70杯。(このツノもいい仕事してくれた)
直ブラ部に掛かることが多くなってきた。ツノに対しておっかなびっくり抱くような感じだったので芯のアタリを出すのが難しい。ツノを嫌っているわけではないのでアタリをキッチリ出していけるように釣っていく。
最後の流しで80杯になったところで終了となった。

20150530 (14)

20150530 (15)
この日の釣果は80杯。
マイクロ級が半分だった。中型~良型もいたのでまだまだこれからが最盛期だな。

20150530 (16)
特定のツノに乗りが偏ることはなかったが、ケイムラ、ムラサキ、茶、青系のツノが良かったかな。ピンク系は良くなかったがコマセツノとしては有効だったかも。3.5のツノは今回はダメだった。

当日の船宿寸評は 

城ヶ島沖は朝から上潮の速い濁り潮。
全体に反応少なく、厳しい状況。

イカ船はあちこちに散らばりましたが、本船は粘りの操業。
空振りの流しが多かったのですが、当たると5~6杯掛けになっていました。
船上は3名様で、もう1名は12杯でした。

おかげさまで明日もご予約頂きましたので出船確定です。

マルイカは相変わらずの状況。
船中5名、13、26、35、52、80杯。

両船ともガラガラですので、お気軽にお越し下さいませ。 

周辺の船の釣果はこんな感じ
20150530 (17)

さて採点は
準備:5 (忘れものなし)
状況判断:4 (直ブラにした判断は今回は○)
釣果:5 (十二分です)
釣全般:5 (試していたことが上手く行ったかな)
料理:5 (相変わらず旨いね)
総合:24/25 (いい感じだった)  

5/5 マルイカ釣行 (光三丸)

どうにか休みが取れたのでまたもやマルイカ釣行
20150505 (1)

いつものTは海楽園から行くって言っていたのだけれど、今回も光三丸さんへ
宿に着くと8番目。マルイカでは最後だった。大船長さんに挨拶がてら話を伺うと、前日は慣れない方・初めての方が多く数が伸びなかったようだ。ちょっと北風が強いがツ抜けはなんとかなるかな・・・
(それが大変だってことに後で気づくんだが)

この日の席は右舷胴の間(右3人左5人)。左の艫寄りに前回隣り合わせたカップルさん。船内の皆さんの道具立てを見ると結構やり込んでいる道具立ての方ばかりだった。
20150505 (2)

道具立てとスターティングスッテは
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号 60号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。 

城ケ島西口側の60mラインで開始、近くには小網代船がやっていた。
仕掛けを入れるとムギイカが釣れるんだけれど あれ?なんかペースが上がらない。艫側の方はハイペースでムギイカばかりだけれど上げている。う~んツノの配色のせいかな?
どうにかマルイカとムギイカを2敗づつ上げるが触りが少ないなあ。しかも風強すぎ、竿先が震えまくってアタリ殆どわかんないや・・・久々に沖干ししちゃおう。よく乾くからw
20150505 (3)

8時半ごろかなり東寄りに移動。剣崎船もやっているがあたりを見回しても上げている人をほとんど見かけない。結構厳しいな。
このころから朝に比べて少し風が弱くなったので釣りやすくなったが、イカが小さい。クリオネサイズがツノにちょっかいを出してくるんだけれど、ガバッと抱いてくれないので掛けられないし、抱いた時のアタリが【違和感】なので、野生の感をフル稼働で捕っていく。
最高5連荘で 捕れたけど、とにかく厳しい。イカの反応はあるので流し換えも頻繁にしてくれるのだけれど、捕れない流しも多かった。

12時半ごろ着乗りでマルイカを捕って終了。
疲れた・・・orz
20150505 (4)

釣果はマルイカ19杯 ムギイカ3杯の22杯(ムギ2杯は沖干し。また船宿HPは表記間違い) 
船中釣果は5~22 

 船宿の寸評は

 久しぶりに北風強風でしたが、2隻とも出船できました。

【ヤリイカ船】

城ヶ島沖”カド”狙い。
辛抱&粘りの時合待ち作戦。

風が強く、波の高い悪条件。
底潮、上潮とも極緩く、予想以上の低調模様。

動いて攻める手立てもなく、ジッと我慢。
ようやく訪れた時合は11時半過ぎ。

上潮が速まるのを合図に、好反応が出現。
納竿まで反応は動きませんでしたが、高活性とはいかずポツリポツリの乗り。

二枚潮でオマツリあり、バラシも多かったのですが20杯以上が3名。
どうにかお土産だけは確保できました。

【マルイカ船】

反応は見えるようですが、ポツリポツリの乗り。
極端な乗り渋りでもなく、極端な高活性でもなくと、難易度は高そうです。

PE2号以下のライト仕様で、オモリは40~60号です。

この日もハダカ系が良かったけど、特定のツノに集中ってほどでもなかった。

採点は
準備:5 (忘れ物無し)
状況判断:2 (う~んなんか手だてがあると思うんだが・・・)
釣果:3 (晩のおかずには充分だ・・・けど)
釣全般:2 (攻め方のバリエーションがないと厳しいな)
料理:3 (沖干し旨いね)
総合:15/25 (イカはお化け・・・だからね)

5/3 マルイカ釣行 (光三丸)

世間じゃGWも終わりだね・・・あんま自分には関係ないけどw

ってなわけで今回は3日のマルイカ釣行になる。
当初は前回と同じ船にしようかと思ったけど、1日から光三丸さんがマルイカ始めたみたいなので行ってみた。
20150503 (1)

船宿につくと既に10番目。その後も3人来て左舷6人・右舷7人で大船長の船で出船することになった。
ヤリイカの方も安定釣果だからか同人数だった。マルイカ船結構人数がいるなあ・・・
今回の席は右舷艫3番・胴の間だね。右側の艫寄りにカップルさん(道具立てを見るメタリア82やAトリガーとベテランの方かな)、 左側のミヨシにはギフトセット1号竿(AGS)左隣の方はメタリアマルイカ+JOGリールとやり込み系の方が多い。う~んこりゃイカ止められるかもしれん・・・汗

道具立てには変更はなく
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号 60号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。
20150503 (2)

スターティングスッテはこんな感じ

20150503 (3)

城ケ島西口側の60m立ちでスタート。当日は西口~京急ホテル前の60m近辺のエリアでの釣りとなった。
開始早々にミヨシのAGS氏(この方はレッドチューンMも使っていたなあ)、右隣の方にマルイカ。出遅れ気味でポツポツ捕れる。

20150503 (4)

開始1時間でムギ込みで8敗とまあまあのペース。付近には佐島~剣崎船がいるが剣崎船の多くはかなり東側のエリアを攻めているみたいだった。
8時半ごろの流しだったかな、いい流しに手が合い、一流しで10杯ほど捕れた。この時は底から1m錘を切っても上3本に乗りが集中。 錘の位置を変えるとダメだったので、棚+ツノの組み合わせが良かったのかもしれないな。

20150503 (5)

12時ごろまで一流し1~6敗(殆どが1・2敗だったが)で捕れ、いい感じで桶が埋まっていく。でも以下のサイズがマイクロ中心なのでアタリが捕り難い。とはいえマイクロサイズでもいい感じで竿先を抑え込むときもあるので侮れない んだな。
20150503 (6)
結構捕れたなこれで・・・

攻められすぎてイカがスレているのか、着乗りが殆どない。イカのツノを見せる時間を長~く取るorタタキ~止めで反射的にイカにツノを抱かせる。のパターンを試しながら乗せていく。
ツノは前回同様ハダカ系がいいかな。布巻への乗りが悪かった。
その後は終了までポツポツ・・・。

20150503 (7)

20150503 (8)

釣果は マルイカ36杯・ムギイカ10杯の46杯 船中釣果は 8~46杯
前回釣行に比べるとイカが小さいな。
帰港後大船長とも話したのだけれど。イカは確実にいる。しかも反応山盛り・・・何かのきっかけで爆発するんだろうな・・・きっと。

船宿の寸評はこんな感じ

ヤリイカ乗合、マルイカ乗合、2種2隻出船できました。


【ヤリイカ船】

じっくり粘って堅調模様の城ヶ島沖を捨ててみました。
洲崎沖向け直行。

1隻のみで獲り放題?

到着間もなく巨大反応を捉え即乗り。

肉厚の大型ですが、1杯づつの地味乗り。
繰り返し流し変え、その度に数杯づつは拾っていけます。

盛り上がりはなく、もう一声欲しい感じでしたが、昨日と全く同じ釣果に纏まりました。
2番手31杯、スルメは船中で数杯のみです。

【マルイカ船】

こちらも堅調模様ですね。
反応はあちこちに見られ、連釣の勢いはないもののポツリポツリと拾えます。

今日はムギイカが少なく、マルイカも小型が多かったようです。
PE(道糸)2号以下のライト仕様で、オモリは40~60号です。

明日も2隻出船予定です。
 

採点は
準備:5 (忘れ物無し)
状況判断:4 (いいんじゃないかな・・・)
釣果:3 (近くで釣っていた船ではもう少しあげている船もあったみたいなので、もう少しは捕りたかった)
釣全般:5 (これだけお客さんが乗っていてオマツリ被害に殆ど合わなかったからね)
料理:5 (大量マルイカ入りピザ旨い!)
総合:22/25 (今年はイイかも・・・個人的には)
 

7月5日 朝だけ・・・のマルイカ釣り

まずは結果から
20140705 (8)

20140705 (9)

15敗
船中0~16だった。

20140705 (2)

朝は良かったんだよ朝は、
長井光三丸の大船頭船の左ミヨシ2番だった(右舷5 左舷6)

20140705 (1)

スタートスッテはこんな感じ

道具立ては前回釣行と同じ
20140705 (3)

20140705 (4)

一流しに3回捕れたりとナカナカの出だしで
20140705 (6)
ツ抜けは8時半
9時には15敗 
20140705 (7)

30イケるか?って思ったところで・・・だった。
この後沖上がりまでスッテ何本取り替えたんだか数えるのも嫌になったりした。

船中同じような状況で終了。
またもか・・・○| ̄|_

あまりにひどかったんで採点はなし

ウマシカはそれでもまたマルイカ釣りに行くだろうなw   

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ