気ままなおさかな釣り日記

アラフォーへっぽこのつり日記(ぽつぽつ更新)です。 最近は沖釣りばかり行ってます。 最近DIY日記も始めました。

長井

5/3 マルイカ釣行 (光三丸)

世間じゃGWも終わりだね・・・あんま自分には関係ないけどw

ってなわけで今回は3日のマルイカ釣行になる。
当初は前回と同じ船にしようかと思ったけど、1日から光三丸さんがマルイカ始めたみたいなので行ってみた。
20150503 (1)

船宿につくと既に10番目。その後も3人来て左舷6人・右舷7人で大船長の船で出船することになった。
ヤリイカの方も安定釣果だからか同人数だった。マルイカ船結構人数がいるなあ・・・
今回の席は右舷艫3番・胴の間だね。右側の艫寄りにカップルさん(道具立てを見るメタリア82やAトリガーとベテランの方かな)、 左側のミヨシにはギフトセット1号竿(AGS)左隣の方はメタリアマルイカ+JOGリールとやり込み系の方が多い。う~んこりゃイカ止められるかもしれん・・・汗

道具立てには変更はなく
竿:極鋭マルイカ AGS-F
リール:ベイゲーム300HG
道糸:PE0.8号 先糸4号2ヒロ 接続はFGノット
錘:50号 60号
仕掛:幹糸4号 ハードビーズ仕様の直結⇔直ブラ仕掛け
    ウキスッテ 5センチ6本
    幹糸間隔は1m 
仕掛けは全直結モードで通した。
20150503 (2)

スターティングスッテはこんな感じ

20150503 (3)

城ケ島西口側の60m立ちでスタート。当日は西口~京急ホテル前の60m近辺のエリアでの釣りとなった。
開始早々にミヨシのAGS氏(この方はレッドチューンMも使っていたなあ)、右隣の方にマルイカ。出遅れ気味でポツポツ捕れる。

20150503 (4)

開始1時間でムギ込みで8敗とまあまあのペース。付近には佐島~剣崎船がいるが剣崎船の多くはかなり東側のエリアを攻めているみたいだった。
8時半ごろの流しだったかな、いい流しに手が合い、一流しで10杯ほど捕れた。この時は底から1m錘を切っても上3本に乗りが集中。 錘の位置を変えるとダメだったので、棚+ツノの組み合わせが良かったのかもしれないな。

20150503 (5)

12時ごろまで一流し1~6敗(殆どが1・2敗だったが)で捕れ、いい感じで桶が埋まっていく。でも以下のサイズがマイクロ中心なのでアタリが捕り難い。とはいえマイクロサイズでもいい感じで竿先を抑え込むときもあるので侮れない んだな。
20150503 (6)
結構捕れたなこれで・・・

攻められすぎてイカがスレているのか、着乗りが殆どない。イカのツノを見せる時間を長~く取るorタタキ~止めで反射的にイカにツノを抱かせる。のパターンを試しながら乗せていく。
ツノは前回同様ハダカ系がいいかな。布巻への乗りが悪かった。
その後は終了までポツポツ・・・。

20150503 (7)

20150503 (8)

釣果は マルイカ36杯・ムギイカ10杯の46杯 船中釣果は 8~46杯
前回釣行に比べるとイカが小さいな。
帰港後大船長とも話したのだけれど。イカは確実にいる。しかも反応山盛り・・・何かのきっかけで爆発するんだろうな・・・きっと。

船宿の寸評はこんな感じ

ヤリイカ乗合、マルイカ乗合、2種2隻出船できました。


【ヤリイカ船】

じっくり粘って堅調模様の城ヶ島沖を捨ててみました。
洲崎沖向け直行。

1隻のみで獲り放題?

到着間もなく巨大反応を捉え即乗り。

肉厚の大型ですが、1杯づつの地味乗り。
繰り返し流し変え、その度に数杯づつは拾っていけます。

盛り上がりはなく、もう一声欲しい感じでしたが、昨日と全く同じ釣果に纏まりました。
2番手31杯、スルメは船中で数杯のみです。

【マルイカ船】

こちらも堅調模様ですね。
反応はあちこちに見られ、連釣の勢いはないもののポツリポツリと拾えます。

今日はムギイカが少なく、マルイカも小型が多かったようです。
PE(道糸)2号以下のライト仕様で、オモリは40~60号です。

明日も2隻出船予定です。
 

採点は
準備:5 (忘れ物無し)
状況判断:4 (いいんじゃないかな・・・)
釣果:3 (近くで釣っていた船ではもう少しあげている船もあったみたいなので、もう少しは捕りたかった)
釣全般:5 (これだけお客さんが乗っていてオマツリ被害に殆ど合わなかったからね)
料理:5 (大量マルイカ入りピザ旨い!)
総合:22/25 (今年はイイかも・・・個人的には)
 

6月22日 イカ事態に嫌われている気が・・・

記事書くのをサボってた間の第3弾

またまたスルメ釣行。船宿も光三丸。
久々のTとの釣行だった。席も前回と同じ左ミヨシ2番。

20140622 (1)

タックルは前回と同じく
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘30号(直結) 下錘は120号。予備150号。
仕掛:18センチ13本 直結式(幹糸14号)

20140622 (2)

この日も前回釣行と同じく落とし込みで掛けないと・・・ってな日だった。直結仕掛けで始めた人も早々にブランコ仕掛けに変えて落とし込みで乗せていく。私・・・ブランコ仕掛け持ってません 笑

Tも直結仕掛けだったけど。まあよく乗せる。しかも多点掛け(と言ってもせいぜい2・3杯掛けなんだけどね)が多い。

20140622 (3)

1日を通してブランコ落とし込み絶対有利だった。だって落とし込みで触っているのに引っ掛からないんだもん 
マジでイカに嫌われているっぽいなあ。
ツノはピッカピカ針でみんなと同じなんだけどなあ・・・

途中奇跡を起こすぜ!ってことでミラクル針に変えたけど全然ダメ。

・・・orz
20140622 (4)

20140622 (5)

で結果はスルメイカ26敗・・・頭の半分は釣れたけど久々にTにやっつけられた。

なんかおかしい。イカ釣りってこんな厳しかったっけ?

さてこの日の採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:1 (何がなんだかなあ・・・)
釣果:2 (おかずは釣れた)
釣全般:1 (落とし込みで掛けてからの追い乗りテクまだまだだな)
料理:3 (ニセイカ級が多かった。まだアニキはいないみたいだな)
総合:12/25 (イカ全体に嫌われている気が・・・)

まだ釣行記事はもう一回分あるんだな
どんだけサボってたんだか 爆 

6月16日 スルメ釣行・・・落とし込みに賭けろ!

記事サボってた間の第2弾

マルイカに弄ばれ傷心を癒そうとイカ繋がりでスルメイカ釣行。本音はマルイカより釣れそうな気がしたからってのはバレバレだが 爆

剣崎のお船はマルイカ一色。う~んどうすっぺかな・・・
長井の船にしよう。看板の沖イカ行ってなかったんだっけw

20140616 (1)

で朝4時50分に出発。のんびり走って光三丸には5時20分ごろ到着。2隻出しだった。席を選べる立場じゃないので、おかみさんに「どこでもいいから乗っけて ^^;」で3号船の左ミヨシ2番に乗っかった。

当日のタックル
竿:海人イカシャクリ 150-150
リール:レオブリッツ500メガツイン
道糸:PE5号
錘:中錘30号 下錘は120号。予備で150号。
仕掛:18センチ13本 直結式(幹糸14号)

スルメイカ釣りの時はブランコ仕掛け持っていきません。っていうか仕掛け作ってもいませんw

この日の釣り場は城ケ島沖100m前後だった。
目潰しじゃない方のサミングで仕掛けを降ろしていくと・・・触る触る。これは底からシャクリ上げでズラズラズラ~てな感じか イヒヒヒ・・・
 と底まで落としてシャクリ上げると    シ~ン Oh No~
どうやらイカの足が速いのと違って下からのシャクリ上げに反応しないみたいだ。

20140616 (2)

で次の流しからは落とし込みに全集中。するとガシッ!
お祈りもとい追い乗りはあんましないけれども、一流しで3回程度は仕掛けを入れられる。

20140616 (3)

9時ごろの時点で30杯。全部開いた所からはとにかく触らない。
船もぐるぐる。で少し上積みして終了。

20140616 (4)

この日の釣果はスルメイカ40敗
当船の頭の8割釣れたからヨシ!
別船は達人が90以上捕ってたけどね・・・

さて採点はというと
準備:5 (特に忘れ物無し)
状況判断:4 (落とし込みで捕れたのはOK)
釣果:4 (もう少し上積みしたかったな)
釣全般:3 (取り込み落としだめだね)
料理:3 (沖干しの安定度 笑)
総合:19/25 (久々の120号は重かった・・・)

次回釣行に続く

10月14日 噂の長井からのカワハギ釣行(本編)

前記事はグダグダだったので、ここからが本番w

14日の席は左ミヨシ2番。ミヨシの方は前日ソノマさんとは別船で竿頭だった方。右舷が4名・左舷が5名の9名で出船となった。
前回までの釣行の反省を踏まえ、この日のタックルはこんな感じ

20131014-02
竿・リール:極鋭カワハギ1342 + スマックRT100HR
      極鋭カワハギ1454Air + スマックRT100R
道糸:PE0.8号+先糸フロロ4号(100HR) 先糸との接続はFGノット
    PE1号(100R)

集器(中錘):ガン玉1~1.5号を仕掛けに装着 秘密の集器パート2(改良型)も装着

仕掛け 幹糸:3号 錘25号 
幹糸間隔は上から40センチ・12センチ・10センチ・7センチ(いつも通り)

ハリス・針:2.5号・がまかつ競技カワハギ 速攻4~4.5号
       2.5号・がまかつ競技カワハギ くわせ4.5~5号
       2号・ダイワスピード(ノンコーティング)7.5号
       1.7号・ササメアスリートカワハギスイフト7号

竿セット時尻手ロープの金具が壊れた。不吉な予感が・・・
浅場メインなのは事前に分かっていたが、基本的には1454Airを使い、感覚を取り戻すつもりで釣りに臨んだ。(実際1342は1流しぐらいしか使用せず)
スタート時鈎は、上からくわせ5号×2 速攻4.5号の組み合わせでやってみた。

港前の浅場(航程5分程10~15mダチ)で開始。早々にワッペンが揚がる。魚のやる気はマンマンのようで、サミングしながら仕掛けを降ろすと、着底3mぐらい前から仕掛けに絡んでくるような感じだった。
チョイテンで魚と手を合わせようとするも、上手くいかない。着底後10秒エサが持たない状況だ。ミヨシの方はカックラ系の釣りを展開し連荘していく。
ミヨシの方についていけないや(><)
う~んチョットやられまくりだな。揚がってくるワッペンのサイズが10~12センチ、おそらくそれより更に小型がチョッカイ出しているみたいだな。で、ハリをいろいろ変えていく。最終的には上からくわせ4.5号 速攻4号×2になった。

20131014-03

8時半ごろツ抜け
う~ん個人的には【竿と会話できていない】って表現される、竿からの情報を自分が処理できていない状況だ。
これは【魚と対話する】以前の問題だな。

20131014-04

10時過ぎに成人式

20131014-05
船中釣れ方が少し落ち着いてきた。と言っても、鈎がツルテンにされるのは普通、ガチガチの塩アサリでも長く持たないので、前日剥いたアサリに大量に塩をまぶし締め始めた。

20131014-06

11時半ごろ三十路に
個人的にはペースが安定しているが未だ【竿と会話できていない】状態は改善されていない。それほどキツイと思わなかったが根が有り、艫側の方は何度も根掛りで仕掛けを交換していた。

20131014-07

12時40分に四十路になんとか

僚船が台風退避で南へ走って行く。明日は長井全船休船に決めたみたいだ。
その後2枚追加したところで早揚がりのアナウンスが出た。

20131014-08
本日の釣果は42枚、ワッペンが9割を占めていたので4枚だけ持ち帰った。船中釣果は13~75 頭は隣のミヨシの方だった。エサの消費も激しく、塩漬けアサリは全部使用、剥いて持ち込んだアサリも2/3ほど使用した。

しっかし全然竿と会話できていないなあ。竿からは『チリチリ』『カリカリ』ってキチンと情報が出ているのに自分の問題だな。まだまだ感覚がズレているという事か。

しかし噂にたがわぬすごい海だったな。コレは面白い。船長さんも研究熱心なのでまた来てみよう。一つ残念なのは殻付アサリが無い事と、下道で帰る時佐島からの2倍の時間が掛る(距離は2倍には届かないのに)のがざんねんだ・・・ん!2つ残念だったか(笑)

因みに船宿寸評はこんな感じ
【本日の状況】

昨日の砂ぼこりのような潮カスはなく、朝一から食い活発。
船首側に上級者が並び、4名のうちの何方がカワハギを抜き上げているような状態。
操舵室から見ていると、まるでカツオの一本釣りのような光景でした。

前半はツボにはまるとそんな状況でしたが、徐々に失速。
ペースは落ちましたが、納竿まで型を見られていました。

船中9名、75、62、59、42、25、25、23、15、13枚。
ワッペンサイズ半数前後、キープとの境目2割に中、良型が3割という感じでした。

台風避難の為、30分だけ早上がりさせて頂きました。

避難港の油壺湾はギュウギュウ詰め、良い位置を取れなかったので少し心配ですね。

台風通過まで休船とさせて頂きます。



この日の採点は
準備:5 (忘れ物なし)
状況判断:1 (間違ってはいないと思うけど)
釣果:2 (この状況下ではもう少し数が欲しいな)
釣全般:1 (チョット重症だなこりゃ)
料理:2 (フライは旨かった)
総合:11/25 (ウムム・・・要リハビリ)

さて今週はDKOセミファイナル・G社の大会が連続してますな。両日参加の方も、片方だけの参加の方も楽しんできてほしいですなあ。佐島代表の御三方には是非とも好成績であることを願います。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ